Varialepididae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*硬骨部分より軟骨部分が多い(硬骨から軟骨質化)【軟質区】。
*ガノイン鱗【軟質区】。
*眼球後方に吸水孔【軟質区】。
*腸に螺旋弁【軟質区】。
*軟骨魚類のような歪尾を持つ【軟質区】。
*デボン紀〜白亜紀【パラエオニスクム目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、群泳【パラエオニスクム目】。
*小型魚・中型魚中心【パラエオニスクム目】。
*鰾は消化管と連結【パラエオニスクム目】。
*頭部は骨質板で覆われる【パラエオニスクム目】。
*菱形のガノイン鱗で武装(例外有り)【パラエオニスクム目】。
*背鰭は1基【パラエオニスクム目】。
*尾鰭の上葉と下葉はほぼ同大(例外あり)【パラエオニスクム目】。



Family VARIALEPIDIDAE MINIKH 1990 ウァリアレピス科
Varialepidids (ウァリアレピス科魚種)


Genus Aestuarichthys GARDINER 1969 アエストゥアリクティス属 (絶滅)

◆アエストゥアリクティス・フルクラトゥス (絶滅)
 Aestuarichthys fulcratus Gardiner 1969
 *1969『New Palaeoniscoid Fish from the Witteberg Series of South Africa:Brian George Gardiner』。



Genus Varialepis MINIKH 1986 ウァリアレピス属 (絶滅)

◆ウァリアレピス・ベルギ (絶滅)
 Varialepis bergi Minikh 1986
 *1990『Новый род палеонисков из поздней перми Южного Приуралья. Саратов:Алла Васильевна Миних』。
 文献未確認。

◆ウァリアレピス・オリス (絶滅)
 Varialepis oris Yankevich 1996
 *1996『Новые рыбы из уфимских отложений Пермского Прикамья. Саратов:Дмитрий Иванович Янкевич』。
 文献未確認。

◆ウァリアレピス・スタニスラウィ (絶滅)
 Varialepis stanislavi Minikh ex Shishkin & Tverdokhlebov 2009
 *2009『НОВЫЕ ЛУЧЕПЕРЫЕ РЫБЫ [Actinopterygii] ИЗ ВЕРХНЕПЕРМСКИХ ОТЛОЖЕНИЙ ВОСТОЧНОЙ ЕВРОПЫ in Исследования по палеонтологии и биостратиграфии древних континентальных отложений, Памяти профессора Виталия Георгиевича Очев:М.А.Шишкина & В.П.Твердохлебова』。

◆ウァリアレピス・ウィタリイ (絶滅)
 Varialepis vitalii Minikh ex Shishkin & Tverdokhlebov 2009
 *2009『НОВЫЕ ЛУЧЕПЕРЫЕ РЫБЫ [Actinopterygii] ИЗ ВЕРХНЕПЕРМСКИХ ОТЛОЖЕНИЙ ВОСТОЧНОЙ ЕВРОПЫ in Исследования по палеонтологии и биостратиграфии древних континентальных отложений, Памяти профессора Виталия Георгиевича Очев:М.А.Шишкина & В.П.Твердохлебова』。

inserted by FC2 system