Trucherognathidae、おさかなマガジン 分類トップ

*カンブリア紀〜現代【無顎上綱】。
*軟骨【無顎上綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、底棲【無顎上綱】。
*鱗を欠く【無顎上綱】。
*鰾を欠く【無顎上綱】。
*耳石を欠く【無顎上綱】。
*対鰭を欠く(例外あり)【無顎上綱】。
*成魚は側線を欠く【無顎上綱】。
*外鼻孔は正中線上に1個【無顎上綱】。
*舌に角質歯【無顎上綱】。
*嚢状鰓(鰓嚢)は体表に開口【無顎上綱】。
*消化管は直走【無顎上綱】。
*卵生・体外受精【無顎上綱】。
*カンブリア紀〜三畳紀〜ジュラ紀【錐歯綱】。
 =示準化石。【錐歯綱】。
*現世のヌタとヤツメの中間に位置する存在【錐歯綱】。
*世界中【錐歯綱】。
*海水棲、底棲【錐歯綱】。
*体高低く円筒形の鰻様【錐歯綱】。
*1対の大きな眼球【錐歯綱】。
*鰓孔【錐歯綱】。
*微細な歯状突起を有する【錐歯綱】。
*歯状突起はリン酸カルシウムで形成【錐歯綱】。
 ≠スコレコドント Scolecodonts [Annelida]。キチン質。
*単歯状(真性コノドント)・複歯状(ズラリ)・板状(顎状)など様々【錐歯綱】。
*体節+【錐歯綱】。
*眼球は大きく前方に突出【錐歯綱】。
*口は下方に開く【錐歯綱】。
*歯は丸い口にヤツメウナギのように備わる【錐歯綱】。
*非対鰭は連続性、鰭条に支持される【錐歯綱】。
*幼生はオタマジャクシのよう【錐歯綱】。
*オルドビス紀(中期+後期)【トゥルケログナトゥス科】。



Family TRUCHEROGNATHIDAE BRANSON & MEHL 1944 トゥルケログナトゥス科
Conodonts (コノドント類)
Trucherognathids (トゥルケログナトゥス科魚種)


Genus Trucherognathus BRANSON & MEHL 1933 トゥルケログナトゥス属 (絶滅)
   ※オルドビス紀中期。
 Trucherognathus alternus Moskalenko 1970 (絶滅)
   ※『Конодонты криволуцкого яруса (средниЙ ордовик) Сибирской платформы:Т.А.МОСКАЛЕНКО (1970)』。
 Trucherognathus distortus Branson & Mehl 1933 (絶滅)
 Trucherognathus irregularis Branson & Mehl 1933 (絶滅)
 Trucherognathus wudangensis Zhou & Zhai 1983 (絶滅)
   ※『地質鉱産部成都地質鉱産研究所編西南地区古生物図冊微体古生物分冊内(志留紀牙形石):周希雲/翟志強 (1983)』。
inserted by FC2 system