Spaniodontidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*ジュラ紀から現代【原棘鰭上目】。
*淡水から海水域【原棘鰭上目】。
*体高低く紡錘形〜棍棒状【原棘鰭上目】。
*顎に歯を備え(例外あり)、強い捕食性を有する傾向【原棘鰭上目】。
*上顎は不動(伸出不可)、口は大きく開く【原棘鰭上目】。
*舌歯を持つ【原棘鰭上目】。
*喉板を欠く【原棘鰭上目】。
*脊椎骨24以上【原棘鰭上目】。
*眼下蝶形骨の存在【原棘鰭上目】。
*中烏口骨の存在(例外あり)【原棘鰭上目】。
*背鰭は1基【原棘鰭上目】。
*腹鰭は体の後方に位置【原棘鰭上目】。
*腹部に稜鱗は存在しない(例外あり)【原棘鰭上目】。
*北半球、新旧大陸、各地に移入され問題化【サケ目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、回遊性、冷水性【サケ目】。
*染色体4組【サケ目】。
*脊椎骨数50〜75【サケ目】。
*鰓条骨数7〜20【サケ目】。
*鰓膜が発達、峡部融合なし【サケ目】。
*円鱗【サケ目】。
*幽門垂11〜210【サケ目】。
*卵生、卵を守らない(産卵後死亡の傾向)【サケ目】。
*卵は大粒の非粘着性卵、通常産卵床に産み付け【サケ目】。



Family SPANIODONTIDAE JORDAN 1905 スパニオドン科
Spaniodontids (スパニオドン科魚種)

Genus Spaniodon PICTET 1850 スパニオドン属 (絶滅)
   ※+Genus Lewisia DAVIS 1887 (Type species : Lewissia ovalis Davis 1887)。
   ※≠Genus Lewisia PURSH 1813 [Plantae]。
   ※+Genus Lewissia TAVERNE & FILLEUL 2003。スペルミス。
 Spaniodon elongatus Pictet 1850 (絶滅)
 Spaniodon latus (Agassiz 1844) (絶滅)
   syn.Clupea lata Agassiz 1844 non Richardson & Gray 1843
     Lewisia ovalis Davis 1887
     Spaniodon brevis Pictet & Humbert 1866
     Spaniodon blondelli Pictet 1850
       ※模式種、但し先に記載された Clupea lata Agassiz 1844 に統合。
     Spaniodon electus Davis 1887
 Spaniodon simus Cope 1878 (絶滅)

inserted by FC2 system