Salangidae、おさかなマガジン 分類トップ


*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*ジュラ紀から現代【原棘鰭上目】。
*淡水から海水域【原棘鰭上目】。
*体高低く紡錘形〜棍棒状【原棘鰭上目】。
*顎に歯を備え(例外あり)、強い捕食性を有する傾向【原棘鰭上目】。
*上顎は不動(伸出不可)、口は大きく開く【原棘鰭上目】。
*舌歯を持つ【原棘鰭上目】。
*喉板を欠く【原棘鰭上目】。
*脊椎骨24以上【原棘鰭上目】。
*眼下蝶形骨の存在【原棘鰭上目】。
*中烏口骨の存在(例外あり)【原棘鰭上目】。
*背鰭は1基【原棘鰭上目】。
*腹鰭は体の後方に位置【原棘鰭上目】。
*腹部に稜鱗は存在しない(例外あり)【原棘鰭上目】。
*世界中【キュウリウオ目】。
*淡水〜汽水〜海水域、深海【キュウリウオ目】。
*円鱗【キュウリウオ目】。
*上顎の歯を欠く【キュウリウオ目】。
*眼窩蝶形骨を欠く【キュウリウオ目】。
*背鰭は1基【キュウリウオ目】。
*脂鰭がある(例外あり)【キュウリウオ目】。
*卵生、淡水〜汽水〜海水域【キュウリウオ目】。
*世界中【キュウリウオ亜目】。
*淡水・汽水域を中心に分布【キュウリウオ亜目】。
*胡瓜臭を発する(例外あり)【キュウリウオ亜目】。
*追星の発生【キュウリウオ上科】。
*粘着卵【キュウリウオ上科】。
*旧大陸、北半球、東部アジア【シラウオ科】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遡河性【シラウオ科】。
*体は細長く透明・半透明【シラウオ科】。
*頭部は超扁平、吻端は尖る【シラウオ科】。
*上顎に歯がズラリ【シラウオ科】。
*鰓条骨数3〜4【シラウオ科】。
*無鱗、オス個体のみ臀鰭基部に1鱗列を持つ【シラウオ科】。
*背鰭は体の後方に位置(プロトサランクス属を除く)【シラウオ科】。
*脂鰭は小さい【シラウオ科】。
*腹鰭鰭条数6〜8【シラウオ科】。
*尾鰭は2叉【シラウオ科】。
*卵生、卵は守らない【シラウオ科】。
*産卵は淡水域、海水域で産卵する魚種が存在する可能性あり【シラウオ科】。
*幼形成熟の一群【シラウオ科】。



Family SALANGIDAE BLEEKER 1859 シラウオ科
Ice-Fishes (シラウオ類)
Noodle-Fishes (シラウオ類)
Salangids (シラウオ科魚種)


Genus Hemisalanx REGAN 1908 ヘミサランクス属
 Hemisalanx brachyrostralis Regan 1908 "長江シラウオ"。
   syn.Salanx brachyrostralis (Regan 1908)
   ※淡水棲。
 Hemisalanx prognathus Regan 1908
   syn.Metasalanx coreanus Wakiya & Takahashi 1937
     Salanx coreanus (Wakiya & Takahashi 1937)
     Salanx prognathus (Regan 1908) ※フィッシュベースの有効名。
   ※"タイリクシラウオ"・"マルシラウオ"。
   ※淡水〜汽水〜海水域。
Genus Microsalanx ZHANG, LI, XU, TAKITA & WEI 2007 ミクロサランクス属
   ※記述なし。
 'Neosalanx sp. Zhang, Li, Xu, Takita & Wei 2007'
Genus Neosalangichthys FU, LI, XIA & LEI 2012 イシカワシラウオ属
 Neosalangichthys ishikawae (Wakiya & Takahasi 1913) イシカワシラウオ
   syn.Salangichthys ishikawae Wakiya & Takahasi 1913
   ※淡水〜汽水〜海水域。
   ※絶滅危惧II類VU(静岡)。東京では絶滅回避。
Genus Neosalanx WAKIYA & TAKAHASHI 1937 アリアケヒメシラウオ属
   ※← [Sub-Family Neosalanginae ZHANG & QIAO 1994]。
 Neosalanx anderssoni "アンダーソンシラウオ"。
   syn.Protosalanx anderssoni
   ※淡水〜汽水〜海水域。
 Neosalanx argenteus "大陸ギンシラウオ"。
   syn.Salanx argenteus
   ※淡水棲。IUCN Data Deficient ver.3.1
 Neosalanx brevirostris "ツマリシラウオ(黄海域)"。
   syn.Protosalanx brevirostris
   ※淡水〜汽水〜海水域。
 Neosalanx hubbsi "ハッブズシラウオ"。
   ※淡水棲。
 Neosalanx jordani Wakiya & Takahashi 1937 "ジョルダンシラウオ"。
   ※淡水〜汽水〜海水域。
 Neosalanx oligodontis "ハナシシラウオ"。
   ※淡水棲。
 Neosalanx pseudotaihuensis "太湖シラウオモドキ"。
   ※淡水棲。
 Neosalanx reganius アリアケヒメシラウオ
   syn.Neosalanx regani
   ※15cmに達する。淡水〜汽水〜海水域。絶滅危惧IA類(福岡)・絶滅危惧I類CR+EN(熊本)。
   ※IUCN Vulnerable  A1ace, D2  ver.2.3環絶滅危惧IA類(CR)
 Neosalanx taihuensis "太湖シラウオ"。
   syn.Neosalanx tangkahkeii taihuensis
   ※淡水棲。
 Neosalanx tangkahkeii "陈シラウオ"。
   syn.Protosalanx tangkahkeii
   ※淡水〜汽水域。
Genus Protosalanx REGAN 1908 プロトサランクス属
   ※+Genus Eperlanus BASILEWSKY 1855 (Type species : Eperlanus chinensis Basilewsky 1855)。
   ※≠Genus Eperlanus GAIMARD 1851 [Osmeridae]。
   ※≠Genus Eperlanus RUTTY 1772 [Osmeridae]。
   ※+Genus Paraprotosalanx FANG 1934 non RENDAHL 1923 (Type species : Paraprotosalanx andersoni Fang 1934)。
   ※← [Sub-Family Protosalanginae WAKIYA & TAKAHASI 1937]。
   ※背鰭が体の中央付近に位置。
 Protosalanx andersoni (Fang 1934) ※位置不明種。
   syn.Paraprotosalanx andersoni Fang 1934 non Rendahl 1923
 Protosalanx chinensis (Basilewsky 1855) "中国シラウオA"。
   syn.Eperlanus chinensis Basilewsky 1855
   ※淡水棲。
 Protosalanx hyalocranius (Abbott 1901) オオシラウオ
   syn.Salangichthys hyalocranius (Abbott 1901)
     Salanx hyalocranius Abbott 1901
   ※淡水〜汽水〜海水域。
Genus Salangichthys BLEEKER 1860 シラウオ属
   ※+Genus Paraprotosalanx RENDAHL 1923 non FANG 1934 (Type species : Paraprotosalanx andersoni Rendahl 1923)。
   ※← [Sub-Family Salangichthyinae ROBERTS 1984]。
 Salangichthys andersoni (Rendahl 1923) ※位置不明種。
   syn.Neosalanx andersoni (Rendahl 1923)
     Paraprotosalanx andersoni Rendahl 1923 non Fang 1934
 Salangichthys microdon (Bleeker 1860) シラウオ
   syn.Salanx microdon Bleeker 1860
   ※淡水〜汽水〜海水域。
   ※横川吸虫 Metagonimus yokogawai の寄生(中間宿主)。
   ※希少R(北海道)・DD(山形)・希少(福島)・絶滅危惧IB類(埼玉)・要保護生物C(千葉)。
   ※絶滅危惧II類(岐阜)・絶滅危惧I類(石川)・絶滅危惧(京都)・情報不足(大阪)。
   ※情報不足(山口)・絶滅危惧II類(岡山)・絶滅危II類(徳島)・絶滅危惧II類VU(熊本)。
Genus Salanx CUVIER 1816 アリアケシラウオ属
   ※≠Genus Albula BLOCH & SCHNEIDER 1801 [Albulidae]。
   ※≠Genus Albula CATESBY 1771 [Mugilidae]。
   ※≠Genus Albula GRONOW 1763 ex SCOPOLI 1777 [Albulidae]。
   ※+Genus Albula OSBECK 1765 (Type species : Albula chinensis Osbeck 1765)。
   ※=Genus Leucosoma GRAY 1831。
   ※+Genus Metasalanx WAKIYA & TAKAHASHI 1937 (Type species : Metasalanx coreanus Wakiya & Takahashi 1937)。
   ※+Genus Parasalanx REGAN 1908 (Type species : Parasalanx gracillimus Regan 1908)。
   ※+Genus Reganisalanx FANG 1934 (Type species : Reganisalanx normani Fang 1934)。
   ※=Genus Salanx CUVIER 1816 Sub-Genus Leucosoma (GRAY 1831) ROBERTS 1984。
   ※← [les Salanx CUVIER 1816]。但しCuvierは属のみ・種小名を設定していない。
   ※← [Salangini BLEEKER 1859]。
   ※← [Sub-Family Hemisalanginae WAKIYA & TAKAHASI 1937]。
 Salanx ariakensis Kishinouye 1902 アリアケシラウオ
   syn.Parasalanx annitae van Dam 1926
     Parasalanx longianalis Regan 1908
     Reganisalanx normani Fang 1934
     Salanx acuticeps Regan 1908
     Salanx annitae (van Dam 1926)
     Salanx longianalis (Regan 1908)
     Salanx normani (Fang 1934)
   ※淡水〜汽水〜海水域。環絶滅危惧IA類(CR)
   ※絶滅危惧IA類(福岡)・絶滅危惧I類CR+EN(熊本)。
 Salanx chinensis (Osbeck 1765) "中国シラウオB"。
   syn.Albula chinensis Osbeck 1765
     Leucosoma chinense (Osbeck 1765)
     Protosalanx chinensis (Osbeck 1765)
   ※淡水〜汽水〜海水域。
 Salanx cuvieri
   syn.Parasalanx angusticeps
     Salanx angusticeps
   ※"キュヴィエシラウオ"・"ヌードルフィッシュ"。
   ※淡水〜汽水〜海水域。
 Salanx gracillimus (Regan 1908)
   syn.Parasalanx gracillimus Regan 1908
 Salanx reevesii (Gray 1831) "リーヴスシラウオ"。
   syn.Leucosoma reevesii Gray 1831 ※フィッシュベースの有効名。
   ※淡水棲。IUCN Data Deficient ver.3.1


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
(6〜)22〜24(〜30)℃
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○

inserted by FC2 system