Pristiophoridae、おさかなマガジン 分類トップ

ノコギリザメ
*世界中【軟骨魚綱】。
*シルル紀〜現代【軟骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、底棲【軟骨魚綱】。
*軟骨、楯鱗【軟骨魚綱】。
*硬骨組織を持たない【軟骨魚綱】。
*鰾を欠く(浮力は肝臓の肝油で調整)【軟骨魚綱】。
*耳石を欠く(平衡砂は存在)【軟骨魚綱】。
*対鼻孔を有する【軟骨魚綱】。
*対鰭を有する【軟骨魚綱】。
*尾鰭は歪尾(上葉に脊柱が進入)【軟骨魚綱】。
*尾鰭上葉は下葉より伸長(例外あり)【軟骨魚綱】。
*ローレンチニ氏管・螺旋弁がある【軟骨魚綱】。
*オス個体の腹鰭部には交接器(クラスパー)が1対ある(例外あり)【軟骨魚綱】。
*卵生、卵胎生、胎生、体内受精【軟骨魚綱】。
*多くが遊泳性に乏しく、底を這う(以前はエイも所属、鰓孔の位置で分離)【ツノザメ上目】。
*世界中【ツノザメ上目】。
*淡水棲、海水棲、底棲、砂潜り、深海棲【ツノザメ上目】。
*発光器を持つ魚種あり【ツノザメ上目】。
*瞬膜を欠く【ツノザメ上目】。
*鰓孔は5〜7、上方から目視可能【ツノザメ上目】。
*噴水孔が発達【ツノザメ上目】。
*背鰭は1〜2基、強い棘条が備わる(例外あり)【ツノザメ上目】。
*海水棲、底棲【ノコギリザメ目】。
*吻端は扁平・前方に伸張、両側に鋸刃状の棘が整然と並ぶ【ノコギリザメ目】。
*一対のヒゲ【ノコギリザメ目】。
*背鰭は2基、第1背鰭基底は胸鰭と腹鰭の間。臀鰭を欠く【ノコギリザメ目】。
*卵胎生【ノコギリザメ目】。



Family PRISTIOPHORIDAE BLEEKER 1859 ノコギリザメ科
Pristiophorids (ノコギリザメ科)
Saw-Sharks (ノコギリザメ類)


Genus Pliotrema REGAN 1906 プリオトレマ属
   ※← [Family Pliotremidae JORDAN 1923]。
   ※鰓孔6。
 Pliotrema warreni Regan 1906 "ムツエラノコギリザメ"。
   ※IUCN Near Threatened ver.3.1
Genus Pristiophorus MÜLLER & HENLE 1837 ノコギリザメ属
   ※← [Sub-Order Pristiophoroidei BLEEKER 1859]。
   ※鰓孔5。
 Pristiophorus cirratus (Latham 1794) ミナミノコギリザメ
   syn.Pristiophorus peroniensis 2006 ※IUCN のリスト。
     Pristis cirratus Latham 1794
     Squalus anisodon Lacépède 1802
     Squalus tentaculatus Shaw 1804
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Pristiophorus delicatus "ネッタイノコギリザメ"。
   syn.Pristiophorus peroniensis
   ※IUCN Near Threatened ver.3.1
ノコギリザメ    ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Pristiophorus japonicus ノコギリザメ
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
   ※情報不足(2017年版)
 Pristiophorus lacipidinensis Adnet 2006 (絶滅)
 Pristiophorus laevis Mörs, Reguero & Kriwet 2016 (絶滅)
 Pristiophorus lanae Ebert & Wilms 2013
 Pristiophorus lanceolatus Davis 1888 (絶滅)
 Pristiophorus lineatus Applegate & Uyeno 1968 (絶滅)
 Pristiophorus nancyae "アフリカ小型ノコギリザメ"。
 Pristiophorus nudipinnis "コノコギリザメ"。
   syn.Pristiophorus owenii
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Pristiophorus rupeliensis Steurbaut & Herman 1978 (絶滅)
 Pristiophorus schroederi ニシノコギリザメ
   ※深海棲(400〜1000m)。IUCN Data Deficient ver.3.1
 Pristiophorus striatus Underwood & Schlogl 2011 (絶滅)


観賞目的の流通
定番 あり  
商業的養殖
 ×
水槽内繁殖
容易 普通 難(記録あり) 不可・不明
水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○
inserted by FC2 system