Plecoglossidae、おさかなマガジン 分類トップ


*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*ジュラ紀から現代【原棘鰭上目】。
*淡水から海水域【原棘鰭上目】。
*体高低く紡錘形〜棍棒状【原棘鰭上目】。
*顎に歯を備え(例外あり)、強い捕食性を有する傾向【原棘鰭上目】。
*上顎は不動(伸出不可)、口は大きく開く【原棘鰭上目】。
*舌歯を持つ【原棘鰭上目】。
*喉板を欠く【原棘鰭上目】。
*脊椎骨24以上【原棘鰭上目】。
*眼下蝶形骨の存在【原棘鰭上目】。
*中烏口骨の存在(例外あり)【原棘鰭上目】。
*背鰭は1基【原棘鰭上目】。
*腹鰭は体の後方に位置【原棘鰭上目】。
*腹部に稜鱗は存在しない(例外あり)【原棘鰭上目】。
*世界中【キュウリウオ目】。
*淡水〜汽水〜海水域、深海【キュウリウオ目】。
*円鱗【キュウリウオ目】。
*上顎の歯を欠く【キュウリウオ目】。
*眼窩蝶形骨を欠く【キュウリウオ目】。
*背鰭は1基【キュウリウオ目】。
*脂鰭がある(例外あり)【キュウリウオ目】。
*卵生、淡水〜汽水〜海水域【キュウリウオ目】。
*世界中【キュウリウオ亜目】。
*淡水・汽水域を中心に分布【キュウリウオ亜目】。
*胡瓜臭を発する(例外あり)【キュウリウオ亜目】。
*追星の発生【キュウリウオ上科】。
*粘着卵【キュウリウオ上科】。
*北半球旧大陸、極東域(EX台湾)【アユ科】。
*淡水(卵、産卵期)〜汽水〜海水域、両側回遊性【アユ科】。

*両額に櫛状歯【アユ科】。
*藻食性、陸封型(コアユ)はプランクトン食【アユ科】。
*鰓条骨5〜6【アユ科】。
*腹鰭腋部突起を欠く【アユ科】。
*幽門垂300↑【アユ科】。
*脊椎骨後端は上方に向かわない【アユ科】。

*背鰭は体の中央、鰭条数10〜12【アユ科】。
*脂鰭は小さい【アユ科】。
*臀鰭鰭条数9〜17【アユ科】。
*腹鰭は背鰭に対在【アユ科】。
*尾鰭は2叉【アユ科】。
*卵生、産卵後死亡【アユ科】。
*オス個体には婚姻色【アユ科】。
*年魚(例外あり)【アユ科】。



Family PLECOGLOSSIDAE BLEEKER 1859 アユ科
Ayus (アユ類)
Osmerids (旧アユ科魚種)
Plecoglossids (アユ科魚種)


Genus Plecoglossus (TEMMINCK & SCHLEGEL 1846) アユ属
    ※=Genus Salmo VON LINNÉ 1758 Sub-Genus Plecoglossus TEMMINCK & SCHLEGEL 1846。
    ※← [Plecoglossiformes BLEEKER 1859]。
 Plecoglossus altivelis Temminck & Schlegel 1846
    ※2010年に亜種無効の意見。
  Plecoglossus altivelis altivelis アユ・"コアユ"(陸封型←琵琶湖・池田湖)。
    syn.Salmo altivelis Temminck & Schlegel 1846 ※=Salmo (Plecoglossus) altivelis Temminck & Schlegel 1846。
アユ     ※胸鰭軟条数14。側線上部横列鱗数17〜23、下部11〜14。
    ※淡水(成魚・卵)〜汽水〜海水域(孵化直後〜冬)。
    ※希少R(北海道)・東京都(伊豆諸島DD)・野生絶滅EW(長野)。
    ※分布上重要(滋賀)・天然不明(福岡)・県魚(群馬・岐阜)。
    ※横川吸虫 Metagonimus yokogawai の寄生(中間宿主)【アユ科】。
    ※宮田吸虫 Metagonimus miyatai の寄生(中間宿主)【アユ科】。
  Plecoglossus altivelis chinensis Wu & Shan 2005 "タイリクアユ"
    ※台湾〜大陸。
  Plecoglossus altivelis ryukyuensis Nishida 1988 リュウキュウアユ
    ※基本亜種より脊椎骨・側線鱗・胸鰭軟条が少ない。
    ※胸鰭軟条数12。環絶滅危惧IA類(CR)
    ※側線上部横列鱗数14〜16、下部9〜10。絶滅危惧I類(鹿児島)・絶滅EX(沖縄)。
Genus Speirsaenigma WILSON & WILLIAMS 1991 スペイルサエニグマ属 (絶滅)
 Speirsaenigma lindoei Wilson & Williams 1991 (絶滅)

inserted by FC2 system