Oryziidae、おさかなマガジン 分類トップ

メダカ
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*体は側扁【トウゴロウイワシ亜系】。
*背鰭は1〜2基(第1背鰭は縮小傾向)【トウゴロウイワシ亜系】。
*第1背鰭と第2背鰭は接近する【トウゴロウイワシ亜系】。
*臀鰭の開始は第2背鰭より前方【トウゴロウイワシ亜系】。
*世界中【ダツ目】。
*淡水〜汽水〜海水棲、表層性、跳躍【ダツ目】。
*体は細長い(水面に適性)【ダツ目】。
*眼球は大きい【ダツ目】。
*上顎不動、下顎が突き出す(上位)【ダツ目】。
*間舌骨を欠く【ダツ目】。
*鰾に管なし【ダツ目】。
*幽門垂を欠く【ダツ目】。
*円鱗【ダツ目】。
*側線は腹側に寄る【ダツ目】。
*無棘【ダツ目】。
*背鰭は体の遙か後方に位置、臀鰭と対在【ダツ目】。
*胸鰭は高い位置【ダツ目】。
*尾鰭は2叉、下葉の偏重が見られる(バランスを取るための重り)【ダツ目】。
*淡水棲【メダカ亜目】。
*口は小さい【メダカ亜目】。
*前鋤骨歯・上擬鎖骨・外翼状骨・後翼状骨を欠く【メダカ亜目】。
*鱗は大きめ【メダカ亜目】。
*側線を欠く【メダカ亜目】。
*オス個体の臀鰭は伸長しない【メダカ亜目】。
*臀鰭基底は長大【メダカ亜目】。
*尾鰭下葉の極端な偏重はない【メダカ亜目】。
*卵生、メス個体は一部の魚種は粘着糸を持った卵を持ち歩く【メダカ亜目】。
*東アジア〜東南アジア、オセアニア、インド【メダカ科】。
*尾鰭は円尾・截形【メダカ科】。



Family ORYZIIDAE MYERS 1938 メダカ科
Buntingis (メダカ類)
Medakas (メダカ類)
Minnows (メダカ類)
Oryziatids (メダカ科魚種)
Oryziids (メダカ科魚種)
Rice-Fishes (メダカ類)


Genus Oryzias JORDAN & SNYDER 1906 メダカ属
   ※+Genus Horaichthys KULKARNI 1940 (Type species : Horaichthys setnai Kulkarni 1940)。
   ※+Genus Xenopoecilus REGAN 1911 (Type species : Haplochilus sarasinorus Popta 1905)。
   ※← [Family Horaichthyidae KULKARNI 1940]。
   ※← [Sub-Family Oryziinae MYERS 1938]。
   ※メダカは万国共通語。24〜28℃・pH6.5〜7.0。
 Oryzias asinuus Parenti, Hadiaty, Lumbantobing & Herder 2013
 Oryzias bonneorus Parenti 2008
   ※汽水域進入性。
 Oryzias carnaticus (Jerdon 1849)
   syn.Aplocheilus carnaticus Jerdon 1849
     Panchax cyanopthalmus Blyth 1858
   ※汽水域進入性。
   ※24〜29℃・pH7.5〜8.5。
 Oryzias celebensis (Weber 1894) セレベスメダカ
   syn.Aplocheilus celebensis (Weber 1894)
     Haplochilus celebensis Weber 1894
   ※22〜30℃・pH8.0〜9.0。IUCN Vulnerable  D2  ver.2.3
 Oryzias curvinotus (Nichols & Pope 1927) "海南メダカ"。
   syn.Aplocheilus curvinotus Nichols & Pope 1927
   ※汽水域進入性。
 Oryzias dancenus (Hamilton 1822)
   Aplocheilus mcclellandi Bleeker 1854
   Cyprinus dancenus Hamilton 1822
     ? Panchax cyanopthalmus Blyth 1858
   ※汽水域進入性。
 Oryzias eversi Herder, Hadiaty & Nolte 2012
 Oryzias hadiatyae Herder & Chapuis 2010 "マサピメダカ"。
 Oryzias haugiangensis Roberts 1998 "后江メダカ"。
   ※汽水域進入性。
 Oryzias hubbsi Roberts 1998 "ハッブズメダカ"。
 Oryzias javanicus (Bleeker 1854) "ジャワメダカ"。
   syn.Aplocheilus javanicus Bleeker 1854
   ※汽水域進入性。22〜25℃・pH7.5〜8.5。難物とされる。
メダカ  Oryzias latipes (Temminck & Schlegel 1846) ミナミメダカ
   syn.Aplocheilus latipes (Temminck & Schlegel 1846)
     Poecilia latipes Temminck & Schlegel 1846
   ※"メダカ(総称)"・"メダカ南日本集団"・"クロメダカ"・"ヒメダカ"。
   ※18〜24℃・pH7.0〜8.0。
   ※南日本集団には遺伝子レベルの分類
   ※東日本型・東瀬戸内型・西瀬戸内型・山陰型・北部九州型(対馬含む)
   ※有明型・大隈型・薩摩型・琉球型がある。
   ※絶滅危惧II類(大阪)・要注目(兵庫)絶滅危惧II類VU(兵庫)
   ※絶滅危惧IB類(山口)
   ※留意(岡山)・絶滅危惧T類CR+EN(広島)・絶滅危II類(徳島)
   ※絶滅危惧II類VU(愛媛)・準絶滅危惧NT(高知)・準絶滅危惧(福岡)
   ※絶滅危惧II類(宮崎)・絶滅危惧I類(鹿児島琉球型)絶滅危惧IA類(沖縄)。
   ※国外は東韓集団・及び中国西韓集団が存在する。
 Oryzias luzonensis (Herre & Ablan 1934) "フィリピンメダカ"・"ルソンメダカ"。
   syn.Aplocheilus luzonensis Herre & Ablan 1934
 Oryzias marmoratus (Aurich 1935) "マダラメダカ"。
   syn.Aplocheilus marmoratus Aurich 1935
   ※22〜25℃・pH7.5〜8.5。
   ※IUCN Vulnerable  D2  ver.2.3
 Oryzias matanensis (Aurich 1935) "マタノメダカ"。
   syn.Aplocheilus matanensis Aurich 1935
   ※22〜25℃・pH7.5〜8.5。
   ※IUCN Vulnerable  D2  ver.2.3
 Oryzias mekongensis Uwa & Magtoon 1986 "メコンメダカ"。
 Oryzias melastigmus (McClelland 1839) "インドメダカ"。
   syn.Aplocheilus melastigmus McClelland 1839
     Haplochilus melastigmus (McClelland 1839)
       ※=Haplochilus melanostigmus
     Panchax argenteus Day 1868
     Panchax cyanopthalmus Blyth 1858
     Panchax melastigmus (McClelland 1839)
   ※汽水域進入性。
 Oryzias minutillus Smith 1945
   ※22〜25℃・pH7.5〜8.5。
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
   ※"タイメダカ"・"ヒメメダカ"。
 Oryzias nebulosus Parenti & Soeroto 2004
 Oryzias nigrimas Kottelat 1990 "ブラックバンティンギ"。
   ※22〜25℃・pH7.5〜8.5。
   ※IUCN Vulnerable  A2e, D2  ver.2.3
 Oryzias orthognathus Kottelat 1990 "シャープジョーバンティンギ"。
   ※22〜25℃・pH7.5〜8.5。
   ※IUCN Endangered  A2e  ver.2.3
 Oryzias pectoralis Roberts 1998
 Oryzias profundicolus Kottelat 1990 "キビレメダカ"。
   ※22〜25℃・pH7.5〜8.5。
   ※IUCN Vulnerable  D2  ver.2.3
 Oryzias sakaizumii Asai, Senou & Hosoya 2012 キタノメダカ
    ※"メダカ北日本集団"・"丹後及び但馬地方のメダカ(ハイブリッド集団)"。
    ※環絶滅危惧II類(VU)。B(岩手)・準絶滅危惧(秋田)・絶滅危惧II類(埼玉)
    ※東京(区部CR+EN)(北多摩CR+EN)(南多摩CR+EN)(西多摩CR+EN)。
    ※B(青森)・DD(山形)・準絶滅危惧(福島)・準絶滅危惧(新潟)・稀少種(茨城)
    ※絶滅危惧IA類(神奈川)・危急種(富山)・絶滅危惧II類VU(静岡)
    ※絶滅危惧II類(山梨)・重要保護生物B(千葉)・絶滅危惧IB類(長野)NT(愛知)
    ※絶滅危機増大(滋賀)・絶滅危惧II類VU(和歌山)・絶滅危惧(京都)
    ※環絶滅危惧II類(VU)
  Oryzias sakaizumii ssp. メダカ(関東固有集団)
 Oryzias sarasinorus (Popta 1905) "サラシンミノー"。
   syn.Haplochilus sarasinorus Popta 1905
     Xenopoecilus sarasinorus (Popta 1905)
   ※24〜29℃・pH7.5〜8.5。
   ※IUCN Endangered  A1e  ver.2.3
 Oryzias setnai (Kulkarni 1940) "マラバーメダカ"。
   syn.Horaichthys setnai Kulkarni 1940
   ※汽水域進入性。24〜29℃・pH7.5〜8.5。
 Oryzias sinensis (Chen, Uwa & Chu 1989) "大陸メダカ"。
   syn.Oryzias latipes sinensis Chen, Uwa & Chu 1989
 Oryzias soerotoi Mokodongan, Tanaka & Yamahira 2014
 Oryzias songkhramensis Magtoon 2010 "タイ(ソンクラーム)メダカ"。
 Oryzias timorensis (Weber & de Beaufort 1922) "ティモールメダカ"。
   syn.Aplocheilus timorensis Weber & de Beaufort 1922
 Oryzias uwai Roberts 1998 "ウワメダカ"。
 Oryzias wolasi Parenti, Hadiaty, Lumbantobing & Herder 2013
 Oryzias woworae Parenti & Hadiaty 2010
   ※pH6.0〜7.0。


観賞目的の流通
定番 あり 稀 
商業的養殖
○(改良品種等) ×
水槽内繁殖
容易 普通 難(記録あり) 不可・不明
水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
(18〜)24〜28(〜29)℃
適性pH
(6.7〜)7.0〜8.5(〜9.0)
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○

inserted by FC2 system