Oreosomatidae、おさかなマガジン 分類トップ

クロマトウダイ
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*世界中【マトウダイ目】。
*海水棲、汽水域進入性、深海棲、底棲【マトウダイ目】。
*体は強く側扁、寸詰まり体型で体高がある【マトウダイ目】。
*脊椎骨数21〜46【マトウダイ目】。
*白・銀色、一部黒褐色・黒【マトウダイ目】。
*眼球は大きい【マトウダイ目】。
*眼下蝶形骨を欠く【マトウダイ目】。
*口は上位で垂直、突出可能【マトウダイ目】。
*鰾を有する【マトウダイ目】。
*鰓条骨数5〜8【マトウダイ目】。
*背鰭・臀鰭基底長は長大【マトウダイ目】。
*胸鰭・臀鰭軟条は分岐しない【マトウダイ目】。
*背鰭は2基、第1背鰭は棘条で構成【マトウダイ目】。
*第2背鰭は臀鰭に対在【マトウダイ目】。
*背鰭棘条数5〜10【マトウダイ目】。
*背鰭と臀鰭の基底は長大【マトウダイ目】。
*腹鰭棘条0〜1+軟条5〜10【マトウダイ目】。
*臀鰭棘条数0〜4【マトウダイ目】。
*体高に比べ尾柄は細長い【マトウダイ目】。
*尾鰭は小さく戴形・辺縁はやや凹み気味【マトウダイ目】。
*尾鰭棘条0+軟条11〜13【マトウダイ目】。
*卵生、卵は守らない【マトウダイ目】。
*世界中(+南極)【オオメマトウダイ科】。
*海水棲、深海棲【オオメマトウダイ科】。
*体高のある菱形・側扁で本目内では少しタイに近い見かけ【オオメマトウダイ科】。
*眼球の大きさは特筆もの(頭長の1/2〜1/3)、頭頂線に接する【オオメマトウダイ科】。
*鱗は細かく櫛鱗・若しくは円鱗【オオメマトウダイ科】。
*背鰭棘条数4〜8+軟条数29〜35【オオメマトウダイ科】。
*腹鰭は1棘【オオメマトウダイ科】。
*臀鰭棘条数2〜4+軟条数26〜33【オオメマトウダイ科】。
*尾鰭は截形【オオメマトウダイ科】。



Family OREOSOMATIDAE BLEEKER 1859 オオメマトウダイ科
Dories (オオメマトウダイ類)
Oreos (オオメマトウダイ類)
Oreosomatids (オオメマトウダイ科魚種)


Sub-Family Oreosomatinae BLEEKER 1859 オオメマトウダイ亜科
  Genus Allocyttus MCCULLOCH 1914 オオメマトウダイ属
クロマトウダイ    Allocyttus folletti Myers 1960  "フォレットオオメマトウ"。
     ※2〜4℃。
   Allocyttus guineensis "ギニアオオメマトウ"。
     ※アフリカ西部沿岸域、何故か中国からの記録あり。
   Allocyttus niger クロマトウダイ
     ※独立行政法人水産総合研究センター開発魚。
   Allocyttus verrucosus (Gilchrist 1906) オオメマトウダイ
     syn.Allocyttus propinquus McCulloch 1914
         ※模式種、但し先に記載された Cyttosoma verrucosum Gilchrist 1906 に統合。
       Allocyttus verrucosus propinquus (McCulloch 1914)
       Cyttosoma verrucosum Gilchrist 1906
  Genus Neocyttus GILCHRIST 1906 ネオキットゥス属
     ※+Genus Crassispinus MAUL 1948 (Type species : Crassispinus granulosus Maul 1948)。
Neocyttus helgae    Neocyttus acanthorhynchus
   Neocyttus helgae "フォールスボアフィッシュ"。
     syn.Crassispinus granulosus Maul 1948
       Cyttosoma helgae
   Neocyttus psilorhynchus "ラフオレオドリー"。
   Neocyttus rhomboidalis Gilchrist 1906 "ツノマトウダイ"。
     syn.Cyttosoma rhomboidale (Gilchrist 1906)
       Neocyttus rhomboidalis gibbosa McCulloch 1914
  Genus Oreosoma CUVIER 1829 オレオソマ属
     ※+Genus Cyttosoma GILCHRIST 1904 (Type species : Cyttosoma boops Gilchrist 1904)。
     ※← [Oreosomatoidei BLEEKER 1859]。
   Oreosoma atlanticum Cuvier 1829 "ニシオオメマトウ"・"オックスアイオレオ"。
     syn.Cyttosoma boops Gilchrist 1904
Sub-Family Pseudocyttinae TYLER, O'TOOLE & WINTERBOTTOM 2003 ヒョウマトウダイ亜科
  Genus Pseudocyttus GILCHRIST 1906 ヒョウマトウダイ属
     ※+Genus Xenocyttus ABE 1957 (Type species : Xenocyttus nemotoi Xenocyttus)。
   Pseudocyttus maculatus Gilchrist 1906 ヒョウマトウダイ
     syn.Xenocyttus nemotoi Abe 1957
     ※IUCN Data Deficient ver.3.1
inserted by FC2 system