Mesturidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*体高は低いものが多い【全骨区】。
*軟骨中心(硬骨がこれをカバーする等)【全骨区】。
*全身を硬鱗(円鱗・菱形)が覆う【全骨区】。
*肺(=鰾)による空気呼吸【全骨区】。
*螺旋弁【全骨区】。
*背鰭は1基(例外あり)、基底長は様々【全骨区】。
*尾鰭の歪さが多少解消【全骨区】。
*体高があり側扁、卵形【メストゥルス科】。
*背鰭は体の中央からやや後方に開始、基底は長い【メストゥルス科】。
*臀鰭は背鰭に対在、これの基底も長い【メストゥルス科】。
*尾鰭は湾入しない【メストゥルス科】。



Family MESTURIDAE NURSALL 1987 メストゥルス科
Mesturids (メストゥルス科魚種)
Pycnodonts (メストゥルス科魚種)


Genus Eomesodon WOODWARD 1918 エオメソドン属 (絶滅)
   ※背鰭・臀鰭は伸長、尾鰭とコラボ。
 Eomesodon barnesi (Woodward 1906) (絶滅)
   syn.Mesodon barnesi Woodward 1906
 Eomesodon depressus Woodward 1918 (絶滅)
 Eomesodon hoeferi (Gorjanović-Kramberger 1905) (絶滅)
   syn.Mesodon hoeferi Gorjanović-Kramberger 1905
 Eomesodon liassicus (Egerton 1854) (絶滅)
   syn.Mesodon liassicus (Egerton 1854)
     Pycnodus liassicus Egerton 1854
Genus Mesturus WAGNER 1862 メストゥルス属 (絶滅)
   ※鰭の高さは低めで一定。
 Mesturus cordillerus Martill, Chong & Pardo 1998 (絶滅)
 Mesturus leedsi Woodward 1895 (絶滅)
 Mesturus verrucosus Wagner 1862 (絶滅)
Genus Micropycnodon HIBBARD & GRAFFAM 1945 ミクロピクノドン属 (絶滅)
   ※臀鰭棘が強く突出。
 Micropycnodon gaynaisensis Nursall 1999 (絶滅)
 Micropycnodon kansasensis (Hibbard & Graffham 1941) (絶滅)
   syn.Pycnomicrodon kansasensis Hibbard & Graffham 1941
inserted by FC2 system