Menidae、おさかなマガジン 分類トップ

ギンカガミ
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*世界中【スズキ系】。
*淡水〜汽水〜海水域【スズキ系】。
*体は側扁(例外有り)【スズキ系】。
*下尾軸骨5以下【スズキ系】。
*櫛鱗【スズキ系】。
*尾鰭を除く非対鰭に棘(例外有り)【スズキ系】。
*腹鰭棘条1+軟条は6以下【スズキ系】。
*卵生・卵胎生【スズキ系】。
*旧世界〜新世界【スズキ目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【スズキ目】。
*体は側偏するものが多い【スズキ目】。
*上顎は前上顎骨で縁取り【スズキ目】。
*鰾に気道無し【スズキ目】。
*背鰭と臀鰭に棘【スズキ目】。
*腹鰭にも1棘【スズキ目】。
*円鱗・櫛鱗【スズキ目】。
*背鰭と臀鰭に棘【スズキ目】。
*腹鰭にも1棘【スズキ目】。
*円鱗・櫛鱗【スズキ目】。
*太平洋西武〜インド洋【ギンカガミ科】。
*海水棲、汽水域進入性【ギンカガミ科】。
*超側扁の円盤状、手斧型【ギンカガミ科】。
*腹部突出【ギンカガミ科】。
*無鱗【ギンカガミ科】。
*棘条は不明瞭【ギンカガミ科】。
*背鰭に欠刻無し【ギンカガミ科】。
*背鰭棘は痕跡程度【ギンカガミ科】。
*背鰭軟条43〜45【ギンカガミ科】。
*腹鰭伸張、臀鰭軟条30〜33【ギンカガミ科】。
*尾鰭は強く2叉【ギンカガミ科】。
*卵生【ギンカガミ科】。



Family MENIDAE FITZINGER 1873 ギンカガミ科
Menids (ギンカガミ科魚種)
Moon-Fishes (ギンカガミ科魚種)
Sun-Fishes (ギンカガミ科魚種)


Genus Bathysoma DAVIS 1890 バティソマ属 (絶滅) ※→Order Lampriformes。
 Bathysoma lutkeni Davis 1890 (絶滅)
Genus Leiomene GUPTA & YAZDANI 1976 レイオメネ属 (絶滅)
 Leiomene kapurdiensis Gupta & Yazdani 1976 (絶滅)
   syn.Mene kapurdiensis (Gupta & Yazdani 1976)
Genus Mene DE LA CÉPÈDE 1803 ギンカガミ属
   ※+Genus Meneus RAFINESQUE 1815。種の記載なし。
   ※← [Meneae FITZINGER 1873]。
 Mene maculata (Bloch & Schneider 1801) ギンカガミ
   syn.Mene annacarolina de la Cépède 1803
       ※模式種、但し先に記載された Zeus maculatus Bloch & Schneider 1801 に統合。
ギンカガミ      Zeus maculatus Bloch & Schneider 1801
 Mene novaehispaniae (絶滅)
 Mene oblonga (Agassiz 1842) (絶滅)
  Mene oblonga (Agassiz 1842) (絶滅)
    syn.Ephippus oblongus Agassiz 1842
  Mene oblonga var.pusilla Bassani 1889 non Rzehak 1881 (絶滅)
 Mene psarianosi Symeonidis 1970 (絶滅)
 Mene purdyi Friedman & Johnson 2005 (絶滅)
 Mene phosphatica Astre 1927 (絶滅)
 Mene pusilla Rzehak 1881 non Bassani 1889 (絶滅)
 Mene rhomba Woodward 1901 (絶滅)
 Mene rhombea (Volta 1796) (絶滅)
Mene rhombea    syn.Scomber rhombeus Volta 1796
 Mene sekharani Nolf & Cappetta 1976 (絶滅)
 Mene triangula Danil'chenko 1968 (絶滅)
Genus Menidarum メニダルム属 (絶滅) ※Otoliths=耳石。
 Menidarum inflatum Nolf, Rana & Singh 2006 (絶滅)
 Menidarum occultum Nolf & Bajpai 1992 (絶滅)
 Menidarum ornatissimum Nolf 1985 (絶滅)


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
26℃
適性pH
8.0〜8.2
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○

inserted by FC2 system