Lepidosirenidae, CHOANATA、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*出現はシルル紀、海棲【肉鰭亜綱】。
*骨格は軟骨中心【肉鰭亜綱】。
*エナメル歯【肉鰭亜綱】。
*鰭の基部に鱗を伴う肉質突起【肉鰭亜綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【肉鰭上目】。
*ガス交換可能な肺を持つ【肉鰭上目】。
*鰭は肉質で支持骨で連結【肉鰭上目】。
*底棲、夏眠【南米肺魚目】。
*楯状歯板【南米肺魚目】。
*対鰭は鰭条を欠き鞭状【南米肺魚目】。
*肺は一対【南米肺魚目】。
*原尾【南米肺魚目】。
*鱗は細かい【南米肺魚目】。
*夏眠を行う。1種を除き繭を作る【南米肺魚目】。
*卵生、営巣、稚魚には大きな外鰓がある【南米肺魚目】。
*鰓弓5【南米肺魚科】。



Family LEPIDOSIRENIDAE BONAPARTE 1841 南米肺魚科
Dipnoans (肺魚類)
Lepidosirenids (南米肺魚科)
Lung-Fishes (肺魚類)
South-American Lungfish (南米肺魚科魚種)


Genus Lavocatodus MARTIN 1995 ラウォカトドゥス属 (絶滅)
 Lavocatodus casieri (Capetta 1972) (絶滅)
   syn.Ceratodus casieri Capetta 1972
 Lavocatodus giganteus Martin 1995 (絶滅)
 Lavocatodus humei (Priem 1914) (絶滅)
   syn.Ceratodus humei Priem 1914
     Protopterus humei (Priem 1914)
 Lavocatodus protopteroides (Tabaste 1963) (絶滅)
   syn.Ceratodus protopteroides Tabaste 1963
     Protopterus protopteroides (Tabaste 1963)
Genus Lepidosiren FITZINGER 1837 レピドシレン属
   ※=Genus Amphibichthys HOGG 1841。不要な置き換え。
   ※← [Family Amphibichthyidae HOGG 1841]。
   ※← [Lepidosirenidi BONAPARTE 1841]。
   ※← [Pneumoïchthyi VAN DER HOEVEN 1855]。
 Lepidosiren paradoxa Fitzinger 1837 ナンベイハイギョ
   syn.Amphibichthys paradoxus (Fitzinger 1837)
     Lepidosiren articulata Ehlers 1894
Genus Xenoceratodus LONGRICH 2016 キセノケラトドゥス属 (絶滅)
   ※ラウォカトドゥス属に近縁。
 Xenoceratodus labyrinthus Longrich 2016 (絶滅)


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
24〜28℃
適性pH
6.5
混泳
混泳同種・同型=×〜△ 混泳異種・異型=×
inserted by FC2 system