Latimeriidae、おさかなマガジン 分類トップ

Latimeria chalumnae
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*出現はシルル紀、海棲【肉鰭亜綱】。
*骨格は軟骨中心【肉鰭亜綱】。
*エナメル歯【肉鰭亜綱】。
*鰭の基部に鱗を伴う肉質突起【肉鰭亜綱】。
*デボン紀〜現代【総鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲(現生種)【総鰭上目】。
*頭蓋骨が前後に分離、蝶番になっており可動【総鰭上目】。
*背鰭は2基【コエラカントゥス目】。
*軟骨部分も多い【コエラカントゥス目】。
*第1背鰭は背部に直接鰭条で構成、第2背鰭は組織が筒状に突き出しそこに鰭が付属【コエラカントゥス目】。
*対鰭と臀鰭の構造は第2背鰭と同様【コエラカントゥス目】。
*尾鰭は両尾(例外あり)【コエラカントゥス目】。
*海水棲、底棲【ラティメリア科】。
*第2背鰭基底は臀鰭と同位置【ラティメリア科】。
*骨鱗で覆われる【ラティメリア科】。
*肋骨を欠く【ラティメリア科】。
*鰾は脂肪に満たされる【ラティメリア科】。
*卵胎生、卵の直径は10cm弱・出産直後の稚魚は30cmを越える【ラティメリア科】。



Family LATIMERIIDAE BERG 1940 ラティメリア科
Coelacanthus (シーラカンス類)
Gombessas (シーラカンス類)
Latimeriids (ラティメリア科)
Lobe-Finned Fishes (シーラカンス類)


Genus Graphiurichthys WHITE & MOY-THOMAS 1937 グラフィウリクティス属 (絶滅)
   ※=Genus Graphiurus KNER 1866。
   ※≠Genus Graphiurus SMUTS 1832 [Gliridae, Rodentia, Mammalia]。
 Graphiurichthys callopterus (Kner 1866) (絶滅)
   syn.Graphiurus callopterus Kner 1866
Genus Hainbergia SCHWEIZER 1966 ハインベルギア属 (絶滅)
 Hainbergia granulata Schweizer 1966 (絶滅)
Genus Latimeria SMITH 1939 ラティメリア属
   ※+Genus Malania SMITH 1953 (Type species : Malania anjouanae Smith 1953)。
Latimeria chalumnae  Latimeria chalumnae Smith 1939 アフリカシーラカンス
   syn.Malania anjouanae Smith 1953
   ※"シーラカンス"・"ゴンベッサ"。
   ※CITES APPENDIX I
   ※Critically Endangered  A2cd, C2b  ver.2.3
 Latimeria menadoensis インドネシアシーラカンス
   ※非対鰭辺縁が淡色縁取り。
   ※CITES APPENDIX I
   ※Vulnerable  C2a(ii);D2  ver.3.1
Genus Lochmocercus LUND & LUND 1984 ロクモケルクス属 (絶滅)
   ※吻端は結構伸び尖る。分類学的位置は不安定。
 Lochmocercus aciculodontus Lund & Lund 1984 (絶滅)
Genus Macropoma AGASSIZ 1835 マクロポマ属 (絶滅)
   ※尾鰭は1枚の大きな扇様。
 Macropoma lewesiense (Mantell 1822) (絶滅)
   syn.Amia lewesiensis Mantell 1822
 Macropoma mantellii Agassiz 1835 (絶滅)
 Macropoma precursor Woodward 1909 (絶滅)
 Macropoma willemoesii Vetter 1881 (絶滅)
Genus Macropomoides WOODWARD 1942 マクロポモイデス属 (絶滅)
   ※体は寸詰まり。尾鰭は1枚の大きな扇様。
 Macropomoides orientalis Woodward 1942 (絶滅)
Genus Swenzia CLÉMENT 2006 スウェンジア属 (絶滅)
   ※=Genus Wenzia CLÉMENT 2005。
   ※≠Genus Wenzia PFEFFER 1929 [Hygromiidae, Gastropoda, Mollusca]。
   ※≠Genus Wenzia TAVERNE 1975 [Pattersonellidae]。
 Swenzia latimerae (Clément 2005) (絶滅)
   syn.Wenzia latimerae Clément 2005
Genus Undina VON MÜNSTER 1834 ウンディナ属 (絶滅)
  ※+Genus Holophagus EGERTON 1861 (Type species : Holophagus gulo Egerton 1861)。
  ※≠Genus Undina DANA 1852 [Calanidae, Copepoda, Crustacea]。
 Undina barroviensis Woodward 1890 (絶滅)
   syn.Holophagus barroviensis (Woodward 1890)
 Undina cirinensis Thiollière 1854 (絶滅)
 Undina grandis Egerton 1911 (絶滅)
 Undina gulo (Egerton 1861) (絶滅)
   syn.Holophagus gulo Egerton 1861
 Undina leridae le Sauvage 1903 (絶滅)
   syn.Holophagus leridae (le Sauvage 1903).
 Undina minuta Wagner 1863 (絶滅)
 Undina penicillata von Münster 1834 (絶滅)
   syn.Coelacanthus kohleri von Münster 1842
     Coelacanthus penicillatus (von Münster 1834)
     Holophagus penicillatus (von Münster 1834)
     Undina acutidens von Zittel 1887
     Undina kohleri (von Münster 1842)
 Undina purbeckensis Woodward 1916 (絶滅)
   syn.Holophagus purbeckensis (Woodward 1916)
 Undina striolaris (von Münster 1842) (絶滅)
   syn.Coelacanthus striolaris von Münster 1842
     Holophagus striolaris (von Münster 1842)


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
21℃
混泳
混泳同種・同型=×〜△ 混泳異種・異型=×
備考
絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律
該当魚種あり
Latimeria menadoensis
inserted by FC2 system