Hadronectoridae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*出現はシルル紀、海棲【肉鰭亜綱】。
*骨格は軟骨中心【肉鰭亜綱】。
*エナメル歯【肉鰭亜綱】。
*鰭の基部に鱗を伴う肉質突起【肉鰭亜綱】。
*デボン紀〜現代【総鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲(現生種)【総鰭上目】。
*頭蓋骨が前後に分離、蝶番になっており可動【総鰭上目】。
*背鰭は2基【コエラカントゥス目】。
*軟骨部分も多い【コエラカントゥス目】。
*第1背鰭は背部に直接鰭条で構成、第2背鰭は組織が筒状に突き出しそこに鰭が付属【コエラカントゥス目】。
*対鰭と臀鰭の構造は第2背鰭と同様【コエラカントゥス目】。
*尾鰭は両尾(例外あり)【コエラカントゥス目】。
*石炭紀【ハドロネクトル科】。
*海水棲、底棲【ハドロネクトル科】。
*2.5〜35cmととても小型【ハドロネクトル科】。
*胴体部分が少ない寸詰まり体型【ハドロネクトル科】。
*口唇は肥厚【ハドロネクトル科】。
*尾部が体の1/3〜1/2を占める【ハドロネクトル科】。
*尾鰭上葉・下葉は大きく、背鰭・臀鰭の役目【ハドロネクトル科】。
*尾鰭中葉は無関係に小さい【ハドロネクトル科】。



Family HADRONECTORIDAE LUND & LUND 1984 ハドロネクトル科
Coelacanthus (シーラカンス類)
Gombessas (シーラカンス類)
Hadronectorids (ハドロネクトル科)
Lobe-Finned Fishes (シーラカンス類)


Genus Allenypterus MELTON 1969 アルレニプテルス属 (絶滅)
   ※頭部は小さく尖り、背部が猛烈に盛り上がる。腹部に装甲。
 Allenypterus montanus Melton 1969 (絶滅)
Genus Euporosteus JAECKEL 1927 エウポロステウス属 (絶滅)
 Euporosteus eifelianus Jaeckel 1927 (絶滅)
 Euporosteus yunnanensis Zhu, Yu, Lu, Qiao, Zhao & Jia 2012 (絶滅)
Genus Hadronector LUND & LUND 1984 ハドロネクトル属 (絶滅)
   ※凄い寸詰まり。
 Hadronector donbairdi Lund & Lund 1984 (絶滅)
Genus Holopterygius JESSEN 1973 ホロプテリギウス属 (絶滅)
 Holopterygius nudus Jessen 1973 (絶滅)
Genus Polyosteorhynchus LUND & LUND 1984 ポリオステオリンクス属 (絶滅)
   ※本科中一般的なシーラカンス体型に一番近い。
 Polyosteorhynchus simplex Lund & Lund 1984 (絶滅)

inserted by FC2 system