Gladiobranchidae、おさかなマガジン 分類トップ

*シルル紀〜デボン紀〜石炭紀〜ペルム紀【棘魚綱】。
*世界中【棘魚綱】。
*淡水棲(中心)、海水棲(初期)、遊泳性、群泳性、一部底棲【棘魚綱】。
*見てくれはイワシのよう、多くが精々30cm【棘魚綱】。
*基本軟骨、硬骨魚の特質も併せ持つ【棘魚綱】。
*体高低く細長い魚種が多い【棘魚綱】。
*頭部は丸い・若しくは截形(尖らない)【棘魚綱】。
*眼球は吻端に迫り、口はずっと後方まで裂ける【棘魚綱】。
*菱形の硬鱗に覆われる【棘魚綱】。
*上下顎を有した最初のグループ【棘魚綱】。
*上顎に歯を持たない【棘魚綱】。
*尾鰭を除く鰭は棘条に支持される(但し棘は不可動)【棘魚綱】。
*多くの魚種が副対鰭(腹棘)を有する【棘魚綱】。
*歪尾・辺縁は湾入、程度に差。尾部端は上方に向かう【棘魚綱】。
*キョクギョと読む(トゲウオと呼んではならない)【棘魚綱】。
*しばしば下顎に歯を有する【クリマティウス目】。
*背鰭は2基【クリマティウス目】。



Family GLADIOBRANCHIDAE BERNACSEK & DINELEY 1977 グラディオブランクス科
Gladiobranchids (グラディオブランクス科魚種)


Genus Gladiobranchus BERNACSEK & DINELEY 1977 グラディオブランクス属 (絶滅)

◆グラディオブランクス・プロバトン (絶滅)
 Gladiobranchus probaton Bernacsek & Dineley 1977
 *1977『New Acanthodians from the Delorme Formation, Lower Devonian of North-West Territories, Canada:Garry Michael Bernacsek & David Lawrence Dineley』。



Genus Uraniacanthus MILES 1973 ウラニアカントゥス属 (絶滅)

◆ウラニアカントゥス・スピノスス (絶滅)
 Uraniacanthus spinosus Miles 1973
 *1973『Articulated Acanthodian Fishes from the Old Red Sandstone of England, with a Review of the Structure and Evolution of the Acanthodian Shoulder-Girdle:Roger Steele Miles』。

◆ウラニアカントゥス・クルトゥス (絶滅)
 Uraniacanthus curtus (Powrie 1870)
   syn.Euthacanthus curtus Powrie 1870
 *1870『On the Earliest Known Vestiges of Vertebrate Life, Being a Description of the Fish Remains of the Old Red Sandstone Rocks of Forfarshire:James Powrie』。

inserted by FC2 system