Caracanthidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*世界中【スズキ系】。
*淡水〜汽水〜海水域【スズキ系】。
*体は側扁(例外有り)【スズキ系】。
*下尾軸骨5以下【スズキ系】。
*櫛鱗【スズキ系】。
*尾鰭を除く非対鰭に棘(例外有り)【スズキ系】。
*腹鰭棘条1+軟条は6以下【スズキ系】。
*卵生・卵胎生【スズキ系】。
*頭部を中心に棘・骨質板が散在【カサゴ目】。
*眼窩骨棚(伸長した第3眼下骨)を有する【カサゴ目】。
*胸鰭・尾鰭は通常円形【カサゴ目】。
*太平洋〜インド洋【ダンゴオコゼ科】。
*海水棲、底棲【ダンゴオコゼ科】。
*体は卵形で強く側扁【ダンゴオコゼ科】。
*口は小さい【ダンゴオコゼ科】。
*鰓条骨7【ダンゴオコゼ科】。
*体表を指状突起が飾る他、背鰭基底と側線部に鱗(微細な棘鱗・管状鱗)が並ぶ【ダンゴオコゼ科】。
*背鰭は1基、強い欠刻が入る。棘条に毒腺【ダンゴオコゼ科】。
*背鰭棘条6〜8+軟条11〜14【ダンゴオコゼ科】。
*胸鰭は大きめだが体は支えられない。軟条12〜15【ダンゴオコゼ科】。
*腹鰭は小さく棘条1+軟条2【ダンゴオコゼ科】。
*臀鰭棘条2+軟条11〜14【ダンゴオコゼ科】。
*尾鰭は円尾【ダンゴオコゼ科】。



Family CARACANTHIDAE GILL 1885 ダンゴオコゼ科
Caracanthids (ダンゴオコゼ科魚種)
Crouchers (ダンゴオコゼ科魚種)
Orbicular Velvet-Fishes (ダンゴオコゼ科魚種)


Genus Caracanthus KRØYER 1845 ダンゴオコゼ属
   ※+Genus Amphiprionichthys BLEEKER 1855 (Type species : Amphiprionichthys apistus Bleeker 1855)。
   ※+Genus Centropus KNER 1860 (Type species : Centropus staurophorus Kner 1860)。
   ※+Genus Crossoderma GUICHENOT 1869 (Type species : Crossoderma madagascariense Guichenot 1869)。
   ※+Genus Micropus GRAY 1831 (Type species : Micropus maculatus Gray 1831)。
   ※≠Genus Micropus WOLF 1810 [Apodidae, Apodiformes, Aves]。
   ※+Genus Trachycephalus DE VIS 1884 (Type species : Trachycephalus bankiensis de Vis 1884)。
   ※≠Genus Trachycephalus TSCHUDI 1838 [Hylidae, Anura, Amphibia]。
   ※← [Family Crossodermatidae GUICHENOT 1869]。
   ※← [Sub-Family Caracanthinae GILL 1885]。
 Caracanthus bankiensis (de Vis 1884) ※位置不明種。
   syn.Trachycephalus bankiensis de Vis 1884
 Caracanthus maculatus (Gray 1831) ダンゴオコゼ
   syn.Micropus maculatus Gray 1831
   ※準絶滅危惧(2017年版)
 Caracanthus madagascariensis (Guichenot 1869) "マダガスカルダンゴオコゼ"。
   syn.Crossoderma madagascariense Guichenot 1869
 Caracanthus typicus Krøyer 1845 "ハワイダンゴオコゼ"。
   ※珊瑚の隙間に体を押し込む。
 Caracanthus unipinnus (Gray 1831) ワタゲダンゴオコゼ
   syn.Amphiprionichthys apistus Bleeker 1855
     Centropus staurophorus Kner 1860
     Micropus longipinnis Jatzow & Lenz 1898
     Micropus unipinnus Gray 1831
   ※準絶滅危惧(2017年版)
Genus Ganoidarum ガノイダルム属 (絶滅) ※Otoliths=耳石。
   ※本科であるとされるが、科名を蝶鮫とする記述あり(詳細不明)。
   ※タラ科の誤記・ミスタイプという可能性あり(詳細不明)。
 Ganoidarum obovatum (Liebus 1927) (絶滅)
   syn.Otolithus (Genus Ganoidarum) obovatus Liebus 1927
 Ganoidarum obatum (Liebus 1927) (絶滅)
   syn.Otolithus (Genus Ganoidarum) ovatus Liebus 1927

水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
26℃
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○
inserted by FC2 system