Antarctilamnidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【軟骨魚綱】。
*シルル紀〜現代【軟骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、底棲【軟骨魚綱】。
*軟骨、楯鱗【軟骨魚綱】。
*硬骨組織を持たない【軟骨魚綱】。
*鰾を欠く(浮力は肝臓の肝油で調整)【軟骨魚綱】。
*耳石を欠く(平衡砂は存在)【軟骨魚綱】。
*対鼻孔を有する【軟骨魚綱】。
*対鰭を有する【軟骨魚綱】。
*尾鰭は歪尾(上葉に脊柱が進入)【軟骨魚綱】。
*尾鰭上葉は下葉より伸長(例外あり)【軟骨魚綱】。
*ローレンチニ氏管・螺旋弁がある【軟骨魚綱】。
*オス個体の腹鰭部には交接器(クラスパー)が1対ある(例外あり)【軟骨魚綱】。
*卵生、卵胎生、胎生、体内受精【軟骨魚綱】。
*世界中【ネズミザメ上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、底棲、深海棲、砂潜り【ネズミザメ上目】。
*紡錘形から円筒形、扁平まで【ネズミザメ上目】。
*鰓孔(5)は側面、上方から目視可能【ネズミザメ上目】。
*胸鰭はよく発達する【アンタルクティラムナ科】。
*腹鰭は小さめでクラスパーは長い【アンタルクティラムナ科】。



Family ANTARCTILAMNIDAE GINTER, LIAO & VALENZUELA-RIOS 2008 アンタルクティラムナ科
Antarctilamnids (アンタルクティラムナ科魚種)


Genus Antarctilamna YOUNG 1982 アンタルクティラムナ属 (絶滅) "南極ネズミザメ"。
 Antarctilamna prisca Young 1982 non Eastman 1899 (絶滅)
 Antarctilamna seriponensis Janvier & Suárez-Riglos 1986 (絶滅)
   syn.Gyracanthus seriponensis (Janvier & Suárez-Riglos 1986)
 Antarctilamna ultima Gess 2011 (絶滅)
Genus Gondwanalepis DE POMEROY 1994 ゴンドワナレピス属 (絶滅)
   ※取り敢えず。
 Gondwanalepis grossi de Pomeroy 1994 (絶滅)
Genus Notiolepis DE POMEROY 1994 ノティオレピス属 (絶滅)
   ※取り敢えず。
 Notiolepis dienemos de Pomeroy 1994 (絶滅)
Genus Wellerodus TURNER 1997 ウェルレロドゥス属 (絶滅)
 Wellerodus priscus (Eastman 1899) (絶滅)
   syn.Diplodus priscus Eastman 1899 non Young 1982
     Dittodus priscus (Eastman 1899)
 Wellerodus wellsi Turner 1997 (絶滅)
   syn.Dittodus sp.cf.Diplodus priscus (Eastman 1899) Hussakof & Bryant 1918
inserted by FC2 system