Umbridae、おさかなマガジン 分類トップ

Umbra krameri
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*ジュラ紀から現代【原棘鰭上目】。
*淡水から海水域【原棘鰭上目】。
*体高低く紡錘形〜棍棒状【原棘鰭上目】。
*顎に歯を備え(例外あり)、強い捕食性を有する傾向【原棘鰭上目】。
*上顎は不動(伸出不可)、口は大きく開く【原棘鰭上目】。
*舌歯を持つ【原棘鰭上目】。
*喉板を欠く【原棘鰭上目】。
*脊椎骨24以上【原棘鰭上目】。
*眼下蝶形骨の存在【原棘鰭上目】。
*中烏口骨の存在(例外あり)【原棘鰭上目】。
*背鰭は1基【原棘鰭上目】。
*腹鰭は体の後方に位置【原棘鰭上目】。
*腹部に稜鱗は存在しない(例外あり)【原棘鰭上目】。
*北半球、新大陸、北米【カワカマス目】。
*淡水棲、待ち伏せ【カワカマス目】。
*中烏口骨を欠く【カワカマス目】。
*大口【カワカマス目】。
*上顎の歯を欠く【カワカマス目】。
*幽門垂を欠く【カワカマス目】。
*円鱗【カワカマス目】。
*棘条を欠く【カワカマス目】。
*背鰭は1基、体の後方に着く【カワカマス目】。
*脂鰭を欠く【カワカマス目】。
*追星は発生しない【カワカマス目】。
*卵生【カワカマス目】。
*脊椎骨数32〜42【クロウオ科】。
*鰓条骨数5〜8【クロウオ科】。
*眼窩下管は3以下【クロウオ科】。
*側線はかすれ気味【クロウオ科】。
*尾鰭は截形か円尾【クロウオ科】。
*尾鰭軟条数20〜30、8〜19本が分岐【クロウオ科】。
*卵生、卵を守る【クロウオ科】。



Family UMBRIDAE BONAPARTE 1845 クロウオ科
Mud-Minnows (クロウオ科魚種)
Umbrids (クロウオ科魚種)


Genus Dallia BEAN 1880 ダリリア属
   ※← [Family Dalliidae JORDAN ex GILL 1885]。
   ※腹鰭が小さい。
 Dallia admirabilis
 Dallia delicatissima
 Dallia pectoralis Bean 1880
   ※"アラスカブラックフィッシュ"。
   ※食道で空気呼吸。耐凍結性。4〜14℃。
Genus Novumbra SCHULTZ 1929 アメリカクロウオ属
   ※← [Family Novumbridae SCHULTZ 1929]。
   ※← [Novumbrini BERG 1940]。
 Novumbra hubbsi Schultz 1929 "オリンピックマッドミノー"。
   ※4〜25℃。IUCN Lower Risk/near threatened ver.2.3
 Novumbra oregonensis Cavender 1969 (絶滅)
Genus Palaeumbra WEILER 1973 パラエウムブラ属 (絶滅)
  Palaeumbra moguntina Weiler 1973 (絶滅)
    syn.Umbridarum moguntinum (Weiler 1973)
Genus Proumbra SYTCHEVSKAYA 1968 プロウムブラ属 (絶滅)
 Proumbra irtyshensis Sytchevskaya 1968 (絶滅)
   syn.Umbra irtyshensis (Sytchevskaya 1968)
Genus Umbra GRONOW 1763 ex (KRAMER ex SCOPOLI 1777) WALBAUM 1792 クロウオ属
    ※+Genus Melanura AGASSIZ 1853 (Type species : Melanura annulata Agassiz 1854)。
    ※≠Genus Umbla CATESBY 1771 [Sphyraenidae]。スペルが違う。
    ※≠Genus Umbla VON RAPP 1854 [Salmonidae]。スペルが違う。
    ※≠Genus Umbra CETTI 1777 [Sciaenidae]。
    ※+Genus Umbra GRONOW 1763 ex (KRAMER ex SCOPOLI 1777) WALBAUM 1792 Sub-Genus Melanura (AGASSIZ 1853) (Type species : Melanura annulata Agassiz 1854)。
Umbra krameri     ※← [Umbriformes GÜNTHER 1866]。=Umbraeformes。
    ※← [Umblini BONAPARTE 1845]。
 Umbra krameri Walbaum 1792
 Umbra limi (Kirtland 1840)
   syn.Hydrargira limi Kirtland 1840
     Melanura annulata Agassiz 1854 non Rafinesque 1818
     Melanura limi (Kirtland 1840) ※=Umbra (Melanura) limi (Kirtland 1840)。
   ※"セントラルマッドミノー"。
   ※記載時はメダカ。
   ※pH6.0〜6.5・17〜22℃。
 Umbra perpusilla (絶滅)
 Umbra praekrameri Weinfurter 1950 (絶滅)
   syn.Palaeoesox praekrameri (Weinfurter 1950)
 Umbra prochazkai Cavender 1969 (絶滅)
 Umbra pygmaea (de Kay 1842)
   syn.Leuciscus pygmaeus de Kay 1842
     Melanura pygmaea (de Kay 1842) ※=Umbra (Melanura) pygmaea (de Kay 1842)。
     Umbra limi pygmaea (de Kay 1842)
   ※pH6.0〜6.5・4〜23℃。
 Umbra umbra "マッドミノー"。
   syn.? Aphyra lacustris
     Cyprinodon umbrus
     Umbra canina
     Umbra krameri pavlovi
     Umbra lucifuga
   ※IUCN Vulnerable  A2c  ver.3.1
   ※ベルン条約U。pH6.0〜6.5・5〜24℃。
 Umbra weileri Martini 1965 (絶滅)


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
(4〜)12〜18(〜24)℃
適性pH
7.0〜7.5
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○
inserted by FC2 system