Tristychiidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【軟骨魚綱】。
*シルル紀〜現代【軟骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、底棲【軟骨魚綱】。
*軟骨、楯鱗【軟骨魚綱】。
*硬骨組織を持たない【軟骨魚綱】。
*鰾を欠く(浮力は肝臓の肝油で調整)【軟骨魚綱】。
*耳石を欠く(平衡砂は存在)【軟骨魚綱】。
*対鼻孔を有する【軟骨魚綱】。
*対鰭を有する【軟骨魚綱】。
*尾鰭は歪尾(上葉に脊柱が進入)【軟骨魚綱】。
*尾鰭上葉は下葉より伸長(例外あり)【軟骨魚綱】。
*ローレンチニ氏管・螺旋弁がある【軟骨魚綱】。
*オス個体の腹鰭部には交接器(クラスパー)が1対ある(例外あり)【軟骨魚綱】。
*卵生、卵胎生、胎生、体内受精【軟骨魚綱】。
*多くが遊泳性に乏しく、底を這う(以前はエイも所属、鰓孔の位置で分離)【ツノザメ上目】。
*世界中【ツノザメ上目】。
*淡水棲、海水棲、底棲、砂潜り、深海棲【ツノザメ上目】。
*発光器を持つ魚種あり【ツノザメ上目】。
*瞬膜を欠く【ツノザメ上目】。
*鰓孔は5〜7、上方から目視可能【ツノザメ上目】。
*噴水孔が発達【ツノザメ上目】。
*背鰭は1〜2基、強い棘条が備わる(例外あり)【ツノザメ上目】。
*石炭紀【トリスティキウス科】。
*淡水棲【トリスティキウス科】。
*小柄60cm【トリスティキウス科】。
*背鰭は大きめ、第2背鰭は尾鰭に切迫【トリスティキウス科】。
*胸鰭・腹鰭も大きい【トリスティキウス科】。
*尾鰭は小さい【トリスティキウス科】。



Family TRISTYCHIIDAE MOY-THOMAS 1936 トリスティキウス科
Ctenacanthoid Sharks (トリスティキウス科魚種)
Tristychiids (トリスティキウス科魚種)


Genus Euphyacanthus TRAQUAIR 1894 エウフィアカントゥス属 (絶滅)
 Euphyacanthus semistriatus Traquair 1894 (絶滅)
   syn.Tristychius semistriatus (Traquair 1894)
Genus Tristychius AGASSIZ 1837 トリスティキウス属 (絶滅)
 Tristychius arcuatus Agassiz 1837 (絶滅)

inserted by FC2 system