Trewavasiidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*体高は低いものが多い【全骨区】。
*軟骨中心(硬骨がこれをカバーする等)【全骨区】。
*全身を硬鱗(円鱗・菱形)が覆う【全骨区】。
*肺(=鰾)による空気呼吸【全骨区】。
*螺旋弁【全骨区】。
*背鰭は1基(例外あり)、基底長は様々【全骨区】。
*尾鰭の歪さが多少解消【全骨区】。



Family TREWAVASIIDAE NURSALL 1996 トレワウァシア科
Trewavasiids (トレワウァシア科魚種)


Genus Ichthyoceros GAYET 1984 イクティオケロス属 (絶滅)
 寸詰まり体型。

◆イクティオケロス・スピノスス (絶滅)
 Ichthyoceros spinosus Gayet 1984
 *1984Ichthyoceros spinosus nov.gen., nov.sp., du Cénomanien Inférieur de Hakel, Liban et Ses Affinités Avec le Genre Trewavasia [Pisces, Pycnodontiformes, Coccodontidae]:Mathilde Gayet』。



Genus Iemanja WENZ 1989 イエマンヤ属 (絶滅)

◆イエマンヤ・パルマ (絶滅)
 Iemanja palma Wenz 1989
 *1989Iemanja palma n.g., n.sp., Gyrodontoidae Nouveau [Pisces, Actinopterygii] du Crétacé Inférieur de la Chapada do Araripe, North-East du Brésil:Sylvie Wenz』。



Genus Trewavasia WHITE & MOY-THOMAS 1941 トレワウァシア属 (絶滅)
   ※≠Genus Trewavasia (VAN DEN AUDENAERDE 1969) [Cichlidae]。
   ※=Genus Xenopholis DAVIS 1887。
   ※≠Genus Xenopholis PETERS 1869 [Dipsadidae, Serpentes, Reptilia]。
   ※=Genus Xenopholoides FOWLER 1958。

◆トレワウァシア・カリナタ (絶滅)
 Trewavasia carinata (Davis 1887)
   syn.Xenopholis carinatus Davis 1887
     Xenopholoides carinatus (Davis 1887)
 *1887『The Fossil Fishes of the Chalk of Mount Lebanon, in Syria:James William Davis』。
 *1941『Notes of the Nomenclature of Fossil Fishes 3, Homonyms M-Z:Errol Ivor White & James Alan Moy-Thomas』。
 *1958『Some New Taxonomic Names of Fishlike Vertebrates:Henry Weed Fowler』。

inserted by FC2 system