Stichopteridae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*硬骨部分より軟骨部分が多い(硬骨から軟骨質化)【軟質区】。
*ガノイン鱗【軟質区】。
*眼球後方に吸水孔【軟質区】。
*腸に螺旋弁【軟質区】。
*軟骨魚類のような歪尾を持つ【軟質区】。



Family STICHOPTERIDAE (GRANDE & BEMIS 1996) スティコプテルス科
Stichopterids (スティコプテルス科魚種)


Genus Stichopterus REIS 1910 スティコプテルス属 (絶滅)
   ※← [Family Peipiaosteidae LIU & ZHOU 1965 Sub-Family Stichopterinae GRANDE & BEMIS 1996]。

◆スティコプテルス・グラキリス (絶滅)
 Stichopterus gracilis (Rohon 1892)
   syn.Opsigonus gracilis Rohon 1892
 *1892『Die Jura-Fische von Ust-Balei in Ost-Sibirien 1890:Josef Victor Rohon』。

◆スティコプテルス・ポポウィ (絶滅)
 Stichopterus popovi Jakovlev ex Afanasyeva, Barsbold, Morosova, Novitskaya, Reshetov, Rosanov, Sysoev, Trofimov & Rasnitsyn 1986
 *1968『Рыбы by В.Н.Яковлевым in Насекомые в раннемеловых экосистемах Западной Монголии:Галина Александровна Афанасьева, Ринченгийн Барсболд, Ираида Павловна Морозова, Лариса Илларионовна Новицкая, Валерий Юрьевич Решетов, Алексей Юрьевич Розанов, В.А.Сысоев, Борис Александрович Трофимов & Александр Павлович Расницын』。

◆スティコプテルス・レイッシ (絶滅)
 Stichopterus reissi Jakovlev ex Menner 1977
 *1977『Phylogenesis of Acipenseriforms in Essays on Phylogeny and Systematics of Fossil Fishes and Agnathans:Vladimir Vasilievich Menner』。
 文献未確認。

◆スティコプテルス・ウォオドワルディ (絶滅)
 Stichopterus woodwardi Reis 1910
 *1910『Die Binnenfauna der Fischschiefer in Transbaikalien:Otto Maria Reis』。

inserted by FC2 system