Sternopygidae, Gymnotiformes、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*鰾と内耳は管・若しくは器官により連絡【ニシン・骨鰾下区】。
*追星を生じる一群が存在【ニシン・骨鰾下区】。
*背鰭は1基【ニシン・骨鰾下区】。
*脂鰭を持たない(例外あり)【ニシン・骨鰾下区】。
*腹鰭は腹位【ニシン・骨鰾下区】。
*白亜紀〜現代【骨鰾上目】。
*世界中【骨鰾上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【骨鰾上目】。
*ウェーベル氏器官(聴覚に関連)の存在【骨鰾上目】。
*体表に微細な角質突起【骨鰾上目】。
*被災個体は警戒フェロモン分泌【骨鰾上目】。
*旧世界・新世界【骨鰾系】。
*淡水棲、汽水域進入性【骨鰾系】。
*ウェーベル氏器官は完全【骨鰾系】。
*追星・若しくは性的2型(例外あり)【骨鰾系】。
*新世界、南半球、南米大陸【電気ウナギ目】。
*淡水棲、多くが底棲、流れを好まない【電気ウナギ目】。
*体高低く殆どが側扁、一部に円筒型【電気ウナギ目】。
*体は装飾もなく靭やか、但し積極的に曲げることはない【電気ウナギ目】。
*体は細長く尾部に向かい狭くなる【電気ウナギ目】。
*発電機能を有し、周徊や採餌・交信・時には防御や攻撃に活用【電気ウナギ目】。
*鰓孔は小さい【電気ウナギ目】。
*背鰭を欠く(例外あり)【電気ウナギ目】。 *腹鰭を欠く【電気ウナギ目】。
*臀鰭基底が非常に長く、開始は喉元に迫る勢い【電気ウナギ目】。
*臀鰭のうねりはスムースなバックを可能にする【電気ウナギ目】。
*肛門は喉部に開く【電気ウナギ目】。
*尾鰭は存在しない・若しくは極小さい【電気ウナギ目】。
*卵生、一部は営巣・保護を行う【電気ウナギ目】。
*骨鰾上目内では最も新しく出現、モルミルス類(オステオグロッスム目)とは縁遠い【電気ウナギ目】。
*体は強く側偏する【ステルノピグス亜目】。
*尾鰭を有するグループあり【ステルノピグス亜目】。
*同系を混泳させると尾部消失【ステルノピグス亜目】。
*生殖突起(−)【ステルノピグス亜目】。
*体は側扁するがやや厚み、休息時も倒れず体勢を保つ傾向【ステルノピグス科】。
*体に透明性、鰓や脊椎・鰾などが可視(例外あり)【ステルノピグス科】。
*両額を細かな櫛状歯が埋める【ステルノピグス科】。
*眼球が大きめで目立つ(眼球径≧鼻孔・眼球間の距離)【ステルノピグス科】。
*臀鰭は峡部より開始【ステルノピグス科】。
*尾部は鞭状【ステルノピグス科】。
*繁殖の際オス個体が電気パルス【ステルノピグス科】。
*卵・仔魚は守らない【ステルノピグス科】。



Family STERNOPYGIDAE COPE 1871 ステルノピグス科
Glass-Knifefishes (ステルノピグス科魚種)
Sternopygids (ステルノピグス科魚種)


Sub-Family Archaeogymnotinae MAGO-LECCIA 1978 原始ギムノトゥス亜科
     ※=Archaeogymnotoidea。
  Genus Humboldtichthys GAYET & MEUNIER 2000 フムボルドティクティス属 (絶滅)
     ※=Genus Ellisella GAYET & MEUNIER 1991。
     ※≠Genus Ellisella GRAY 1858 [Ellisellidae, Alcyonacea, Cnidaria]。
   Humboldtichthys kirschbaumi (Gayet & Meunier 1991) (絶滅)
     syn.Ellisella kirschbaumi Gayet & Meunier 1991
Sub-Family Eigenmanninae MAGO-LECCIA 1978 エイゲンマンニア亜科
  Genus Archolaemus KORRINGA 1970 アルコラエムス属
   Archolaemus blax Korringa 1970
   Archolaemus ferreirai Vari, de Santana & Wosiacki 2012
   Archolaemus janeae Vari, de Santana & Wosiacki 2012
   Archolaemus luciae Vari, de Santana & Wosiacki 2012
   Archolaemus orientalis Vari, de Santana & Wosiacki 2012
   Archolaemus santosi Vari, de Santana & Wosiacki 2012
  Genus Distocyclus MAGO-LECCIA 1978 ディストキクルス属
   Distocyclus conirostris (Eigenmann & Allen 1942) "イエローナイフ"。
     syn.Eigenmannia conirostris Eigenmann & Allen 1942
     ※IUCN Least Concern ver.3.1
   Distocyclus goajirus
     syn.Eigenmannia goajira
     ※ゴジラ?
   Distocyclus guchereauae Meunier, Jégu & Keith 2014
  Genus Eigenmannia JORDAN & EVERMANN 1896 エイゲンマンニア属
     ※=Genus Cryptops EIGENMANN 1894。
     ※≠Genus Cryptops HARDENBERG 1931 [Soleidae]。
     ※≠Genus Cryptops LEACH 1815 [Cryptopidae, Chilopoda, Arthropoda]。
     ※≠Genus Cryptops SCHOENHERR 1823 [Brachyceridae, Coleoptera, Insecta]。
     ※≠Genus Cryptops SOLIER 1851 [Tenebrionidae, Coleoptera, Insecta]。
   Eigenmannia besouro Peixoto & Wosiacki 2016
   Eigenmannia correntes da Paz & Queiroz 2017
   Eigenmannia humboldtii (Steindachner 1878)
     syn.Sternopygus humboldtii Steindachner 1878
   Eigenmannia limbata
     syn.Sternopygus limbatus
   Eigenmannia macrops
     syn.Sternopygus macrops
   Eigenmannia meeki Dutra, de Santana & Wosiacki 2017
   Eigenmannia microstoma
     syn.Sternopygus microstomus
   Eigenmannia nigra
   Eigenmannia sayona Peixoto & Waltz 2017
   Eigenmannia trilineata
   Eigenmannia vicentespelaea
   Eigenmannia virescens
     syn.Eigenmannia lineata
       Sternachus virescens
       Sternopygus lineatus
       Sternopygus tumifrons
     ※"グラスナイフ"・"グリーンナイフ"。
     ※pH6.0〜7.0・(18〜)20〜30℃。
     ※雌雄のサイズはオス個体45cm・メス個体25cm、大型の個体は全てオス。
  Genus Japigny MEUNIER, JÉGU & KEITH 2011 ヤピングニ属
   Japigny kirschbaa Meunier, Jégu & Keith 2011
  Genus Rhabdolichops EIGENMANN & ALLEN 1942 ラブドリコプス属
     ※+Genus Guichthys FERNÁNDEZ-YÉPEZ 1968 (Type species : Guichthys caviceps Fernández-Yépez 1968)。
   Rhabdolichops caviceps (Fernández-Yépez 1968)
     syn.Guichthys caviceps Fernández-Yépez 1968
   Rhabdolichops eastwardi
   Rhabdolichops electrogrammus
   Rhabdolichops jegui
   Rhabdolichops lundbergi
   Rhabdolichops navalhus
   Rhabdolichops nigrimans
   Rhabdolichops stewarti
   Rhabdolichops troscheli (Kaup 1856) "ショートヘッドナイフ"。
     syn.Rhabdolichops longicaudatus Eigenmann & Allen 1942
         ※模式種、但し先に記載された Sternopygus troscheli Kaup 1856 に統合。
       Sternopygus axillaris Günther 1868
       Sternopygus troscheli Kaup 1856
   Rhabdolichops zareti
Sub-Family Sternopyginae COPE 1871 ステルノピグス亜科
  Genus Sternopygus MÜLLER & TROSCHEL 1849 ステルノピグス属
     ※=Genus Carapo OKEN 1817。スペルミス。
     ※=Genus Carapus CUVIER 1817。
     ※≠Genus Carapus RAFINESQUE 1810 [Carapidae]。
     ※+Genus Gymnotes GILL 1864 (Type species : Gymnotus aequilabiatus Humboldt 1805)。
     ※+Genus Hildatia FERNÁNDEZ-YÉPEZ 1968 (Type species : Hildatia brasiliensis Fernández-Yépez 1968)。
     ※← [Carapini BONAPARTE 1850]。
     ※← [Sternopygia GAYET, MEUNIER & KIRSCHBAUM 1994]。
     ※← [Sternoygoidea GAYET, MEUNIER & KIRSCHBAUM 1994]。
     ※透明性は低い。
   Sternopygus aequilabiatus
     syn.Gymnotes aequilabiatus (Humboldt 1805)
       Gymnotus aequilabiatus Humboldt 1805
       Sternopygus aequilabiatus dariensis (Meek & Hildebrand 1916)
       Sternopygus dariensis Meek & Hildebrand 1916
     ※IUCN Least Concern ver.3.1
   Sternopygus arenatus
     syn.Carapus arenatus
       Sternopygus aequilabiatus arenatus
   Sternopygus astrabes
   Sternopygus branco
   Sternopygus castroi
   Sternopygus macrurus (Bloch & Schneider 1801)
     syn.Carapo macrurus (Bloch & Schneider 1801)
       Carapus macrurus (Bloch & Schneider 1801)
       ? Carapus sanguinolentus de Castelnau 1855
       Gymnotus macrurus Bloch & Schneider 1801
       Hildatia brasiliensis Fernández-Yépez 1968
       Sternopygus marcgravii Reinhardt 1852
     ※"バリアブルゴースト"・"ロングテールナイフ"。
     ※pH6.0〜6.5・22〜28℃。
     ※繁殖期は雨期開始前後。
   Sternopygus obtusirostris
     ※pH3.0〜6.0。
   Sternopygus pejeraton
     syn.Sternopygus aequilabiatus pejeraton
   Sternopygus xingu


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
25〜28℃
適性pH
6.5〜7.0
混泳
混泳同種・同型=× 混泳異種・異型=△〜○
inserted by FC2 system