Sternopygidae, Gymnotiformes、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*鰾と内耳は管・若しくは器官により連絡【ニシン・骨鰾下区】。
*追星を生じる一群が存在【ニシン・骨鰾下区】。
*背鰭は1基【ニシン・骨鰾下区】。
*脂鰭を持たない(例外あり)【ニシン・骨鰾下区】。
*腹鰭は腹位【ニシン・骨鰾下区】。
*白亜紀〜現代【骨鰾上目】。
*世界中【骨鰾上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【骨鰾上目】。
*ウェーベル氏器官(聴覚に関連)の存在【骨鰾上目】。
*体表に微細な角質突起【骨鰾上目】。
*被災個体は警戒フェロモン分泌【骨鰾上目】。
*旧世界・新世界【骨鰾系】。
*淡水棲、汽水域進入性【骨鰾系】。
*ウェーベル氏器官は完全【骨鰾系】。
*追星・若しくは性的2型(例外あり)【骨鰾系】。
*新世界、南半球、南米大陸【電気ウナギ目】。
*淡水棲、多くが底棲、流れを好まない【電気ウナギ目】。
*体高低く殆どが側扁、一部に円筒型【電気ウナギ目】。
*体は装飾もなく靭やか、但し積極的に曲げることはない【電気ウナギ目】。
*体は細長く尾部に向かい狭くなる【電気ウナギ目】。
*発電機能を有し、周徊や採餌・交信・時には防御や攻撃に活用【電気ウナギ目】。
*鰓孔は小さい【電気ウナギ目】。
*背鰭を欠く(例外あり)【電気ウナギ目】。 *腹鰭を欠く【電気ウナギ目】。
*臀鰭基底が非常に長く、開始は喉元に迫る勢い【電気ウナギ目】。
*臀鰭のうねりはスムースなバックを可能にする【電気ウナギ目】。
*肛門は喉部に開く【電気ウナギ目】。
*尾鰭は存在しない・若しくは極小さい【電気ウナギ目】。
*卵生、一部は営巣・保護を行う【電気ウナギ目】。
*骨鰾上目内では最も新しく出現、モルミルス類(オステオグロッスム目)とは縁遠い【電気ウナギ目】。
*体は強く側偏する【ステルノピグス亜目】。
*尾鰭を有するグループあり【ステルノピグス亜目】。
*同系を混泳させると尾部消失【ステルノピグス亜目】。
*生殖突起(−)【ステルノピグス亜目】。
*体は側扁するがやや厚み、休息時も倒れず体勢を保つ傾向【ステルノピグス科】。
*体に透明性、鰓や脊椎・鰾などが可視(例外あり)【ステルノピグス科】。
*両額を細かな櫛状歯が埋める【ステルノピグス科】。
*眼球が大きめで目立つ(眼球径≧鼻孔・眼球間の距離)【ステルノピグス科】。
*臀鰭は峡部より開始【ステルノピグス科】。
*尾部は鞭状【ステルノピグス科】。
*繁殖の際オス個体が電気パルス【ステルノピグス科】。
*卵・仔魚は守らない【ステルノピグス科】。



Family STERNOPYGIDAE COPE 1871 ステルノピグス科
Glass-Knifefishes (ステルノピグス科魚種)
Sternopygids (ステルノピグス科魚種)


Sub-Family Archaeogymnotinae MAGO-LECCIA 1978 原始ギムノトゥス亜科
     ※=Archaeogymnotoidea。
  Genus Humboldtichthys GAYET & MEUNIER 2000 フムボルドティクティス属 (絶滅)
     ※=Genus Ellisella GAYET & MEUNIER 1991。
     ※≠Genus Ellisella GRAY 1858 [Ellisellidae, Alcyonacea, Cnidaria]。
   Humboldtichthys kirschbaumi (Gayet & Meunier 1991) (絶滅)
     syn.Ellisella kirschbaumi Gayet & Meunier 1991
Sub-Family Eigenmanninae MAGO-LECCIA 1978 エイゲンマンニア亜科
  Genus Archolaemus KORRINGA 1970 アルコラエムス属
   Archolaemus blax Korringa 1970
   Archolaemus ferreirai Vari, de Santana & Wosiacki 2012
   Archolaemus janeae Vari, de Santana & Wosiacki 2012
   Archolaemus luciae Vari, de Santana & Wosiacki 2012
   Archolaemus orientalis Vari, de Santana & Wosiacki 2012
   Archolaemus santosi Vari, de Santana & Wosiacki 2012
  Genus Distocyclus MAGO-LECCIA 1978 ディストキクルス属
   Distocyclus conirostris (Eigenmann & Allen 1942) "イエローナイフ"。
     syn.Eigenmannia conirostris Eigenmann & Allen 1942
     ※IUCN Least Concern ver.3.1
   Distocyclus goajirus
     syn.Eigenmannia goajira
     ※ゴジラ?
  Genus Eigenmannia JORDAN & EVERMANN 1896 エイゲンマンニア属
     ※=Genus Cryptops EIGENMANN 1894。
     ※≠Genus Cryptops HARDENBERG 1931 [Soleidae]。
     ※≠Genus Cryptops LEACH 1815 [Cryptopidae, Chilopoda, Arthropoda]。
     ※≠Genus Cryptops SCHOENHERR 1823 [Brachyceridae, Coleoptera, Insecta]。
     ※≠Genus Cryptops SOLIER 1851 [Tenebrionidae, Coleoptera, Insecta]。
   Eigenmannia besouro Peixoto & Wosiacki 2016
   Eigenmannia correntes da Paz & Queiroz 2017
   Eigenmannia humboldtii (Steindachner 1878)
     syn.Sternopygus humboldtii Steindachner 1878
   Eigenmannia limbata
     syn.Sternopygus limbatus
   Eigenmannia macrops
     syn.Sternopygus macrops
   Eigenmannia microstoma
     syn.Sternopygus microstomus
   Eigenmannia nigra
   Eigenmannia trilineata
   Eigenmannia vicentespelaea
   Eigenmannia virescens
     syn.Eigenmannia lineata
       Sternachus virescens
       Sternopygus lineatus
       Sternopygus tumifrons
     ※"グラスナイフ"・"グリーンナイフ"。
     ※pH6.0〜7.0・(18〜)20〜30℃。
     ※雌雄のサイズはオス個体45cm・メス個体25cm、大型の個体は全てオス。
  Genus Japigny MEUNIER, JÉGU & KEITH 2011 ヤピングニ属
   Japigny kirschbaa Meunier, Jégu & Keith 2011
  Genus Rhabdolichops EIGENMANN & ALLEN 1942 ラブドリコプス属
     ※+Genus Guichthys FERNÁNDEZ-YÉPEZ 1968 (Type species : Guichthys caviceps Fernández-Yépez 1968)。
   Rhabdolichops caviceps (Fernández-Yépez 1968)
     syn.Guichthys caviceps Fernández-Yépez 1968
   Rhabdolichops eastwardi
   Rhabdolichops electrogrammus
   Rhabdolichops jegui
   Rhabdolichops lundbergi
   Rhabdolichops navalhus
   Rhabdolichops nigrimans
   Rhabdolichops stewarti
   Rhabdolichops troscheli (Kaup 1856) "ショートヘッドナイフ"。
     syn.Rhabdolichops longicaudatus Eigenmann & Allen 1942
         ※模式種、但し先に記載された Sternopygus troscheli Kaup 1856 に統合。
       Sternopygus axillaris Günther 1868
       Sternopygus troscheli Kaup 1856
   Rhabdolichops zareti
Sub-Family Sternopyginae COPE 1871 ステルノピグス亜科
  Genus Sternopygus MÜLLER & TROSCHEL 1849 ステルノピグス属
     ※=Genus Carapo OKEN 1817。スペルミス。
     ※=Genus Carapus CUVIER 1817。
     ※≠Genus Carapus RAFINESQUE 1810 [Carapidae]。
     ※+Genus Gymnotes GILL 1864 (Type species : Gymnotus aequilabiatus Humboldt 1805)。
     ※+Genus Hildatia FERNÁNDEZ-YÉPEZ 1968 (Type species : Hildatia brasiliensis Fernández-Yépez 1968)。
     ※← [Carapini BONAPARTE 1850]。
     ※← [Sternopygia GAYET, MEUNIER & KIRSCHBAUM 1994]。
     ※← [Sternoygoidea GAYET, MEUNIER & KIRSCHBAUM 1994]。
     ※透明性は低い。
   Sternopygus aequilabiatus
     syn.Gymnotes aequilabiatus (Humboldt 1805)
       Gymnotus aequilabiatus Humboldt 1805
       Sternopygus aequilabiatus dariensis (Meek & Hildebrand 1916)
       Sternopygus dariensis Meek & Hildebrand 1916
     ※IUCN Least Concern ver.3.1
   Sternopygus arenatus
     syn.Carapus arenatus
       Sternopygus aequilabiatus arenatus
   Sternopygus astrabes
   Sternopygus branco
   Sternopygus castroi
   Sternopygus macrurus (Bloch & Schneider 1801)
     syn.Carapo macrurus (Bloch & Schneider 1801)
       Carapus macrurus (Bloch & Schneider 1801)
       ? Carapus sanguinolentus de Castelnau 1855
       Gymnotus macrurus Bloch & Schneider 1801
       Hildatia brasiliensis Fernández-Yépez 1968
       Sternopygus marcgravii Reinhardt 1852
     ※"バリアブルゴースト"・"ロングテールナイフ"。
     ※pH6.0〜6.5・22〜28℃。
     ※繁殖期は雨期開始前後。
   Sternopygus obtusirostris
     ※pH3.0〜6.0。
   Sternopygus pejeraton
     syn.Sternopygus aequilabiatus pejeraton
   Sternopygus xingu


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
25〜28℃
適性pH
6.5〜7.0
混泳
混泳同種・同型=× 混泳異種・異型=△〜○
inserted by FC2 system