Stegostomatidae、おさかなマガジン 分類トップ

Stegostoma_fasciatum.jpg(72717 byte)
*世界中【軟骨魚綱】。
*シルル紀〜現代【軟骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、底棲【軟骨魚綱】。
*軟骨、楯鱗【軟骨魚綱】。
*硬骨組織を持たない【軟骨魚綱】。
*鰾を欠く(浮力は肝臓の肝油で調整)【軟骨魚綱】。
*耳石を欠く(平衡砂は存在)【軟骨魚綱】。
*対鼻孔を有する【軟骨魚綱】。
*対鰭を有する【軟骨魚綱】。
*尾鰭は歪尾(上葉に脊柱が進入)【軟骨魚綱】。
*尾鰭上葉は下葉より伸長(例外あり)【軟骨魚綱】。
*ローレンチニ氏管・螺旋弁がある【軟骨魚綱】。
*オス個体の腹鰭部には交接器(クラスパー)が1対ある(例外あり)【軟骨魚綱】。
*卵生、卵胎生、胎生、体内受精【軟骨魚綱】。
*世界中【ネズミザメ上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、底棲、深海棲、砂潜り【ネズミザメ上目】。
*紡錘形から円筒形、扁平まで【ネズミザメ上目】。
*鰓孔(5)は側面、上方から目視可能【ネズミザメ上目】。
*海水棲【オオセ目】。
*背鰭は2基+胸鰭+腹鰭+臀鰭+尾鰭【オオセ目】。
*口は前方に小さく開く【オオセ目】。
*鰓孔は5、4番目が胸鰭にかかる【オオセ目】。
*海水棲、底棲、汽水域進入性(フィリピンから淡水域からの捕獲例がある)【トラフザメ科】。
*ヒゲがある【トラフザメ科】。
*第1背鰭の基底は腹鰭より前方、第2背鰭の基底は臀鰭よりも前方【トラフザメ科】。
*第1背鰭と第2背鰭は連続する【トラフザメ科】。
*卵生【トラフザメ科】。



Family STEGOSTOMATIDAE GILL 1862 トラフザメ科
Stegostomatids (トラフザメ科魚種)
Whale-Sharks (トラフザメ科魚種)


Genus Eostegostoma HERMAN & CROCHARD 1977 エオステゴストマ属 (絶滅)
 Eostegostoma angustum (Nolf & Taverne ex Herman 1977) (絶滅)
   syn.Ginglymostoma angustum Nolf & Tavern ex Herman 1977
Genus Stegostoma MÜLLER & HENLE 1837 トラフザメ属
 Stegostoma fasciatum (Hermann 1783) トラフザメ
   syn.Scyllia quinquecornuata van Hasselt 1823
     Scyllium heptagonum Rüppell 1837
     Squalus cirrosus Gronow 1854
     Squalus fasciatus Bloch 1785 non Hermann 1783
        ※模式種、但し先に記載された Squalus fasciatus Hermann 1783 に統合。
トラフザメ      Squalus fasciatus Hermann 1783 non Bloch 1785
     Squalus longicaudus Gmelin 1789
     ? Squalus pantherinus Kuhl & van Hasselt 1852
     ? Squalus tigrinus Forster 1781
     ? Squalus varius Seba 1759
     Stegostoma carinatum Blyth 1847
     ? Stegostoma tigrinum (Forster 1781)
     Stegostoma tigrinum naucum Whitley 1939
     Stegostoma varium Garman 1913
   ※26〜29℃。
   ※襲撃記録。IUCN Vulnerable  A2abcd+3cd+4abcd  ver.3.1
   ※情報不足(2017年版)


観賞目的の流通
定番 あり 稀 
商業的養殖
 ×
水槽内繁殖
容易 普通 難(記録あり) 不可・不明
水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
25〜26℃
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○
inserted by FC2 system