Squatinactididae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【軟骨魚綱】。
*シルル紀〜現代【軟骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、底棲【軟骨魚綱】。
*軟骨、楯鱗【軟骨魚綱】。
*硬骨組織を持たない【軟骨魚綱】。
*鰾を欠く(浮力は肝臓の肝油で調整)【軟骨魚綱】。
*耳石を欠く(平衡砂は存在)【軟骨魚綱】。
*対鼻孔を有する【軟骨魚綱】。
*対鰭を有する【軟骨魚綱】。
*尾鰭は歪尾(上葉に脊柱が進入)【軟骨魚綱】。
*尾鰭上葉は下葉より伸長(例外あり)【軟骨魚綱】。
*ローレンチニ氏管・螺旋弁がある【軟骨魚綱】。
*オス個体の腹鰭部には交接器(クラスパー)が1対ある(例外あり)【軟骨魚綱】。
*卵生、卵胎生、胎生、体内受精【軟骨魚綱】。
*体は側扁、若しくは紡錘形【全頭亜綱】。
*背鰭1〜2基【全頭亜綱】。
*尾鰭の形状は様々、現生種では尾部は細まりしばしば糸状【全頭亜綱】。
*櫛鱗は側線部のみに分布(例外あり)【全頭亜綱】。
*底棲【スクアティナクティス科】。
*体は扁平、頭部はカスザメやトビエイに似る鈍角【スクアティナクティス科】。
*胸鰭は幅広く大きい【スクアティナクティス科】。
*尾部は鞭状、毒棘を有する【スクアティナクティス科】。



Family SQUATINACTIDIDAE CAPPETTA, DUFFIN & ZIDEK 1993 スクアティナクティス科
Squatinactidids (スクアティナクティス科魚種)
Squatinactids (スクアティナクティス科魚種)


Genus Squatinactis LUND & ZANGERL 1974 スクアティナクティス属 (絶滅)

◆スクアティナクティス・カウディスピナタ (絶滅)
 Squatinactis caudispinata Zangerl & Lund 1974
 『Squatinactis caudispinatus, a New Elasmobranch From the Upper Mississippian of Montana:Rainer Zangerl & Richard Lund (1974)』。

◆スクアティナクティス・グラブラ (絶滅)
 Squatinactis glabra (Ginter 1999)
   syn.Symmorium glabrum Ginter 1999
 『Famennian-Tournaisian Chondrichthyan Microremains from the Eastern Thuringian Slate Mountains:Michał Ginter (1999)』。

◆スクアティナクティス・モンタナ (絶滅)
 Squatinactis montana Lund & Zangerl 1974
 『Squatinactis montanus, a New Elasmobranch from the Upper Mississippian of Montana:Richard Lund & Rainer Zangerl (1974)』。

inserted by FC2 system