Sinipercidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*世界中【スズキ系】。
*淡水〜汽水〜海水域【スズキ系】。
*体は側扁(例外有り)【スズキ系】。
*下尾軸骨5以下【スズキ系】。
*櫛鱗【スズキ系】。
*尾鰭を除く非対鰭に棘(例外有り)【スズキ系】。
*腹鰭棘条1+軟条は6以下【スズキ系】。
*卵生・卵胎生【スズキ系】。
*旧世界〜新世界【スズキ目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【スズキ目】。
*体は側偏するものが多い【スズキ目】。
*上顎は前上顎骨で縁取り【スズキ目】。
*鰾に気道無し【スズキ目】。
*背鰭と臀鰭に棘【スズキ目】。
*腹鰭にも1棘【スズキ目】。
*円鱗・櫛鱗【スズキ目】。
*背鰭と臀鰭に棘【スズキ目】。
*腹鰭にも1棘【スズキ目】。
*円鱗・櫛鱗【スズキ目】。
*眼球は大きい【スズキ亜目】。
*口は大きい(例外有り)【スズキ亜目】。
*旧大陸〜新大陸【オヤニラミ科】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【オヤニラミ科】。
*主鰓蓋骨に2棘【オヤニラミ科】。
*側線は完全【オヤニラミ科】。
*背鰭は1基・魚種により欠刻【オヤニラミ科】。
*腹鰭は胸位【オヤニラミ科】。
*臀鰭に2〜3棘【オヤニラミ科】。
*尾鰭は截形【オヤニラミ科】。
*卵生【オヤニラミ科】。



Family SINIPERCIDAE (JORDAN & RICHARDSON 1910) ケツギョ科
Mandarin-Fishes (ケツギョ属魚種)
Sinipercids (ケツギョ科魚種)


Genus Coreoperca HERZENSTEIN 1896 オヤニラミ属
   ※+Genus Brittosus JORDAN, TANAKA & SNYDER 1913 (Type species : Serranus kawamebari Temminck & Schlegel 1842)。
   ※+Genus Bryttosus JORDAN & SNYDER 1900 (Type species : Serranus kawamebari Temminck & Schlegel 1842)。
 オス個体が卵を守る。Sinipercidae。

コウライオヤニラミ
 Coreoperca herzi Herzenstein 1896

オヤニラミ
 Coreoperca kawamebari (Temminck & Schlegel 1842)
   syn.Brittosus kawamebari (Temminck & Schlegel 1842)
     Bryttosus kawamebari (Temminck & Schlegel 1842)
     Serranus kawa-mebari Temminck & Schlegel 1842
 *1850『Fauna Japonica, Sive Descriptio Animalium, quas in Itinere per Japoniam, Jussu et Auspiciis Superiorum, qui Summum in India Batavia Imperium Tenent Suscepto, Annis 1823-1830 Collegit, Notis Observationibus et Adumbrationibus Illustrabit 2, Pisces:Philipp Franz Balthazar von Siebold』。
 "カワメバル"。環絶滅危惧IB類(EN)・指定希少野生動植物(香川)・侵略的外来生物指定(愛媛)。絶滅危惧(京都)・Bランク(兵庫)・情報不足DD(鳥取)・絶滅危惧I類CR+EN(島根)・※絶滅危惧II類(岡山)・絶滅危惧II類VU(広島)・絶滅危惧I類(香川)・準絶滅危惧(福岡)・絶滅危惧II類VU(熊本)・準絶滅危惧(大分)。滋賀県指定外来種。


 Coreoperca liui Cao & Liang 2013


 Coreoperca loona
 "大陸オヤニラミ"。

イキムカシオヤニラミ (絶滅)
 Coreoperca maruoi Yabumoto & Uyeno 2009
 *2009Coreoperca maruoi, a New Species of Freshwater Percoid Fish from the Miocene of Iki Island, Nagasaki, Japan:Yoshitaka Yabumoto & Teruya Uyeno』。
 *2019『日本の中生代・新生代硬骨魚類化石、日本の博物館所蔵の主な魚類化石と研究の可能性について:籔本美孝』。


 Coreoperca whiteheadi
 *2020『湖南魚類原色図譜:廖伏初/李鴻/楊鑫/袁希平/蒋国民/梁志強/伍遠安』。
 "ホワイトヘッドオヤニラミ"。汽水域進入性。



Genus Inabaperca YABUMOTO & UYENO 2000 イナバケツギョ属 (絶滅)

イナバケツギョ (絶滅)
 Inabaperca taniurai Yabumoto & Uyeno 2000
 *2000『鳥取県中新統産出のスズキ目 [スズキ亜目] 魚類の新属・新種 Inabaperca taniurai:薮本好孝/上野輝彌』。
 →鳜魚。



Genus Siniperca GILL 1862 ケツギョ属
   ※+Genus Acroperca MYERS 1933 (Type species : Siniperca roulei Wu 1930)。
   ※+Genus Actenolepis DYBOWSKI 1872 (Type species : Actenolepis ditmarii Dybowski 1872)。
   ※+Genus Coreosiniperca (FANG & CHONG 1932) (Type species : Siniperca roulei Wu 1930)。
   ※+Genus Siniperca GILL 1862 Sub-Genus Coreosiniperca FANG & CHONG 1932 (Type species : Siniperca roulei Wu 1930)。
   ※+Genus Plectroperca PETERS 1864 (Type species : Plectroperca berendtii Peters 1864)。
   ※← [Sub-Family Sinipercinae JORDAN & RICHARDSON 1910]。
 "鳜魚"。未判定外来生物指定(2種除く)。


ケツギョ
 Siniperca chuatsi (Basilewsky 1855)
   syn.Actenolepis ditmarii Dybowski 1872
     Perca Chua-Tsi Basilewsky 1855
     Plectroperca berendtii Peters 1864
 *2020『湖南魚類原色図譜:廖伏初/李鴻/楊鑫/袁希平/蒋国民/梁志強/伍遠安』。
 "シナスズキ"・"マンダリンフィッシュ(海外)"。特定外来生物



 Siniperca fortis
 "麻鳜魚"。

イキムカシケツギョ (絶滅)
 Siniperca ikikoku Yabumoto 2020
 *2020Siniperca ikikoku, a New Species of Freshwater Percoid Fish from the Miocene of Iki Island, Nagasaki, Japan:Yoshitaka Yabumoto』。


 Siniperca knerii
 *2020『湖南魚類原色図譜:廖伏初/李鴻/楊鑫/袁希平/蒋国民/梁志強/伍遠安』。
 "大眼鳜魚"。汽水域進入性。


 Siniperca liuzhouensis
 "柳州鳜魚"。


 Siniperca obscura
   syn.Siniperca yunkiansensis
 *2020『湖南魚類原色図譜:廖伏初/李鴻/楊鑫/袁希平/蒋国民/梁志強/伍遠安』。
 "小鱗暗色鳜魚"。


 Siniperca roulei Wu 1930
   syn.Acroperca roulei (Wu 1930)
     Coreosiniperca roulei (Wu 1930)
 *2020『湖南魚類原色図譜:廖伏初/李鴻/楊鑫/袁希平/蒋国民/梁志強/伍遠安』。
 "ロール鳜魚"・"カジカ鳜魚"。

コウライケツギョ
 Siniperca scherzeri
   syn.Siniperca kichuani
     Siniperca scherzeri chui
     Siniperca scherzeri kwangsiensis
     Siniperca scherzeri kichuani
 *2020『湖南魚類原色図譜:廖伏初/李鴻/楊鑫/袁希平/蒋国民/梁志強/伍遠安』。
 汽水域進入性。特定外来生物


 Siniperca undulata
 *2020『湖南魚類原色図譜:廖伏初/李鴻/楊鑫/袁希平/蒋国民/梁志強/伍遠安』。
 "波紋鳜魚"。


 Siniperca vietnamensis
   syn.Siniperca chuatsi vietnamensis
     Siniperca robusta
 "ベトナム鳜魚"。

◆シニペルカ・ウシアンゲンシス (絶滅)
 Siniperca wusiangensis Liu & Su 1962
 *1962『山西楡社盆地上新世魚類:劉憲亭/蘇コ造』。


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
20〜24℃
適性pH
7.0〜8.0
混泳
混泳同種・同型=×〜△ 混泳異種・異型=△〜○
備考
特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律
該当魚種あり

inserted by FC2 system