Sillagoinidae、おさかなマガジン 分類トップ


*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*世界中【スズキ系】。
*淡水〜汽水〜海水域【スズキ系】。
*体は側扁(例外有り)【スズキ系】。
*下尾軸骨5以下【スズキ系】。
*櫛鱗【スズキ系】。
*尾鰭を除く非対鰭に棘(例外有り)【スズキ系】。
*腹鰭棘条1+軟条は6以下【スズキ系】。
*卵生・卵胎生【スズキ系】。
*旧世界〜新世界【スズキ目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【スズキ目】。
*体は側偏するものが多い【スズキ目】。
*上顎は前上顎骨で縁取り【スズキ目】。
*鰾に気道無し【スズキ目】。
*背鰭と臀鰭に棘【スズキ目】。
*腹鰭にも1棘【スズキ目】。
*円鱗・櫛鱗【スズキ目】。
*背鰭と臀鰭に棘【スズキ目】。
*腹鰭にも1棘【スズキ目】。
*円鱗・櫛鱗【スズキ目】。
*太平洋〜インド洋【キス科】。
*海水棲、汽水域進入性【キス科】。
*体高低く細長い円筒【キス科】。
*吻端は尖る【キス科】。
*口は小さめ【キス科】。
*背鰭は2基、棘条10〜13+軟条16〜27【キス科】。
*臀鰭基底は長く、棘上2+軟条14〜26【キス科】。
*尾鰭は湾入・2叉【キス科】。
*卵生【キス科】。



Family SILLAGONIDAE RICHARDSON 1846 キス科
Sillagids (キス科魚種)
Sillaginids (キス科魚種)
Sillagonids (キス科魚種)
Sillagos (キス科魚種)
Smelt-Whitings (キス科魚種)


Genus Sillaginodes GILL 1861 ダイオウギス属
   ※+Genus Isosillago MACLEAY 1878 (Type species : Isosillago maculatus Macleay 1878)。
 Sillaginodes punctatus (Cuvier 1829) ダイオウギス
   syn.Isosillago maculatus Macleay 1878
     Sillago punctatus Cuvier 1829
   ※汽水域進入性。
Genus Sillaginopodys (FOWLER 1933) シルラギノポディス属
   ※=Genus Sillago CUVIER 1816 Sub-Genus Sillaginopodys FOWLER 1933。
 Sillaginopodys chondropa (Bleeker 1849) "クラブフットシラゴ"。
   syn.Sillago chondropus Bleeker 1849
   ※汽水域進入性。
Genus Sillaginops KAGA 2013 アクトギス属
 Sillaginops macrolepis (Bleeker 1858) アクトギス
   syn.Sillago macrolepis Bleeker 1858
   ※淡水・汽水域進入性。環絶滅危惧IB類(EN)
Genus Sillaginopsis GILL 1861 イトヒキギス属
   ※+Genus Sillaginichthys BLEEKER 1874 (Type specie : Sillago dominus Cuvier 1829)。
   ※← [Sub-Family Sillaginopsinae FOWLER 1933]。
   ※第1背鰭の鰭条が著しく伸長。
 Sillaginopsis panija (Hamilton 1822) イトヒキギス
   syn.Cheilodipterus panijus Hamilton 1822
     Sillaginichthys dominus (Cuvier 1829)
     Sillaginopsis domina (Cuvier 1829)
     Sillago dominus Cuvier 1829
       ※模式種、但し先に記載された Cheilodipterus panijus Hamilton 1822 に統合。
     Sillago panijus (Hamilton 1822)
   ※淡水・汽水域進入性。
Genus Sillago CUVIER 1816 キス属
   ※+Genus Parasillago (MCKAY 1985) (Type specie : Sillago ciliatus Cuvier 1829)。
   ※≠Genus Platycephalus BLOCH 1795 [Platycephalidae]。
   ※+Genus Platycephalus BLOCH & SCHNEIDER 1801。
   ※≠Genus Platycephalus MIRANDA-RIBEIRO 1902 [Centropomidae]。
   ※+Genus Sillago CUVIER 1816 Sub-Genus Parasillago MCKAY 1985 (Type specie : Sillago ciliatus Cuvier 1829)。
   ※記載時は女性名詞。
 Sillago aeolus Jordan & Evermann 1902 ホシギス
 Sillago analis Whitley 1943 "豪州キンセンギス"。
   ※汽水域進入性。
 Sillago arabicus "アラビアギス"。
 Sillago argentifasciatus "ギンセンギス(フィリピン)"。
 Sillago asiaticus "アジアギス"。
 Sillago attenuatus "スレンダーシラゴ"。
 Sillago bassensis "豪州西部スクールシラゴ"。
   ※分布は南部。
 Sillago boutani "ブータンギス"。
 Sillago burrus "豪州西部トランペットシラゴ"。
   ※汽水域進入性。分布は北部。
 Sillago campbellensis Schwarzhans 1985 (絶滅)
 Sillago caudiculus Kaga, Imamura & Nakaya 2010
 Sillago ciliatus Cuvier 1829 "サンドシラゴ"。
   syn.Parasillago ciliatus (Cuvier 1829)
     Sillago ciliatus diadoi (Thiollière 1857)
     Sillago diadoi Thiollière 1857
     Sillago insularis de Castelnau 1873
     Sillago terraereginae de Castelnau 1878
   ※汽水域進入性。
 Sillago flindersi "フリンダーシラゴ"。
   syn.Sillago bassensis flindersi
 Sillago hassovicus (Koken 1891) (絶滅) ※→Sillago schwarzhansi Steurbaut 1984。
   syn.Otolithus (Genus incertae sedis) hassovicus Koken 1891
 Sillago indicus "インドギス"。
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
 Sillago ingenuuus "ベイシラゴ"。
 Sillago intermedius "インターメディアシラゴ"。
 Sillago japonicus シロギス
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Sillago luteus "マッドシラゴ"。
 Sillago maculatus
   syn.Sillago gracilis
   ※汽水域進入性。本州の分布は豪州、他の地域の報告は懐疑的とされる。我が国の分布はない。
 Sillago mckayi Schwarzhans 1985 (絶滅)
 Sillago megacephalus "ラージヘッドシラゴ"。
 Sillago microps "スモールアイシラゴ"。
 Sillago nierstraszi "ラフシラゴ"。
 Sillago panhwari Panhwar, Farooq, Qamar, Shaikh & Mairaj 2017
 Sillago parvisquamis アオギス・"ヤギス"。
   ※汽水域進入性。環絶滅危惧IA類(CR)
   ※消息不明/絶滅生物X(千葉)・絶滅危惧I類CR+EN(和歌山)・絶滅危I類(徳島)。
   ※絶滅危惧II類(大分)・絶滅危惧I類(鹿児島)。
 Sillago pliocaenicus Stinton 1952 (絶滅)
 Sillago punctatus Cuvier 1962 (絶滅)
 Sillago rectus Schwarzhans 1980 (絶滅)
 Sillago robustus "ストウトシラゴ"。
   syn.Sillago auricomis
 Sillago schomburgkii "豪州キビレギス"。
   syn.Sillago bostockii
     Sillago fraseri
   ※汽水域進入性。
 Sillago schwarzhansi Steurbaut 1984 (絶滅)
 Sillago sihamus (Forsskål 1775) モトギス
   syn.Atherina sihama Forsskål 1775 non Bloch & Schneider 1801
     Platycephalus sihamus Bloch & Schneider 1801 non Forsskål 1775
     Platycephalus sihamus (Forsskål 1775)
     Sciaena malabarica Bloch & Schneider 1801
     Sillago acutus Cuvier 1816
       ※模式種、但し先に記載された Atherina sihama Forsskål 1775 に統合。
     Sillago erythraeus Cuvier 1829
     Sillago malabaricus (Bloch & Schneider 1801)
   ※汽水域進入性。
 Sillago sinicus Gao & Xue 2011
 Sillago soringus "ソリンガシラゴ"。
 Sillago suezensis Golani, Fricke & Tikochinski 2013
 Sillago vincenti "ビンセントギス"。
   ※汽水域進入性。
 Sillago vittatus "バンドシラゴ"。


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
26℃
適性pH
7.5〜8.0
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○

inserted by FC2 system