Serrivomridae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*葉状幼生期(leptocephalus stage)【カライワシ下区】。
*淡水棲、汽水域侵入性、海水棲、立泳ぎ【ウナギ目】。
*胴体は細長くいわゆるウナギ型【ウナギ目】。
*鰓孔は小さい【ウナギ目】。
*背鰭と尾鰭・臀鰭は連続する。腹鰭を欠く【ウナギ目】。
*血清毒 ichthyohemotoxinを有する(加熱で分解)【ウナギ目】。
*卵生、レプトケファルス幼生期(円尾)【ウナギ目】。
*胴体は細長くいわゆるウナギ型【ウナギ目】。
*鰓孔は小さい【ウナギ目】。
*背鰭と尾鰭・臀鰭は連続する。腹鰭を欠く【ウナギ目】。
*血清毒 ichthyohemotoxinを有する(加熱で分解)【ウナギ目】。
*卵生、レプトケファルス幼生期(円尾)【ウナギ目】。
*海水棲、遊泳性、底棲(深海棲)【ノコバウナギ科】。
*側線は不明瞭【ノコバウナギ科】。
*両顎は伸張する【ノコバウナギ科】。
*前鋤骨歯が鋸刃状に並ぶ【ノコバウナギ科】。
*背鰭基底は臀鰭基底より短め【ノコバウナギ科】。



Family SERRIVOMRIDAE TREWAVAS 1932 ノコバウナギ科
Saw-Palates (ノコバウナギ類)
Saw-Toothed Eels (ノコバウナギ類)
Serrivomerids (ノコバウナギ科)
Serrivomrids (ノコバウナギ科)
Thread Eels (ノコバウナギ類)


Genus Proserrivomer ARAMBOURG 1967 プロセルリウォメル属 (絶滅)
 Proserrivomer mecquenemi (Cossmann 1897) (絶滅)
   syn.Nemichthys mecquenemi Cossmann 1897
Genus Serrivomer GILL & RYDER 1883 ノコバウナギ属
   ※+Genus Alcockidia GILBERT 1905 (Type species : Gavialiceps microps Alcock 1889)。
   ※+Genus Paraserrivomer ROULE & BERTIN 1924 (Type species : Gavialiceps hastum Zugmayer 1911)。
   ※+Genus Platuronides ROULE & BERTIN 1924 (Type species : Platuronides danae Roule & Bertin 1924)。
   ※+Genus Spinivomer GILL & RYDER 1883 (Type species : Spinivomer goodei Gill & Ryder 1883)。
   ※← [Serrivomeridés ROULE & BERTIN 1924]。
   ※← [Sub-Family Spinivomerinae GILL 1893]。
   ※深海棲。
 Serrivomer beanii Gill & Ryder 1883 トガリノコバウナギ
   syn.Alcockidia microps (Alcock 1889)
     ? Gavialiceps hastum Zugmayer 1911
     Gavialiceps microps Alcock 1889
     Leptocephalus lanceolatus Strömman 1896
     ? Paraserrivomer hasta (Zugmayer 1911)
     Serrivomer parabeani Bertin 1940 ユキノコバウナギ
     Spinivomer goodei Gill & Ryder 1883
 Serrivomer bertini "ベルタンノコバウナギ"。
 Serrivomer garmani "ガーマンノコバウナギ"。
 Serrivomer jesperseni "イェスペルセンノコバウナギ"。
 Serrivomer lanceolatoides (Schmidt 1916) ニセノコバウナギ
   syn.Leptocephalus lanceolatoides Schmidt 1916
     Platuronides acutus Parr 1932
     Platuronides danae Roule & Bertin 1924
     Platuronides ophiocephalus Parr 1932
     Serrivomer brevidentatus (Roule & Bertin 1929) "クロノコバウナギ"。
     Serrivomer danae (Roule & Bertin 1924)
     Serrivomer sector brevidentatus Roule & Bertin 1929
 Serrivomer samoensis "サモアノコバウナギ"。
 Serrivomer schmidti "シュミットノコバウナギ"。
 Serrivomer sector Garman 1899 ノコバウナギ・"モトノコバウナギ"。
Genus Stemonidium GILBERT 1905 ヒメノコバウナギ属
 Stemonidium hypomelas Gilbert 1905 ヒメノコバウナギ


観賞目的の流通
定番 あり  
商業的養殖
 ×
水槽内繁殖
容易 普通 難(記録あり) 不可・不明
水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
適性pH
8.0〜8.2
混泳
混泳同種・同型= 混泳異種・異型=
inserted by FC2 system