Scomberesocidae、おさかなマガジン 分類トップ


*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*体は側扁【トウゴロウイワシ亜系】。
*背鰭は1〜2基(第1背鰭は縮小傾向)【トウゴロウイワシ亜系】。
*第1背鰭と第2背鰭は接近する【トウゴロウイワシ亜系】。
*臀鰭の開始は第2背鰭より前方【トウゴロウイワシ亜系】。
*世界中【ダツ目】。
*淡水〜汽水〜海水棲、表層性、跳躍【ダツ目】。
*体は細長い(水面に適性)【ダツ目】。
*眼球は大きい【ダツ目】。
*上顎不動、下顎が突き出す(上位)【ダツ目】。
*間舌骨を欠く【ダツ目】。
*鰾に管なし【ダツ目】。
*幽門垂を欠く【ダツ目】。
*円鱗【ダツ目】。
*側線は腹側に寄る【ダツ目】。
*無棘【ダツ目】。
*背鰭は体の遙か後方に位置、臀鰭と対在【ダツ目】。
*胸鰭は高い位置【ダツ目】。
*尾鰭は2叉、下葉の偏重が見られる(バランスを取るための重り)【ダツ目】。
*両顎はほぼ同長【ダツ亜目】。
*鱗は細かい【ダツ亜目】。
*卵生【ダツ亜目】。
*世界中、熱帯を除く両極性【サンマ科】。
*海水棲【サンマ科】。
*背部は強い濃色、他は銀色【サンマ科】。
*吻端は嘴状で尖るが、顎は然程伸びない【サンマ科】。
*微細な歯を持つ【サンマ科】。
*鰾を欠く【サンマ科】。
*全ての鰭が小さい【サンマ科】。

*背鰭と臀鰭は尾鰭との間に遊離鰭を並べる【サンマ科】。
*尾柄が尾鰭を貫く【サンマ科】。
*尾鰭は小さく、下葉の偏重は全く目立たない【サンマ科】。
*ヒスタミン中毒記録(新鮮であることで回避)【サンマ科】。
*大複殖門条虫 Diplogonoporus grandis の寄生(中間宿主)【サンマ科】。



Family SCOMBERESOCIDAE BLEEKER 1859 サンマ科
Sauries (サンマ類)
Scomberesocids (サンマ科)


Genus Cololabis GILL 1896 サンマ属
   ※+Genus Elassichthys HUBBS & WISNER 1980 (Type species : Cololabis adoceta Böhlke 1951)。
 Cololabis adocetus Böhlke 1951 "太平洋ミニサンマ"。
   syn.Elassichthys adocetus (Böhlke 1951)
   ※太平洋東部。体長5cmにしかならない。
 Cololabis sairus (Peters 1856) サンマ
   syn.Scombresox brevirostris Peters 1866
        ※模式種、但し先に記載された Scomberesox sairus Brevoort 1856 に統合。
     Scomberesox sairus Brevoort 1856
   ※体長40cmに達する。第1種特定海洋生物資源指定(水産庁)。
Genus Scomberesox LACÉPÈDE 1803 スコムベレソックス属
   ※+Genus Grammiconotus DA COSTA 1862 (Type species : Grammiconotus bicolor da Costa 1862)。
   ※+Genus Nanichthys HUBBS & WISNER 1980 (Type species : Nanichthys simulans Hubbs & Wisner 1980)。
   ※+Genus Sayris RAFINESQUE 1810 (Type species : Sayris recurvirostra Rafinesque 1810)。
   ※← [Family Scomberesocidae GILL 1872]。
   ※← [Family Scombresocidae GÜNTHER 1866]。
   ※← [Sayridini RAFINESQUE 1810]。=Sairidini。
   ※← [Scomberesoces MÜLLER 1843]。
   ※← [Scombresocioidei BLEEKER 1859]。
   ※卵巣は一つ。
 Scomberesox edwardsi Jordan & Gilbert 1919 (絶滅)
    syn.Scomberessus edwardsi (Jordan & Gilbert 1919)
 Scomberesox saurus (Walbaum 1792) ハシナガサンマ・"クチナガサンマ"。
  Scomberesox saurus saurus (Walbaum 1792) "ニシサンマ"。
    syn.Belone saura (Walbaum 1792)
      ? Esox brasiliensis Pennant 1787
      Esox saurus Walbaum 1792
      Grammiconotus bicolor da Costa 1862
      Sayris bimaculata Rafinesque 1810
      Sayris hians Rafinesque 1810
      Sayris maculata Rafinesque 1810
      Sayris recurvirostra Rafinesque 1810
      Sayris serrata Rafinesque 1810
      Scomberesox camperii Lacépède 1803
        ※模式種、但し先に記載された Esox saurus Walbaum 1792 に統合。
      Scomberesox equirostrus Lesueur 1821
      Scomberesox rondeletii Valenciennes 1846
      Scomberesox scutellatus Lesueur 1821
      Scomberesox storeri de Kay 1842
    ※大西洋北半球側。
  Scomberesox saurus scombroides
    syn.Scomberesox forsteri
      Scomberesox stolatus
    ※南半球の全洋。
 Scomberesox simulans (Hubbs & Wisner 1980) "大西洋ミニサンマ"。
   syn.Nanichthys simulans Hubbs & Wisner 1980
   ※インド洋から大西洋。全長13cm未満。
Genus Scomberessus JORDAN 1920 スコムベレッスス属 (絶滅)
 Scomberessus acutillus (Jordan & Gilbert 1919) (絶滅)
    syn.Scomberesox acutillus Jordan & Gilbert 1919


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
26℃
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=×〜△
inserted by FC2 system