Rhinosteidae、おさかなマガジン 分類トップ

*シルル紀〜デボン紀(隆盛)〜ペルム紀【板皮上綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲(こちらを中心)【板皮上綱】。
*多くが底棲魚、一部強い遊泳性を有する【板皮上綱】。
*頭部に強大な装甲(骨質板の組み合わせ)、例外あり【板皮上綱】。
*胴体部前方にも骨質板(胴甲)、例外あり【板皮上綱】。
*鰓弓由来の顎の存在、顎に骨由来の歯板【板皮上綱】。
*上記2つの特徴から板皮類は甲冑魚と称される【板皮上綱】。
*一部体内受精【板皮上綱】。
*シルル紀〜デボン紀(全盛期を迎えながらいきなり途絶えた)【節頸目】。
*体高は低い。サイズは様々(15cm〜10mまで)【節頸目】。
*扁平(底棲)〜魚雷型(遊泳性)【節頸目】。
*頭甲と胴甲間に可動のジョイント(球体関節様)【節頸目】。
*眼窩は強膜骨で補強【節頸目】。
*下顎可動で大きく開く口【節頸目】。
*遊泳型の牙は目立つが、独立した“歯”ではない【節頸目】。
*体内受精【節頸目】。



Family RHINOSTEIDAE STENSIÖ 1963 リノステウス科
Rhinosteids (リノステウス科魚種)


Genus Rhinosteus JAEKEL 1911 リノステウス属 (絶滅)
 Rhinosteus parvulus Stensiö 1963 (絶滅)
 Rhinosteus traquairi Jaekel 1911 (絶滅)
 Rhinosteus tuberculatus Groß 1932 (絶滅)
inserted by FC2 system