Pseudotriakididae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【軟骨魚綱】。
*シルル紀〜現代【軟骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、底棲【軟骨魚綱】。
*軟骨、楯鱗【軟骨魚綱】。
*硬骨組織を持たない【軟骨魚綱】。
*鰾を欠く(浮力は肝臓の肝油で調整)【軟骨魚綱】。
*耳石を欠く(平衡砂は存在)【軟骨魚綱】。
*対鼻孔を有する【軟骨魚綱】。
*対鰭を有する【軟骨魚綱】。
*尾鰭は歪尾(上葉に脊柱が進入)【軟骨魚綱】。
*尾鰭上葉は下葉より伸長(例外あり)【軟骨魚綱】。
*ローレンチニ氏管・螺旋弁がある【軟骨魚綱】。
*オス個体の腹鰭部には交接器(クラスパー)が1対ある(例外あり)【軟骨魚綱】。
*卵生、卵胎生、胎生、体内受精【軟骨魚綱】。
*世界中【ネズミザメ上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、底棲、深海棲、砂潜り【ネズミザメ上目】。
*紡錘形から円筒形、扁平まで【ネズミザメ上目】。
*鰓孔(5)は側面、上方から目視可能【ネズミザメ上目】。
*背鰭(2基・棘を欠く、極少数の例外あり)+胸鰭+腹鰭+臀鰭+尾鰭(歪尾)【メジロザメ目】。
*鰓耙を欠き横長の鰓孔は5【メジロザメ目】。
*海棲、深海棲【チヒロザメ科】。
*瞬膜を有し、眼窩は細長い【チヒロザメ科】。
*噴水孔は大きい【チヒロザメ科】。
*第2背鰭の基底は腹鰭よりも前方、丈は低いが基底は長い【チヒロザメ科】。
*卵胎生【チヒロザメ科】。



Family PSEUDOTRIAKIDIDAE GILL 1893 チヒロザメ科
False Cat-Sharks (チヒロザメ類)
Pseudotriakidids (チヒロザメ科)
Pseudotriakids (チヒロザメ科)


Genus Planonasus WEIGMANN, STEHMANN & THIEL 2013 プラノナスス属
 Planonasus parini Weigmann, Stehmann & Thiel 2013
Genus Pseudotriakis DE BRITO-CAPELLO 1868 チヒロザメ属 (aka.オシザメ属)
   ※=Genus Pseudotriacis GÜNTHER 1870。
   ※← [Sub-Family Pseudotriacinae GILL 1893]。
 Pseudotriakis microdon de Brito-Capello 1868 チヒロザメ(aka.オシザメ)
   syn.Pseudotriacis microdon (de Brito-Capello 1868)
     Pseudotriakis acrales Jordan & Snyder 1904
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1


観賞目的の流通
定番 あり  
商業的養殖
 ×
水槽内繁殖
容易 普通 難(記録あり) 不可・不明
水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
混泳
混泳同種・同型=×〜△ 混泳異種・異型=×
inserted by FC2 system