Psettodidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*世界中【スズキ系】。
*淡水〜汽水〜海水域【スズキ系】。
*体は側扁(例外有り)【スズキ系】。
*下尾軸骨5以下【スズキ系】。
*櫛鱗【スズキ系】。
*尾鰭を除く非対鰭に棘(例外有り)【スズキ系】。
*腹鰭棘条1+軟条は6以下【スズキ系】。
*卵生・卵胎生【スズキ系】。
*世界中、淡水〜汽水〜海水域、底棲、砂潜り【カレイ目】。
*左右不対象で眼球が左右何れかに纏まる(発生初期除く)【カレイ目】。
*眼球突出の魚種は砂潜り、突出しない魚種は保護色発揮の傾向【カレイ目】。
*体勢は眼球を欠く何れの側かを地面に倒す【カレイ目】。
*超側扁・体高は著しく高いが、活動状態を横から見れば超扁平【カレイ目】。
*背鰭と臀鰭が辺縁を飾り、通常無棘・その基底は長大【カレイ目】。
*背鰭と臀鰭は体を支えたり、鰭条を使用して前進することが可能【カレイ目】。
*背鰭は1基【カレイ目】。
*胸鰭は裏面に取り残され、通常表面より鰭条数が少ない【カレイ目】。
*卵生【カレイ目】。
*標本=背鰭を↑>頭部を左【カレイ目】。
*吻端は尖り、下顎が突出【ボウズガレイ亜目】。
*非対鰭に棘条を持つ【ボウズガレイ亜目】。
*世界中【ボウズガレイ科】。
*海水棲【ボウズガレイ科】。
*眼球は左に纏まる(但し右眼球は頭頂部に位置)【ボウズガレイ科】。
*口が大きく斜位【ボウズガレイ科】。
*細かい口蓋歯・鋤骨歯・舌歯を有する【ボウズガレイ科】。
*円鱗【ボウズガレイ科】。
*背鰭は頭部の終了から、前半の幾つかは棘条【ボウズガレイ科】。
*背鰭棘条9〜11+軟条38〜45(ボウズガレイのデータ)【ボウズガレイ科】。
*臀鰭棘条1+軟条33〜43(ボウズガレイのデータ)【ボウズガレイ科】。
*尾鰭は二重湾入【ボウズガレイ科】。



Family PSETTODIDAE REGAN 1910 ボウズガレイ科
Psettodids (ボウズガレイ科魚種)


Genus Citharopsettodes SCHWARZHANS 1978 キタロプセットデス属 (絶滅)
   ※千葉県東金市産。
 Citharopsettodes angustus Schwarzhans 1978 (絶滅)
Genus Joleaudichthys CHABANAUD 1937 ヨレアウディクティス属 (絶滅)
   ※← [Family Joleaudichthyidae BERG 1940]。
 Joleaudichthys sadeki Chabanaud 1937 (絶滅)
Genus Psettodes BENNETT 1831 ボウズガレイ属
   ※+Genus Sphagomorus COPE 1867 (Type species : Pleuronectes erumei Bloch & Schneider 1801)。
   ※原始カレイ群。
 Psettodes belcheri Bennett 1831 "スポットテールスピンターボット"。
   ※汽水域進入性。アフリカ西海岸産。
 Psettodes bennettii "スピンターボット"。
   ※アフリカ西海岸産。
ボウズガレイ  Psettodes erumei (Bloch & Schneider 1801) ボウズガレイ
   syn.Hippoglossus erumei (Bloch & Schneider 1801)
     Hippoglossus orthorhynchus Richardson 1846
     Pleuronectes erumei Bloch & Schneider 1801
     Sphagomorus erumei (Bloch & Schneider 1801)
   ※太平洋西部〜オセアニア産。
 Psettodes oedelemnensis Nolf 1973 (絶滅)
 Psettodes spinosus Nolf 1973 (絶滅)
 Psettodes trapeziformis Müller 1999 (絶滅)


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
26℃
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○
inserted by FC2 system