Pristodontidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【軟骨魚綱】。
*シルル紀〜現代【軟骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、底棲【軟骨魚綱】。
*軟骨、楯鱗【軟骨魚綱】。
*硬骨組織を持たない【軟骨魚綱】。
*鰾を欠く(浮力は肝臓の肝油で調整)【軟骨魚綱】。
*耳石を欠く(平衡砂は存在)【軟骨魚綱】。
*対鼻孔を有する【軟骨魚綱】。
*対鰭を有する【軟骨魚綱】。
*尾鰭は歪尾(上葉に脊柱が進入)【軟骨魚綱】。
*尾鰭上葉は下葉より伸長(例外あり)【軟骨魚綱】。
*ローレンチニ氏管・螺旋弁がある【軟骨魚綱】。
*オス個体の腹鰭部には交接器(クラスパー)が1対ある(例外あり)【軟骨魚綱】。
*卵生、卵胎生、胎生、体内受精【軟骨魚綱】。
*体は側扁、若しくは紡錘形【全頭亜綱】。
*背鰭1〜2基【全頭亜綱】。
*尾鰭の形状は様々、現生種では尾部は細まりしばしば糸状【全頭亜綱】。
*櫛鱗は側線部のみに分布(例外あり)【全頭亜綱】。
*石炭紀〜三畳紀【ペタロドゥス目】。
*海水棲、底棲【ペタロドゥス目】。
*体高のある寸詰まり体型【プリストドゥス科】。
*各鰭は扇状で大きい【プリストドゥス科】。
*各鰭の基部は肉質突起、鰭膜はその橋に薄く広がる【プリストドゥス科】。
*尾鰭はまるで正尾【プリストドゥス科】。



Family PRISTODONTIDAE WOODWARD 1889 プリストドゥス科
Pristodontids (プリストドゥス科魚種)


Genus Calopodus SAINT JOHN & WORTHEN 1875 カロポドゥス属 (絶滅)
 Calopodus apicalis Saint John & Worthen 1875 (絶滅)
Genus Megactenopetalus DAVID 1944 メガクテノペタルス属 (絶滅)
   ※=Genus Megactenopetalodus GOLSHANI & JANVIER 1974。スペルミス。
 Megactenopetalus kaibabanus David 1944 (絶滅)
Genus Mesolophodus WOODWARD 1889 メソロフォドゥス属 (絶滅)
 Mesolophodus problematicus Woodward 1889 (絶滅)
Genus Pristodus AGASSIZ 1844 ex DAVIS 1883 プリストドゥス属 (絶滅)
   ※=Genus Diodontopsodus DAVIS 1881。
 Pristodus benniei (Etheridge 1875) (絶滅)
   syn.Petalorhynchus benniei Etheridge 1875
 Pristodus concinnus Davis 1883 (絶滅)
 Pristodus falcatus Agassiz 1844 (絶滅)
   syn.Diodontopsodus falcatus (Agassiz 1844)
inserted by FC2 system