Polyodontidae, Acipensriformes、おさかなマガジン 分類トップ


*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*硬骨部分より軟骨部分が多い(硬骨から軟骨質化)【軟質区】。
*ガノイン鱗【軟質区】。
*眼球後方に吸水孔【軟質区】。
*腸に螺旋弁【軟質区】。
*軟骨魚類のような歪尾を持つ【軟質区】。
*鰓膜は互いに連結しないが、峡部では癒合する【チョウザメ目】。
*口器に伸縮性【チョウザメ目】。
*鰾で空気呼吸【チョウザメ目】。
*背鰭は1基で体の後方に位置、鰭条は枝分かれする【チョウザメ目】。
*卵生、全ての魚種が淡水で産卵【チョウザメ目】。
*淡水棲、遊泳性【ヘラチョウザメ科】。
*吻端は伸長し櫂状、平衡感覚維持?【ヘラチョウザメ科】。
*ヒゲは無いが電気受容感覚器を有する【ヘラチョウザメ科】。
*板状鱗を欠き裸出(現世種)【ヘラチョウザメ科】。



Family POLYODONTIDAE BONAPARTE 1835 ヘラチョウザメ科
Paddle-Fish (ヘラチョウザメ Polyodon spathulus)
Polyodontids (ヘラチョウザメ科魚種)
Sword-Fish (シナヘラチョウザメ Psephurus gladius)


Sub-Family Paleopsephurinae GRANDE & BEMIS 1991 パレオプセフルス亜科
Genus Paleopsephurus MACALPIN 1941 パレオプセフルス属 (絶滅)
Sub-Family Polyodontinae BONAPARTE 1835 ヘラチョウザメ亜科
Genus Crassopholis COPE 1883 クラッソフォリス属 (絶滅)
Genus Polyodon DE LA CÉPÈDE 1797 ヘラチョウザメ属
Genus Psephurus GÜNTHER 1873 シナヘラチョウザメ属
Sub-Family Protopsephurinae GRANDE & BEMIS 1996 プロトプセフルス亜科
Genus Protopsephurus LU 1994 プロトプセフルス属 (絶滅)

Sub-Family uncertain
Genus Pholidurus WOODWARD 1889 フォリドゥルス属 (絶滅)

◆フォリドゥルス・ディスイェクトゥス (絶滅)
 Pholidurus disjectus Woodward 1889
 *1889『On the Palaeontology of Sturgeons:Arthur Smith Woodward』。


観賞目的の流通
定番 あり 稀 
商業的養殖
○ ×
水槽内繁殖
容易 普通 難(記録あり) 不可・不明
水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
10〜20(〜23)℃
適性pH
7.0〜8.0
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○

inserted by FC2 system