Pholidopleuridae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*硬骨部分より軟骨部分が多い(硬骨から軟骨質化)【軟質区】。
*ガノイン鱗【軟質区】。
*眼球後方に吸水孔【軟質区】。
*腸に螺旋弁【軟質区】。
*軟骨魚類のような歪尾を持つ【軟質区】。
*体高低い紡錘形・若しくは延長した魚雷型【フォリドプレウルス科】。
*背鰭は三角形で体の中心から後方にずれる位置【フォリドプレウルス科】。
*胸鰭・腹鰭はとても小さい【フォリドプレウルス科】。
*臀鰭は背鰭に対在【フォリドプレウルス科】。



Family PHOLIDOPLEURIDAE WADE 1932 フォリドプレウルス科
Pholidopleurids (フォリドプレウルス科魚種)


Genus Arctosomus BERG 1941 アルクトソムス属 (絶滅)
   ※≠Genus Arctosoma ALDRICH 1934 [Tachinidae, Diptera, Insecta]
   ※=Genus Neavichthys WHITLEY 1951。↑に対する不要な置き換え。

◆アルクトソムス・シビリクス (絶滅)
 Arctosomus sibiricus Berg 1941
   syn.Neavichthys sibiricus (Berg 1941)
 *1951『New Fish Names and Records:Gilbert Percy Whitley』。



Genus Australosomus PIVETEAU 1930 アウストラロソムス属 (絶滅)
   ※← [Family Australosomidae BURTON 1932]。未確認。

◆アウストラロソムス・アルティスクアモスス (絶滅)
 Australosomus altisquamosus Beltan 1980
 *1980『Eotrias du Nord-Ouest de Madagascar, Etude de Quelques Poissons Dont un Est en Parturition:Laurence Beltan』。

◆アウストラロソムス・コキ (絶滅)
 Australosomus kochi Stensiö 1932
 *1932『Triassic Fishes from East Greenland:Erik Andersson Stensiö』。

◆アウストラロソムス・ロンギロストリス (絶滅)
 Australosomus longirostris Beltan 1968
 *1968『La Faune Ichthyologique de l'Eotrias du North-West de Madagascar, le Neurocrâne:Laurence Beltan』。

◆アウストラロソムス・メルレイ (絶滅)
 Australosomus merlei (Priem 1924)
   syn.Pristisomus merlei Priem 1924
 *1924『Paléontologie de Madagascar 12, les Poissons Fossiles:Fernand Priem』。

◆アウストラロソムス・フォリドプウレウリデス (絶滅)
 Australosomus pholidopleurides Nielsen 1949
 *1949『Studies on Triassic Fishes from East Greenland 2, Australosomus and Birgeria:Eigil Nielsen』。

◆アウストラロソムス・シンプレックス (絶滅)
 Australosomus simplex Nielsen 1949
 *1949『Studies on Triassic Fishes from East Greenland 2, Australosomus and Birgeria:Eigil Nielsen』。

◆アウストラロソムス・ストックレイ (絶滅)
 Australosomus stockleyi Haughton 1936
 *1936『On Some Karroo Fishes from East Africa:Sidney Henry Haughton』。



Genus Gracilignathichthys BÜRGIN 1992 グラキリグナティクティス属 (絶滅)
 100cmに達する。

◆グラキリグナティクティス・ミクロレピス (絶滅)
 Gracilignathichthys microlepis Bürgin 1992
 *1992『Basal Ray-Finned Fishes [Osteichthyes, Actinopterygii] from the Middle Triassic of Monte San Giogio, Canton Tessin, Switzerland:Toni Bürgin』。



Genus Macroaethes WADE 1932 マクロアエテス属 (絶滅)

◆マクロアエテス・アルタ (絶滅)
 Macroaethes alta Wade 1935
 *1935『The Triassic Fishes of Brookvale, New South Wales:Robert Thompson Wade』。
 文献未確認。

◆マクロアエテス・ブロオクウァレイ (絶滅)
 Macroaethes brookvalei Wade 1932
 *1932『Preliminary Note on Macroaethes brookvalei, Representing a New Family of Chondrostean Fishes, the Pholidopleuridae:Robert Thompson Wade』。
 文献未確認。



Genus Pholidopleurus BRONN 1858 フォリドプレウルス属 (絶滅)
   ※← [Pholidopleuriformes BERG 1940]。
 体は伸びる。

◆フォリドプレウルス・ティキネンシス (絶滅)
 Pholidopleurus ticinensis Bürgin 1992
 *1992『Basal Ray-Finned Fishes [Osteichthyes, Actinopterygii] from the Middle Triassic of Monte San Giogio, Canton Tessin, Switzerland:Toni Bürgin』。

◆フォリドプレウルス・ティプス (絶滅)
 Pholidopleurus typus Bronn 1858
 *1858『Beiträge zur Triasischen Fauna und Flora der Bituminösen Schiefer von Raibl, Nebst Anhang über die Kurr'sche Sippe Chiropteris aus dem Lettenkohlen-Sandsteine:Heinrich Georg Bronn』。
 *1940『Система рыбообразных и рыб, ныне живущих и ископаемых:Лев Семенович Берг』。

◆フォリドプレウルス・キサオワエンシス (絶滅)
 Pholidopleurus xiaowaensis Liu & Yin ex Liu, Yin, Luo, Wang & Wang 2006
 *2006『貴州関嶺晩三畳世法郎組瓦窯段魚類化石初歩観察:劉冠邦/尹恭正/羅永明/王雪華/王尚彦』。
 "小窪側鱗魚"。

inserted by FC2 system