Phareodontidae, Osteoglossoidei、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*鰾と内耳は管・若しくは器官により連絡【ニシン・骨鰾下区】。
*追星を生じる一群が存在【ニシン・骨鰾下区】。
*背鰭は1基【ニシン・骨鰾下区】。
*脂鰭を持たない(例外あり)【ニシン・骨鰾下区】。
*腹鰭は腹位【ニシン・骨鰾下区】。
*世界中【オステオグロッスム上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、表層性【オステオグロッスム上目】。
*通常視力が効き、そうでないものにはレーダー網装備【オステオグロッスム上目】。
*一部魚種には感覚器(ヒゲ・アンテナ・発電能)【オステオグロッスム上目】。
*鰓蓋骨は大きい(例外あり)【オステオグロッスム上目】。
*舌骨と副蝶形骨に歯が並ぶ(特に舌は卸金様)【オステオグロッスム上目】。
*顎が斜位(例外あり)、噛力が強い【オステオグロッスム上目】。
*上顎骨・上眼窩骨を欠く【オステオグロッスム上目】。
*第4・5眼窩骨が融合する【オステオグロッスム上目】。
*非対鰭(一方・場合により双方)の基底が長くなる傾向【オステオグロッスム上目】。
*上尾骨は1・若しくはこれを欠く【オステオグロッスム上目】。
*尾鰭の形状は実に様々、これを欠く魚種もあり【オステオグロッスム上目】。
*尾鰭の鰭条は18以下【オステオグロッスム上目】。
*卵生、営巣・若しくは口腔内保育を行う(例外あり)【オステオグロッスム上目】。
*淡水棲(現生種)、汽水棲、海水棲、単独性【オステオグロッスム目】。
*腸管は食道と胃の左後方(現生種)【オステオグロッスム目】。
*副蝶形骨と舌骨に下ろし金状に並ぶ歯(例外あり)【オステオグロッスム目】。
*前顎骨は小さい【オステオグロッスム目】。
*脂鰭を欠く【オステオグロッスム目】。
*空気呼吸【オステオグロッスム目】。
*卵生【オステオグロッスム目】。
*卵巣が対にならない=左側のみ(例外あり)【オステオグロッスム目】。
*卵生【オステオグロッスム目】。
*背鰭と臀鰭の基底は長め、開始は体の中央より後方で尾鰭に接近する【オステオグロッスム亜目】。
*尾鰭に切れ込みはない【オステオグロッスム亜目】。
*視覚良好【オステオグロッスム亜目】。
*親魚は卵・仔魚を守る(例外あり)【オステオグロッスム亜目】。
*やや体高のある長卵形【ファレオドゥス科】。
*吻端は少し尖る【ファレオドゥス科】。
*口は斜位【ファレオドゥス科】。
*背鰭基底は短く、体の後方に位置【ファレオドゥス科】。
*胸鰭は頭長ほど【ファレオドゥス科】。
*腹鰭はとても小さい【ファレオドゥス科】。
*臀鰭の基底は背鰭のものより長い【ファレオドゥス科】。
*尾鰭は戴形、軽く湾入する場合あり【ファレオドゥス科】。



Family PHAREODONTIDAE (TAVERNE 1979) ファレオドゥス科
Osteoglossids (ファレオドゥス科魚種)
Phareodontids (ファレオドゥス科魚種)


Genus Cretophareodus LI 1996 クレトファレオドゥス属 (絶滅)
 Cretophareodus alberticus Li 1996 (絶滅)
Genus Musperia SANDERS 1934 ムスペリア属 (絶滅)
   ※体高がある。
 Musperia radiata (Heer 1874) (絶滅)
   syn.Bagarius gigas Günther 1876
     Carpolithes radiata Heer 1874
     Chirocentrus polyodon Günther 1876
     Dalbergia junghuhniana Heer 1874
     Dapedoglossus radiata (Heer 1874)
     Dapedoglossus polyodon (Günther 1876)
     Phareodus radiatus (Heer 1874)
   ※ヘールは植物学者であり、組織を植物として記載。
   ※ちなみにカルポリテス属(Genus Carpolithes SCHLOTHEIM 1820)は所属不明の絶滅植物。
   ※Genus Dalbergia VON LINNÉ 1781=ツルサイカチ属(マメ科)。
Genus Phareodus LEIDY 1873 ファレオドゥス属 (絶滅)
   ※+Genus Dapedoglossus COPE 1877 (Type species : Dapedoglossus testis Cope 1877)。
   ※+Genus Opsithrissops DANILTSHENKO 1968 (Type species : Opsithrissops osseus Daniltshenko 1968)。
 Phareodus acutus Leidy 1873 (絶滅)
 Phareodus aequipinnis (Cope 1878) (絶滅)
   syn.Dapedoglossus aequipinnis Cope 1878
 Phareodus encaustus (Cope 1871) (絶滅)
   syn.Dapedoglossus encaustus (Cope 1871)
     Osteoglossum encaustum Cope 1871
 Phareodus osseus (Daniltshenko 1968) (絶滅)
   syn.Opsithrissops osseus Daniltshenko 1968
 Phareodus queenslandicus Hills 1934 (絶滅)
 Phareodus songziensis Zhang 2003 (絶滅)
 Phareodus testis (Cope 1877) (絶滅)
   syn.Dapedoglossus testis Cope 1877
Genus Phareodusichthys GAYET 1991 ファレオドゥシクティス属 (絶滅)
 Phareodusichthys taverni Gayet 1991 (絶滅)

inserted by FC2 system