Phaneropleuridae, CHOANATA、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*出現はシルル紀、海棲【肉鰭亜綱】。
*骨格は軟骨中心【肉鰭亜綱】。
*エナメル歯【肉鰭亜綱】。
*鰭の基部に鱗を伴う肉質突起【肉鰭亜綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【肉鰭上目】。
*ガス交換可能な肺を持つ【肉鰭上目】。
*鰭は肉質で支持骨で連結【肉鰭上目】。
*背鰭は1基で基底は長大【ファネロプレウロン科】。



Family PHANEROPLEURIDAE HUXLEY 1861 ex COPE 1887 ファネロプレウロン科
Dipnoans (肺魚類)
Lung-Fishes (肺魚類)
Phaneropleurids (ファネロプレウロン科魚種)
Sarcopterygians (肉鰭魚類)


Genus Andreyevichthys KRUPINA 1987 アンドレイェウィクティス属 (絶滅)
 Andreyevichthys epitomus Krupina 1987 (絶滅)
Genus Nielsenia LEHMAN 1959 ニエルセニア属 (絶滅)
   ※≠Genus Nielsenia SYDOW 1921 [Fungi]。
   ※=Genus Nilsenia JUAREZ 2015。スペルミス。
 Nielsenia nordica Lehman 1959 (絶滅)
Genus Orlovichthys KRUPINA 1980 オルロウィクティス属 (絶滅)
 Orlovichthys limnatis Krupina 1980 (絶滅)
   syn.Orlovichthys limnatus "miss typing of limnatis"。
Genus Oervigia LEHMAN 1959 オエルウィギア属 (絶滅)
 Oervigia nordica Lehman 1959 (絶滅)
Genus Pentlandia WATSON & DAY 1916 ペントランディア属 (絶滅)
   ※≠Genus Pentlandia HERBERT 1839 [Amaryllidaceae, Plantae]。
 Pentlandia macroptera (Traquair 1889) (絶滅)
   syn.Dipterus macropterus Traquair 1889
Genus Phaneropleuron HUXLEY 1859 ファネロプレウロン属 (絶滅)
   ※背鰭と尾鰭は連続。
 Phaneropleuron andersoni Huxley 1859 (絶滅)
Genus Scaumenacia TRAQUAIR 1893 スカウメナキア属 (絶滅)
 Scaumenacia curta (Whiteaves 1883) (絶滅)
   syn.Phaneropleuron curtum Whiteaves 1883
inserted by FC2 system