Phallostethidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*体は側扁【トウゴロウイワシ亜系】。
*背鰭は1〜2基(第1背鰭は縮小傾向)【トウゴロウイワシ亜系】。
*第1背鰭と第2背鰭は接近する【トウゴロウイワシ亜系】。
*臀鰭の開始は第2背鰭より前方【トウゴロウイワシ亜系】。
*第三紀初期〜現代【トウゴロウイワシ目】。
*世界中(熱帯を中心)【トウゴロウイワシ目】。
*淡水棲、汽水棲、海水域、群泳性【トウゴロウイワシ目】。
*体高低く延長気味・側扁【トウゴロウイワシ目】。
*頭頂骨を有する(例外あり)【トウゴロウイワシ目】。
*鼻孔は2×2【トウゴロウイワシ目】。
*歯は細かいかこれを欠く【トウゴロウイワシ目】。
*側線は存在しないか、有っても確認し辛い【トウゴロウイワシ目】。
*鰓耙は発達する(濾過食性)【トウゴロウイワシ目】。
*鰓条骨数4〜7【トウゴロウイワシ目】。
*消化管は長大【トウゴロウイワシ目】。
*第1背鰭と第2背鰭は近い位置にある【トウゴロウイワシ目】。
*第1背鰭は体の中央に位置、第2背鰭よりも小さい【トウゴロウイワシ目】。
*第1背鰭は柔軟な棘条で構成【トウゴロウイワシ目】。
*胸鰭は高い位置に着く【トウゴロウイワシ目】。
*臀鰭に棘条【トウゴロウイワシ目】。
*腹鰭は腹位(例外あり)【トウゴロウイワシ目】。
*尾鰭は普通2叉【トウゴロウイワシ目】。
*卵生、卵は守らない【トウゴロウイワシ目】。
*オセアニア【トウゴロウメダカ科】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲(沿岸部)【トウゴロウメダカ科】。
*体は細長く透明【トウゴロウメダカ科】。
*口は伸長可能【トウゴロウメダカ科】。
*背鰭は1基、体の後方に着く【トウゴロウメダカ科】。
*オス個体は硬骨魚としては例外的に喉部に腹鰭が変形した交接器=プリアピウムを持つ【トウゴロウメダカ科】。
*メス個体は腹鰭を欠く【トウゴロウメダカ科】。
*体内受精だがメスは卵で産み落とす【トウゴロウメダカ科】。



Family PHALLOSTETHIDAE REGAN 1916 トウゴロウメダカ科
Phallostethids (トウゴロウメダカ科)
Priapium-Fishes (トウゴロウメダカ類)


Genus Gulaphallus HERRE 1925 グラファルルス属
   ※+Genus Acanthostethus HERRE 1939 (Type species : Gulaphallus falcifer Manacop 1936)。
   ※+Genus Gulaphallus MANACOP 1936 (Type species : Gulaphallus falcifer Manacop 1936)。
   ※+Genus Manacopus HERRE 1940 (Type species : Gulaphallus falcifer Manacop 1936)。
   ※+Genus Mirophallus HERRE 1926 (Type species : Mirophallus bikolanus Herre 1926)。
   ※← [Sub-Family Gulaphallinae AURICH 1937]。=Gulaphalinae。
   ※淡水棲。
 Gulaphallus bikolanus (Herre 1926)
   syn.Mirophallus bikolanus Herre 1926
 Gulaphallus eximius Herre 1925
 Gulaphallus falcifer Manacop 1936
   syn.Acanthostethus falcifer (Manacop 1936)
     Manacopus falcifer (Manacop 1936)
 Gulaphallus mirabilis Herre 1925
   ※23〜28℃・pH7.5〜8.0。
 Gulaphallus panayensis (Herre 1942)
   syn.Neostethus panayensis Herre 1942
   ※海水棲、汽水域進入性。
Genus Neostethus REGAN 1916 ネオステトゥス属 "トウゴロウメダカ属B"。
   ※+Genus Ceratostethus MYERS 1937 (Type species : Neostethus bicornis Regan 1916)。
   ※+Genus Ctenophallus HERRE 1939 (Type species : Solenophallus ctenophorus Aurich 1937)。
   ※+Genus Neostethus REGAN 1916 Sub-Genus Sandakanus HERRE 1942 (Type species : Neostethus borneensis Herre 1939)。
   ※+Genus Plectrostethus MYERS 1935 (Type species : Plectrostethus palawanensis Myers 1935)。
   ※+Genus Sandakanus (HERRE 1942) (Type species : Neostethus borneensis Herre 1939)。
   ※+Genus Solenophallus AURICH 1937 ex HERRE 1953 (Type species : Solenophallus thessa Aurich 1937)。
   ※← [Sub-Family Neostethinae AURICH 1937]。
   ※淡水棲。
 Neostethus amaricolus (Villadolid & Manacop 1934)
   syn.Gulaphallus amaricola Villadolid & Manacop 1934
   ※汽水棲。
 Neostethus bicornis Regan 1916
   syn.Ceratostethus bicornis (Regan 1916)
   ※汽水域進入性。IUCN Least Concern ver.3.1
 Neostethus borneensis Herre 1939
   syn.Neostethus coronensis Herre 1942
     Sandakanus borneensis (Herre 1939)
   ※汽水域進入性。
 Neostethus ctenophorus (Aurich 1937)
   syn.Ctenophallus ctenophorus (Aurich 1937)
     Solenophallus ctenophorus Aurich 1937
   ※汽水域進入性。
 Neostethus djajaorus Parenti & Louie 1998
   ※汽水棲。
 Neostethus gemina Parenti 2014
 Neostethus lankesteri Regan 1916
   syn.Neostethus siamensis Myers 1937
   ※汽水域進入性。
 Neostethus palawanensis (Myers 1935)
   syn.Plectrostethus palawanensis Myers 1935
   ※汽水〜海水域。
 Neostethus robertsi Parenti 1989
   ※汽水域進入性。
 Neostethus thessus (Aurich 1937)
   syn.Solenophallus thessa Aurich 1937
   ※汽水域進入性。IUCN Endangered  B1ab(iii)+2ab(iii)  ver.3.1
 Neostethus villadolidi Herre 1942
   ※淡水〜汽水〜海水域。
 Neostethus zamboangae Herre 1942
   ※汽水〜海水域。
Genus Phallostethus REGAN 1913 ファルロステトゥス属 "トウゴロウメダカA属"。
   ※← [Sub-Family Phallostethinae REGAN 1916]。
 Phallostethus cuulong Shibukawa, Tran & Tran 2012
 Phallostethus dunckeri Regan 1913
   ※淡水棲。IUCN Vulnerable  D2  ver.2.3
 Phallostethus lehi Parenti 1996
   ※汽水〜海水域。
Genus Phenacostethus MYERS 1928 フェナコステトゥス属
   ※淡水棲。
 Phenacostethus posthon Roberts 1971
   ※汽水域進入性。
 Phenacostethus smithi Myers 1928
   syn.Phenacostethus thai Fowler 1937
   ※汽水域進入性。
 Phenacostethus trewavasae Parenti 1986
inserted by FC2 system