Pentaceridae、おさかなマガジン 分類トップ

テングダイ
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*世界中【スズキ系】。
*淡水〜汽水〜海水域【スズキ系】。
*体は側扁(例外有り)【スズキ系】。
*下尾軸骨5以下【スズキ系】。
*櫛鱗【スズキ系】。
*尾鰭を除く非対鰭に棘(例外有り)【スズキ系】。
*腹鰭棘条1+軟条は6以下【スズキ系】。
*卵生・卵胎生【スズキ系】。
*旧世界〜新世界【スズキ目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【スズキ目】。
*体は側偏するものが多い【スズキ目】。
*上顎は前上顎骨で縁取り【スズキ目】。
*鰾に気道無し【スズキ目】。
*背鰭と臀鰭に棘【スズキ目】。
*腹鰭にも1棘【スズキ目】。
*円鱗・櫛鱗【スズキ目】。
*背鰭と臀鰭に棘【スズキ目】。
*腹鰭にも1棘【スズキ目】。
*円鱗・櫛鱗【スズキ目】。
*眼球は大きい【スズキ亜目】。
*口は大きい(例外有り)【スズキ亜目】。
*世界中【カワビシャ科】。
*海水棲【カワビシャ科】。
*体は著しく側扁【カワビシャ科】。
*寸詰まり体型で体高がある【カワビシャ科】。
*頭骨が露出、粗い【カワビシャ科】。
*上顎骨を欠く【カワビシャ科】。
*吻部が突出する魚種が殆ど【カワビシャ科】。
*歯は絨毛状【カワビシャ科】。
*下顎に短いヒゲが密生する魚種あり【カワビシャ科】。
*鱗は小さい櫛鱗【カワビシャ科】。
*背鰭は1基、棘条4〜14+軟条9〜29【カワビシャ科】。
*腹鰭に1棘+軟条5【カワビシャ科】。
*臀鰭棘条2〜5+軟条7〜13【カワビシャ科】。
*卵生【カワビシャ科】。



Family PENTACERIDAE BLEEKER 1859 カワビシャ科
Armor-Heads (カワビシャ科魚種)
Boar-Fishes (カワビシャ科魚種)
Pentacerotids (カワビシャ科魚種)


Sub-Family Histiopterinae BLEEKER 1876 カワビシャ亜科
  Genus Evistias JORDAN 1907 テングダイ属
     ※=Genus Evistiopterus WHITLEY 1932。
   Evistias acutirostris (Temminck & Schlegel 1844) テングダイ
     syn.Evistiopterus acutirostris (Temminck & Schlegel 1844)
       Histiopterus acutirostris Temminck & Schlegel 1844
  Genus Histiopterus TEMMINCK & SCHLEGEL 1844 カワビシャ属
     ※背鰭の鰭条はよく伸びる。
   Histiopterus typus Temminck & Schlegel 1844 カワビシャ
     syn.Histiopterus spinifer Gilchrist 1904
  Genus Parazanclistius HARDY 1983 パラザンクリスティウス属
     ※背鰭の鰭条はよく伸びる。
   Parazanclistius hutchinsi Hardy 1983 "ショートボアフィッシュ"。
  Genus Paristiopterus BLEEKER 1876 パリスティオプテルス属
     ※+Genus Glauertichthys (WHITLEY 1945) (Type species : Paristiopterus gallipavo Whitley 1944)。
     ※+Genus Macullochia WAITE 1910 (Type species : Richardsonia insignis de Castelnau 1872)。
     ※+Genus Paristiopterus BLEEKER 1876 Sub-Genus Glauertichthys WHITLEY 1945 (Type species : Paristiopterus gallipavo Whitley 1944)。
     ※+Genus Richardsonia DE CASTELNAU 1872 (Type species : Richardsonia insignis de Castelnau 1872)。
     ※≠Genus Richardsonia STEINDACHNER 1866 [Retropinnidae]。
     ※← [Sub-Family Paristiopterinae HARDY 1983]。
     ※吻部は著しく突出する。
   Paristiopterus gallipavo Whitley 1944 "イエロースポットボアフィッシュ"。
     syn.Glauertichthys gallipavo (Whitley 1944)
   Paristiopterus labiosus (Günther 1872) "ジャイアントボアフィッシュ"。
     syn.Histiopterus labiosus Günther 1872
       Macullochia insignis (de Castelnau 1872)
       Paristiopterus insignis (de Castelnau 1872)
       Richardsonia insignis de Castelnau 1872
         ※模式種、但し先に記載された Histiopterus labiosus Günther 1872 に統合。
  Genus Pentaceropsis STEINDACHNER ex STEINDACHNER & DÖDERLEIN 1883 ペンタケロプシス属
     ※=Genus Prosoplismus WAITE 1903。
     ※吻部は著しく突出する。
   Pentaceropsis recurvirostris (Richardson 1845) "ロングスナウトボアフィッシュ"。
     syn.Histiopterus recurvirostris Richardson 1845
       Prosoplismus recurvirostris (Richardson 1845)
  Genus Zanclistius JORDAN 1907 ザンクリスティウス属
     ※前方の棘条が一筋伸びる。
   Zanclistius elevatus (Ramsay & Ogilby 1888) "ロングフィンボアフィッシュ"。
     syn.Histiopterus elevatus Ramsay & Ogilby 1888
Sub-Family Pentacerinae BLEEKER 1859 ツボダイ亜科
  Genus Pentaceros CUVIER 1829 ツボダイ属
     ※+Genus Gilchristia JORDAN 1907 (Type species : Pentaceros richardsoni Smith 1844)。
     ※+Genus Griffinetta WHITLEY & PHILLIPPS 1937 (Type species : Griffinetta nelsonensis Whitley & Phillipps 1937)。
     ※+Genus Pseudopentaceros BLEEKER 1876 (Type species : Pentaceros richardsoni Smith 1844)。
     ※+Genus Quadrarius JORDAN 1907 (Type species : Pentaceros decacanthus Günther 1859)。
     ※+Genus Quinquarius MCCULLOCH 1915 (Type species : Pentaceros japonicus Döderlein 1883)。
     ※+Genus Undecimus WHITLEY 1934 (Type species : Quinquarius hendecacanthus McCulloch 1915)。
     ※← [Sub-Family Quinquariinae JORDAN 1907]。
   Pentaceros capensis Cuvier 1829 "ケープツボダイ"。
   Pentaceros decacanthus Günther 1859 キマダラツボダイ
     syn.Quadrarius decacanthus (Günther 1859)
       Quinquarius hendecacanthus McCulloch 1915
       Undecimus hendecacanthus (McCulloch 1915)
     ※IUCN Least Concern ver.3.1
   Pentaceros japonicus Döderlein 1883 ツボダイ
     syn.Quinquarius japonicus (Döderlein 1883)
     ※IUCN Least Concern ver.3.1
   Pentaceros quinquespinis
Pseudopentaceros richardsoni    Pentaceros richardsoni Smith 1844
     syn.Gilchristia richardsoni (Smith 1844)
       Griffinetta nelsonensis Whitley & Phillipps 1937
       Pentaceros knerii Steindachner 1866
       Pseudopentaceros richardsoni (Smith 1844)
     ※"(ニシ)クサカリツボダイ"。
     ※独立行政法人水産総合研究センター開発魚。
   Pentaceros wheeleri (Hardy 1983) クサカリツボダイ
     syn.Pentaceros pectoralis (Hardy 1983)
       Pseudopentaceros pectoralis Hardy 1983 "ロングフィンアーマーヘッド"。
       Pseudopentaceros wheeleri Hardy 1983

水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
22〜26℃
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○
inserted by FC2 system