Pegasidae、おさかなマガジン 分類トップ

Eurypegasus_draconis2.jpg(66975 byte)
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*熱帯を中心とした世界中【トゲウオ亜系】。
*淡水棲、汽水域進入性、海水棲【トゲウオ亜系】。
*体高は低い【トゲウオ亜系】。
*口が小さい(しばしば管状)、伸出不可(例外あり)【トゲウオ亜系】。
*体表に骨質板(例外あり)【トゲウオ亜系】。
*背鰭は2基(例外あり)、第1背鰭は棘条で構成【トゲウオ亜系】。
*尾鰭は小さい・または退縮(尾化)【トゲウオ亜系】。
*オス個体が卵を守る(例外あり)【トゲウオ亜系】。
*体は扁平で幅広【ウミテング目】。
*口は伸出可能【ウミテング目】。
*腹鰭は胸位【ウミテング目】。
*産卵は水面付近、産み散らかされる【ウミテング目】。
*大西洋西部〜インド洋【ウミテング科】。
*海水棲、汽水域進入性、底棲【ウミテング科】。
*体は寸詰まりで扁平、見かけ昆虫【ウミテング科】。
*脊椎骨数19〜22(始めの6骨は延長)【ウミテング科】。
*眼窩周囲骨3【ウミテング科】。
*上擬鎖骨・後擬鎖骨を欠く【ウミテング科】。
*全身を骨質板で武装、尾部は癒着せず可動【ウミテング科】。
*脱皮【ウミテング科】。
*鰾を欠く【ウミテング科】。
*鰓蓋骨が小さいため、鰓孔も小さい【ウミテング科】。
*前鰓蓋骨は大きい【ウミテング科】。
*鰓条骨(繊維状)数5【ウミテング科】。
*吻端は窄まり突出、口はその下【ウミテング科】。
*歯を持たない【ウミテング科】。
*非対鰭は貧弱で透明【ウミテング科】。
*背鰭は1基、棘条を欠く【ウミテング科】。
*背鰭棘条数0+軟条数5【ウミテング科】。
*胸鰭は扇状で体と同じくらい大きく着色、水平に広がる【ウミテング科】。
*胸鰭軟条数10〜18【ウミテング科】。
*腹鰭棘条数1+軟条数1〜3【ウミテング科】。
*臀鰭棘条数0+軟条数5【ウミテング科】。
*尾鰭軟条数8【ウミテング科】。
*尾柄断面は四角【ウミテング科】。



Family PEGASIDAE BoNAPARTE 1831 ウミテング科
Dragon-Fishes (ウミテング科魚種)
Pegasids (ウミテング科魚種)
Sea-Moths (ウミテング科魚種)


Genus Eurypegasus BLEEKER 1863 ウミテング属
   ※≠Genus Cataphractus BLOCH 1794 [Callichthyidae]。
   ※≠Genus Cataphractus EDWARDS ex CATESBY 1771 [Doradidae]。
   ※≠Genus Cataphractus FLEMING 1828 [Agonidae]。
   ※=Genus Cataphractus GRONOW 1763。
   ※≠Genus Cataphractus KLEIN ex WALBAUM 1792 1777 [Agonidae]。
   ※+Genus Zalises JORDAN & SNYDER 1901 (Type species : Zalises umitengu Jordan & Snyder 1901)。
ウミテング  Eurypegasus draconis (von Linné 1766) ウミテング
   syn.Cataphractus draco Gronow 1854
     ? Le dragon Bonnaterre 1788
     ? Le pegasis volant Bonnaterre 1788
     Pegasus draco Shaw 1804
     Pegasus draconis von Linné 1766
     Pegasus latirostris Richardson 1846
     Pegasus pauciradiatus Ogilby 1886
     Pegasus umitengu (Jordan & Snyder 1901)
     Surypegasus draconis (von Linné 1766)
     Zalites draconis (von Linné 1766)
     Zalises umitengu Jordan & Snyder 1901
   ※汽水域進入性。IUCN Data Deficient ver.3.1
 Eurypegasus papilio "ハワイウミテング"。
   syn.Pegasus papilio
   ※深部棲。IUCN Data Deficient ver.3.1
Genus Pegasus VON LINNÉ 1758 テングノオトシゴ属
   ※+Genus Acanthopegasus MCCULLOCH 1915 (Type species : Pegasus lancifer Kaup 1861)。
   ※+Genus Leptopegasus BLEEKER 1872 (Type species : Pegasus natans von Linné 1766)。
   ※+Genus Parapegasus DUMÉRIL 1870 (Type species : Pegasus natans von Linné 1766)。
   ※+Genus Pegasus VON LINNÉ 1758 Sub-Genus Spinipegasus RENDAHL 1930 (Type species : Pegasus laternarius Cuvier 1816)。
   ※+Genus Spinipegasus (RENDAHL 1930) (Type species : Pegasus laternarius Cuvier 1816)。
   ※← [Eleutheropomi JAROCKI 1822]。
   ※← [Hypostomides LATREILLE 1825]。
   ※← [Pegasini BONAPARTE 1831]。
 Pegasus lancifer Kaup 1861 "テングノオトシゴ(豪州南部)"。
   syn.Acanthopegasus lancifer (Kaup 1861)
     Parapegasus lancifer (Kaup 1861)
   ※汽水域進入性。IUCN Data Deficient ver.3.1
 Pegasus laternarius Cuvier 1816 テングノオトシゴ
   syn.Spinipegasus laternarius (Cuvier 1816) ※=Pegasus (Spinipegasus) laternarius Cuvier 1816。
   ※IUCN Vulnerable  A2cd  ver.2.3
ヤリテング  Pegasus tetrabelos Osterhage, Pogonoski, Appleyard & White 2016
 Pegasus volans Volta 1796 (絶滅)
 Pegasus volitans von Linné 1758 ヤリテング
   syn.Cataphractus anceps Gronow 1854
     ? La spatulis Bonnaterre 1788
     Leptopegasus natans (von Linné 1766)
     Parapegasus natans (von Linné 1766)
     Parapegasus volitans (von Linné 1758)
     Pegasus natans von Linné 1766
     Pegasus pristis Bleeker 1852
     Pegasus spatulus de la Cépède 1800
   ※汽水域進入性。IUCN Data Deficient ver.3.1



水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
26℃
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○
inserted by FC2 system