Parabrotulidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲、底棲、低温性【側棘鰭上目】。
*体高はやや高めから低いもの・超扁平まで【側棘鰭上目】。
*眼球のサイズに関わらず視力が効く(例外あり)【側棘鰭上目】。
*大口で強い捕食性(例外あり)【側棘鰭上目】。
*触鬚や多様な鰭(鰭条)【側棘鰭上目】。
*脂鰭を欠く【側棘鰭上目】。
*卵生・卵胎生、胎生【側棘鰭上目】。
*第三紀中期〜現代【アシロ目】。
*世界中【アシロ目】。
*淡水棲、汽水域進入性、海水棲、深海棲、洞窟棲、寄生性【アシロ目】。
*体高は低く寸詰まり傾向、延長する魚種もある【アシロ目】。
*体は側扁・しばしば延長【アシロ目】。
*頭部は大きくごついが、体がやけに大きいので割合的には小さいとされる【アシロ目】。
*鼻孔は左右それぞれ対に存在【アシロ目】。
*非対鰭は連続(例外あり)【アシロ目】。
*背鰭と臀鰭は棘を欠き基底は長い(例外あり)【アシロ目】。
*腹鰭を欠く魚種あり【アシロ目】。
*腹鰭は(存在すれば)前位・軟条1〜2のみ、基部に小棘【アシロ目】。
*卵生、卵胎生、胎生【アシロ目】。
*世界中【ニセイタチウオ科】。
*海水棲、深海棲、底棲【ニセイタチウオ科】。
*体高低く体は延長、10cm未満【ニセイタチウオ科】。
*脊椎骨数54〜73【ニセイタチウオ科】。
*頭部は小さめ、体は細長くなる【ニセイタチウオ科】。
*頭部に感覚孔はない【ニセイタチウオ科】。
*口は下位でやや小さめ【ニセイタチウオ科】。
*無鱗【ニセイタチウオ科】。
*卵巣は二葉【ニセイタチウオ科】。
*非対鰭は連続する【ニセイタチウオ科】。
*背鰭・臀鰭の基底は開始がほぼ同一(やや背鰭が先)【ニセイタチウオ科】。
*背鰭軟条数37〜50【ニセイタチウオ科】。
*胸鰭は小さい【ニセイタチウオ科】。
*胸鰭軟条数6〜8【ニセイタチウオ科】。
*腹鰭を欠く【ニセイタチウオ科】。
*臀鰭軟条数34〜43【ニセイタチウオ科】。
*尾鰭軟条数4〜6【ニセイタチウオ科】。
*卵胎生【ニセイタチウオ科】。



Family PARABROTULIDAE NIELSEN 1973 ニセイタチウオ科
False-Brotulas (ニセイタチウオ類)
Parabrotulids (ニセイタチウオ科魚種)


Genus Leucobrotula KOEFOED 1952 レウコブロトゥラ属
 Leucobrotula adipata Koefoed 1952
Genus Parabrotula ZUGMAYER 1911 パラブロトゥラ属
   ※← [Sub-Family Parabrotulinae NIELSEN 1973]。
 Parabrotula plagiophthalma Zugmayer 1911 ニセイタチウオ
   syn.Parabrotula dentiens Beebe 1932
 Parabrotula tanseimaru サガミニセイタチウオ
inserted by FC2 system