Oxynotidae, SQUALIFORMES、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【軟骨魚綱】。
*シルル紀〜現代【軟骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、遊泳性、底棲【軟骨魚綱】。
*軟骨、楯鱗【軟骨魚綱】。
*硬骨組織を持たない【軟骨魚綱】。
*鰾を欠く(浮力は肝臓の肝油で調整)【軟骨魚綱】。
*耳石を欠く(平衡砂は存在)【軟骨魚綱】。
*対鼻孔を有する【軟骨魚綱】。
*対鰭を有する【軟骨魚綱】。
*尾鰭は歪尾(上葉に脊柱が進入)【軟骨魚綱】。
*尾鰭上葉は下葉より伸長(例外あり)【軟骨魚綱】。
*ローレンチニ氏管・螺旋弁がある【軟骨魚綱】。
*オス個体の腹鰭部には交接器(クラスパー)が1対ある(例外あり)【軟骨魚綱】。
*卵生、卵胎生、胎生、体内受精【軟骨魚綱】。
*多くが遊泳性に乏しく、底を這う(以前はエイも所属、鰓孔の位置で分離)【ツノザメ上目】。
*世界中【ツノザメ上目】。
*淡水棲、海水棲、底棲、砂潜り、深海棲【ツノザメ上目】。
*発光器を持つ魚種あり【ツノザメ上目】。
*瞬膜を欠く【ツノザメ上目】。
*鰓孔は5〜7、上方から目視可能【ツノザメ上目】。
*噴水孔が発達【ツノザメ上目】。
*背鰭は1〜2基、強い棘条が備わる(例外あり)【ツノザメ上目】。
*海水棲、底棲【ツノザメ目】。
*背鰭は2基、臀鰭を欠く【ツノザメ目】。
*眼窩は楕円形【ツノザメ目】。
*鰓孔5【ツノザメ目】。
*臀鰭・瞬膜を欠く【ツノザメ目】。
*卵胎生【ツノザメ目】。
*海水棲、底棲、深海棲【オロシザメ科】。
*寸胴で体高がある【オロシザメ科】。
*背鰭は2基、第2背鰭基底は臀鰭と同一【オロシザメ科】。
*発光器を有する【オロシザメ科】。
*背鰭は大型で第1背鰭は特に目立つ【オロシザメ科】。



Family OXYNOTIDAE GILL 1863 オロシザメ科
Dog-Shark (オキシノトゥス・ブルニエンシス Oxynotus bruniensis)
Oxynotids (オロシザメ科魚種)


Genus Oxynotus RAFINESQUE 1810 オロシザメ属
   ※=Genus Centrina CUVIER 1816。
   ※+Genus Centrina RISSO 1827 (Type species : Centrina salviani Risso 1827)。
   ※=Genus Centrinus SWAINSON 1838。スペルミス。
   ※← [Family Squalidae DE BLAINVILLE 1816 Sub-Family Centrininae SWAINSON 1838]。=Centrinae。
   ※← [Family Squalidae DE BLAINVILLE 1816 Sub-Family Oxynotinae FOWLER 1934]。
 Oxynotus bruniensis (Ogilby 1893) "ミナミオロシザメ"。
   syn.Centrina bruniensis Ogilby 1893
     Centrina salviana Hutton 1890 non Risso 1827
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
 Oxynotus caribbaeus "カリブオロシザメ"。
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
 Oxynotus centrinus (von Linné 1758) "アングラーラフシャーク"。
   syn.Centrina centrina (von Linné 1758)
     Centrina oxynota Swainson 1839
     Centrina salviani Risso 1827 non Hutton 1890
     Centrina vulpecula Moreau 1881
     ? Oxynotus shubnikovi Myagkov 1986
     Squalus centrinus von Linné 1758
   ※IUCN Vulnerable  A2bcd+4bd  ver.3.1
 Oxynotus japonicus オロシザメ
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
   ※情報不足(2017年版)
 Oxynotus paradoxus "セルフィンラフシャーク"。
   syn.Centrina paradoxa
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
Genus Protoxynotus HERMAN 1975 プロオキシノトゥス属 (絶滅)
 Protoxynotus misburgensis Herman 1975 (絶滅)


観賞目的の流通
定番 あり  
商業的養殖
 ×
水槽内繁殖
容易 普通 難(記録あり) 不可・不明
水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
24〜26℃
混泳
混泳同種・同型=△ 混泳異種・異型=△
inserted by FC2 system