Osteoglossidae, Osteoglossoidei、おさかなマガジン 分類トップ

アジアアロワナ
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*鰾と内耳は管・若しくは器官により連絡【ニシン・骨鰾下区】。
*追星を生じる一群が存在【ニシン・骨鰾下区】。
*背鰭は1基【ニシン・骨鰾下区】。
*脂鰭を持たない(例外あり)【ニシン・骨鰾下区】。
*腹鰭は腹位【ニシン・骨鰾下区】。
*世界中【オステオグロッスム上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、表層性【オステオグロッスム上目】。
*通常視力が効き、そうでないものにはレーダー網装備【オステオグロッスム上目】。
*一部魚種には感覚器(ヒゲ・アンテナ・発電能)【オステオグロッスム上目】。
*鰓蓋骨は大きい(例外あり)【オステオグロッスム上目】。
*舌骨と副蝶形骨に歯が並ぶ(特に舌は卸金様)【オステオグロッスム上目】。
*顎が斜位(例外あり)、噛力が強い【オステオグロッスム上目】。
*上顎骨・上眼窩骨を欠く【オステオグロッスム上目】。
*第4・5眼窩骨が融合する【オステオグロッスム上目】。
*非対鰭(一方・場合により双方)の基底が長くなる傾向【オステオグロッスム上目】。
*上尾骨は1・若しくはこれを欠く【オステオグロッスム上目】。
*尾鰭の形状は実に様々、これを欠く魚種もあり【オステオグロッスム上目】。
*尾鰭の鰭条は18以下【オステオグロッスム上目】。
*卵生、営巣・若しくは口腔内保育を行う(例外あり)【オステオグロッスム上目】。
*淡水棲(現生種)、汽水棲、海水棲、単独性【オステオグロッスム目】。
*腸管は食道と胃の左後方(現生種)【オステオグロッスム目】。
*副蝶形骨と舌骨に下ろし金状に並ぶ歯(例外あり)【オステオグロッスム目】。
*前顎骨は小さい【オステオグロッスム目】。
*脂鰭を欠く【オステオグロッスム目】。
*空気呼吸【オステオグロッスム目】。
*卵生【オステオグロッスム目】。
*卵巣が対にならない=左側のみ(例外あり)【オステオグロッスム目】。
*卵生【オステオグロッスム目】。
*背鰭と臀鰭の基底は長め、開始は体の中央より後方で尾鰭に接近する【オステオグロッスム亜目】。
*尾鰭に切れ込みはない【オステオグロッスム亜目】。
*視覚良好【オステオグロッスム亜目】。
*親魚は卵・仔魚を守る(例外あり)【オステオグロッスム亜目】。
*新・旧大陸、東南アジア、豪州、南米【オステオグロッスム科】。
*淡水棲(現生種)、海水棲【オステオグロッスム科】。
*体は側扁、下顎が急角度で上方に向かう(現生種)【オステオグロッスム科】。
*口は上位・斜位(現生種)【オステオグロッスム科】。
*ヒゲを持つ(現生種)【オステオグロッスム科】。
*口腔内孵化(現生種)【オステオグロッスム科】。



Family OSTEOGLOSSIDAE BONAPARTE 1845 オステオグロッスム科
Arowanas (オステオグロッスム科魚種)
Bony-Tongues (オステオグロッスム科魚種)
Osteoglossids (オステオグロッスム亜目魚種)


Genus Anaedopogon COPE 1871 アナエドポゴン属 (絶滅)
  ※Elopimorphより。
 Anaedopogon tenuidens Cope 1871 (絶滅)
Genus Chandlerichthys GRANDE 1986 カンドレリクティス属 (絶滅)
 Chandlerichthys strickeri Grande 1986 (絶滅)
Genus Chauliopareion MURRAY & WILSON 2005 カウリオパレイオン属 (絶滅)
 Chauliopareion mahengeense Murray & Wilson 2005 (絶滅)
Genus Chanopsis CASIER 1961 カノプシス属 (絶滅)
   ※Clupeidaeより。Gonorynchiformes?
 Chanopsis lombardi Casier 1961 (絶滅)
Genus Foreyichthys TAVERNE 1979 フォレイクティス属 (絶滅)
   ※← [Family Foreyichthyidae TAVERNE 1998]。未確認。
 Foreyichthys bolcensis Taverne 1979 (絶滅)
Genus Joffrichthys LI & WILSON 1996 ヨッフリクティス属 (絶滅)
   ※長卵形。
 Joffrichthys symmetropterus Li & Wilson 1996 (絶滅)
 Joffrichthys triangulpterus Newbrey & Bozek 2000 (絶滅)
Genus Laeliichthys DA SILVA-SANTOS 1985 ラエリイクティス属 (絶滅)
   ※← [Sub-Family Laeliichthyinae DA SILVA-SANTOS 1988]。
 Laeliichthys ancestralis da Silva-Santos 1985 (絶滅)
Genus Nieerkunia SU 1992 ニエエルクニア属 (絶滅)
 Nieerkunia liae Su 1992 (絶滅)
Genus Osteoglossidarum オステオグロッシダルム属 (絶滅) ※Otoliths=耳石。
 Osteoglossidarum deccanense Rana 1988 (絶滅)
 Osteoglossidarum intertrappum Rana 1988 (絶滅)
 Osteoglossidarum rhomboidale (Stinton 1977) (絶滅)
   syn.Bathyclupea rhomboidalis (Stinton 1977)
     Polymixia rhomboidalis Stinton 1977
 Osteoglossidarum tavernei Nolf & Stringer 1996 (絶滅)
Genus Osteoglossum AGASSIZ ex SPIX & AGASSIZ 1829 オステオグロッスム属
   ※=Genus Ischnosoma AGASSIZ ex SPIX & AGASSIZ 1829。
Osteoglossum bicirrhosum    ※=Genus Osteoglossum CUVIER 1829。
   ※← [Osteoglossini BONAPARTE 1846]。
 Osteoglossum bicirrhosum Cuvier 1829 "シルバーアロワナ"。
   syn.Ischnosoma bicirrhosum (Cuvier 1829)
     Osteoglossum arowanum Jardine 1841
     Osteoglossum minum Valenciennes 1847
     Osteoglossum vandelli Cuvier 1829
  ※背鰭と臀鰭の基底が極めて長く、尾鰭が極端に小さい。
  ※腹鰭は小さいが伸張。新大陸。pH6.5。
 Osteoglossum ferreirai "ブラックアロワナ"。
  ※IUCN Least Concern ver.3.1
Osteoglossum ferreirai Genus Ridewoodichthys TAVERNE 2009 リデウォオディクティス属 (絶滅)
 Ridewoodichthys caheni (Taverne 1969) (絶滅)
   syn.Brychaetus caheni Taverne 1969
Genus Scleropages GÜNTHER 1864 スクレロパゲス属
  ※+Genus Delsmania (FOWLER 1934) (Type species : Osteoglossum formosum Müller & Schlegel 1844)。
  ※+Genus Scleropages GÜNTHER 1864 Sub-Genus Delsmania FOWLER 1934 (Type species : Osteoglossum formosum Müller & Schlegel 1844)。
  ※背鰭と臀鰭は丸みを帯び、尾鰭は普通に大きい。
  ※旧大陸。pH7.0〜7.5。
 Scleropages africanus Taverne 2009 (絶滅)
 Scleropages formosus (Müller & Schlegel 1844)
   syn.Delsmania formosa (Müller & Schlegel 1844)
     Osteoglossum formosum Müller & Schlegel 1844
     ? Scleropages aureus Pouyaud, Sudarto & Teugels 2003
       ※"アジアアロワナ(レッドテールド・ゴールデン)"。
     ? Scleropages legendrei Pouyaud, Sudarto & Teugels 2003
       ※"アジアアロワナ(レッド・SR・紅龍)"。
     ? Scleropages macrocephalus Pouyaud, Sudarto & Teugels 2003
       ※ "アジアアロワナ(イエローフィン・シルバー・バンジャール)"。
Scleropages aureus    ※"アジアアロワナ(グリーン・ゴールドクロスバック)"。
   ※合衆国魚類及び野生生物保護局(Endangered)。
   ※CITES APPENDIX I
   ※IUCN Endangered  A1cd+2cd  ver.2.3
 Scleropages inscriptus Roberts 2012
   ※ミャンマー。
 Scleropages jardini "ノーザンバラムンディ"。
   syn.Osteoglossum jardinii
 Scleropages leichardti Günther 1864 "スポッテドバラムンディ"。
   syn.Osteoglossum guntheri de Castelnau 1876
   ※IUCN Lower Risk/near threatened ver.2.3
 Scleropages sinensis Zhang & Wilson 2017 (絶滅)
Genus Sinoglossus SU 1986 シノグロッスス属 (絶滅)
 Sinoglossus lushanensis Su 1986 (絶滅)
Genus Taverneichthys KUMAR, RANA & PALIWAL 2005 タウェルネイクティス属 (絶滅)
 Taverneichthys bikanericus Kumar, Rana & Paliwal 2005 (絶滅)
Genus Tetoriichthys YABUMOTO 2008 テトリイクティス属 (絶滅)
 Tetoriichthys kuwajimaensis Yabumoto 2008 (絶滅)


観賞目的の流通
定番 あり  
商業的養殖
○ ×
水槽内繁殖
容易 普通 難(記録あり) 不可・不明
水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
25〜27℃
適性pH
6.5〜7.5
混泳
混泳同種・同型=×(旧大陸アロワナ類)、△〜○(新大陸アロワナ類) 混泳異種・異型=×(旧大陸アロワナ類)、○(新大陸アロワナ類)
備考
絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律
該当魚種あり
Scleropages formosus Scleropages legendrei
inserted by FC2 system