Orthogonikleithridae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*ジュラ紀から現代【原棘鰭上目】。
*淡水から海水域【原棘鰭上目】。
*体高低く紡錘形〜棍棒状【原棘鰭上目】。
*顎に歯を備え(例外あり)、強い捕食性を有する傾向【原棘鰭上目】。
*上顎は不動(伸出不可)、口は大きく開く【原棘鰭上目】。
*舌歯を持つ【原棘鰭上目】。
*喉板を欠く【原棘鰭上目】。
*脊椎骨24以上【原棘鰭上目】。
*眼下蝶形骨の存在【原棘鰭上目】。
*中烏口骨の存在(例外あり)【原棘鰭上目】。
*背鰭は1基【原棘鰭上目】。
*腹鰭は体の後方に位置【原棘鰭上目】。
*腹部に稜鱗は存在しない(例外あり)【原棘鰭上目】。
*世界中【キュウリウオ目】。
*淡水〜汽水〜海水域、深海【キュウリウオ目】。
*円鱗【キュウリウオ目】。
*上顎の歯を欠く【キュウリウオ目】。
*眼窩蝶形骨を欠く【キュウリウオ目】。
*背鰭は1基【キュウリウオ目】。
*脂鰭がある(例外あり)【キュウリウオ目】。
*卵生、淡水〜汽水〜海水域【キュウリウオ目】。
*深海棲【セキトリイワシ亜目】。
*体に対して頭部が大きい【セキトリイワシ亜目】。
*体に対して各鰭は小さい【セキトリイワシ亜目】。
*背鰭は体の後方、脂鰭を欠く【セキトリイワシ亜目】。
*鰾を欠く【セキトリイワシ亜目】。
*背鰭は体の後方、脂鰭を欠く【セキトリイワシ亜目】。
*胸鰭・腹鰭は小さい【セキトリイワシ亜目】。
*臀鰭は背鰭に対在、しばしば長大【セキトリイワシ亜目】。
*尾鰭は深く2叉【セキトリイワシ亜目】。
*体高低く頭部は大きめ【オルトゴニクレイトルス科】。
*体は延長する【オルトゴニクレイトルス科】。
*各鰭は小さい【オルトゴニクレイトルス科】。
*背鰭は体の中央に位置【オルトゴニクレイトルス科】。
*腹鰭は背鰭に対在【オルトゴニクレイトルス科】。
*尾鰭は2叉【オルトゴニクレイトルス科】。



Family ORTHOGONIKLEITHRIDAE ARRATIA 1997 オルトゴニクレイトルス科
Orthogonikleithrids (オルトゴニクレイトルス科魚種)


Genus Avitosmerus FIELITZ 2002 アウィトスメルス属 (絶滅)
 Avitosmerus canadensis Fielitz 2002 (絶滅)
Genus Barcarenichthys GAYET 1988 バルカレニクティス属 (絶滅)
 Barcarenichthys joneti Gayet 1988 (絶滅)
Genus Erichalcis FOREY 1975 エリカルキス属 (絶滅)
 Erichalcis arcta Forey 1975 (絶滅)
 Erichalcis conspicua Hermus, Wilson & Macrae 2004 (絶滅)
Genus Gaudryella PATTERSON 1970 ガウドリエルラ属 (絶滅)
 Gaudryella gaudryi (Pictet & Humbert 1866) (絶滅)
   syn.Clupea gaudryi Pictet & Humbert 1866
     Scombroclupea gaudryi (Pictet & Humbert 1866)
Genus Gharbouria GAYET 1988 ガルボウリア属 (絶滅)
 Gharbouria libanica Gayet 1988 (絶滅)
Genus Ginsburgia GAYET 1988 ギンスブルギア属 (絶滅)
   ※=Genus Humbertia PATTERSON 1970。
   ※≠Genus Humbertia LAMARCK 1786 [Convolvulaceae, Plantae]。
   ※≠Genus Humbertia DE BEAUMONT 1965 [Miacidae, Carnivoramorpha, Mammalia]。
 Ginsburgia operta (Patterson 1970) (絶滅)
   syn.Humbertia operta Patterson 1970
Genus Kermichthys TAVERNE 1993 ケルミクティス属 (絶滅)
 Kermichthys daguini (Arambourg 1954) (絶滅)
   syn.Thrissopater daguini Arambourg 1954
Genus Leptolepides NYBELIN 1974 レプトレピデス属 (絶滅)
 Leptolepides haerteisi Arratia 1997 (絶滅)
 Leptolepides sprattiformis (de Blainville 1818) (絶滅)
   syn.Clupea sprattiformis de Blainville 1818
     Leptolepis macrolepidota Agassiz 1839-1844
     ? Leptolepis pusilla von Münster 1839
     Leptolepis sprattiformis (de Blainville 1818)
   ※葉状幼生?が見つかったのみ。
Genus Manchurichthys SAITO 1936 マンクリクティス属 (絶滅)
   ※← [Family Lycopteridae COCKERELL 1924 Sub-Family Manchurichthyinae TAKAI 1943]。=Manchurichthynae。
 Manchurichthys uwatokoi Saito 1936 (絶滅) "満州魚"。
Genus Orthogonikleithrus ARRATIA 1987 オルトゴニクレイトルス属 (絶滅) ※Leptolepididaeより。
 Orthogonikleithrus francogalliensis Konwert 2016 (絶滅)
 Orthogonikleithrus hoelli Arratia 1997 (絶滅)
 Orthogonikleithrus leichi Arratia 1987 (絶滅)
Genus Paravinciguerria ARAMBOURG 1954 パラウィンキグエルリア属 (絶滅)
 Paravinciguerria praecursor Arambourg 1954 (絶滅)
inserted by FC2 system