Notopteridae、おさかなマガジン 分類トップ

Chitala ornata
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*鰾と内耳は管・若しくは器官により連絡【ニシン・骨鰾下区】。
*追星を生じる一群が存在【ニシン・骨鰾下区】。
*背鰭は1基【ニシン・骨鰾下区】。
*脂鰭を持たない(例外あり)【ニシン・骨鰾下区】。
*腹鰭は腹位【ニシン・骨鰾下区】。
*世界中【オステオグロッスム上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、表層性【オステオグロッスム上目】。
*通常視力が効き、そうでないものにはレーダー網装備【オステオグロッスム上目】。
*一部魚種には感覚器(ヒゲ・アンテナ・発電能)【オステオグロッスム上目】。
*鰓蓋骨は大きい(例外あり)【オステオグロッスム上目】。
*舌骨と副蝶形骨に歯が並ぶ(特に舌は卸金様)【オステオグロッスム上目】。
*顎が斜位(例外あり)、噛力が強い【オステオグロッスム上目】。
*上顎骨・上眼窩骨を欠く【オステオグロッスム上目】。
*第4・5眼窩骨が融合する【オステオグロッスム上目】。
*非対鰭(一方・場合により双方)の基底が長くなる傾向【オステオグロッスム上目】。
*上尾骨は1・若しくはこれを欠く【オステオグロッスム上目】。
*尾鰭の形状は実に様々、これを欠く魚種もあり【オステオグロッスム上目】。
*尾鰭の鰭条は18以下【オステオグロッスム上目】。
*卵生、営巣・若しくは口腔内保育を行う(例外あり)【オステオグロッスム上目】。
*淡水棲(現生種)、汽水棲、海水棲、単独性【オステオグロッスム目】。
*腸管は食道と胃の左後方(現生種)【オステオグロッスム目】。
*副蝶形骨と舌骨に下ろし金状に並ぶ歯(例外あり)【オステオグロッスム目】。
*前顎骨は小さい【オステオグロッスム目】。
*脂鰭を欠く【オステオグロッスム目】。
*空気呼吸【オステオグロッスム目】。
*卵生【オステオグロッスム目】。
*卵巣が対にならない=左側のみ(例外あり)【オステオグロッスム目】。
*卵生【オステオグロッスム目】。
*頭骨に鰾が接続【ナギナタナマズ亜目】。
*旧大陸、東南アジア、アフリカ【ナギナタナマズ科】。
*淡水棲、汽水域進入性【ナギナタナマズ科】。
*著しく扁平、背部は丸く盛り上がる【ナギナタナマズ科】。
*臀鰭(+尾鰭)基底は長大、肛門が頭部のすぐ後ろの状態【ナギナタナマズ科】。
*小さいがよく目立つ可愛い背鰭(1種を除く)、腹鰭は申し訳程度【ナギナタナマズ科】。
*鼻管を有する【ナギナタナマズ科】。
*下鰓蓋骨を欠く【ナギナタナマズ科】。
*親魚(主にメス個体)は卵・稚魚を守る【ナギナタナマズ科】。
*幼魚の体側には横縞が密に走る【ナギナタナマズ科】。
*アフリカ産の魚種はどちらかと言えばモルミルス類に近い【ナギナタナマズ科】。



Family NOTOPTERIDAE BLEEKER 1851 ナギナタナマズ科
Feather-Backs (ナギナタナマズ類)
Knife-Fishes (ナギナタナマズ類)
Notopterids (ナギナタナマズ科)


Genus Chitala (FOWLER 1934) キタラ属
   ※=Genus Notopterus LACÉPÈDE 1800 Sub-Genus Chitala FOWLER 1934。
Chitala blanci    ※空気を吸う際、水面に突進。
 Chitala blanci "ロイヤルナイフフィッシュ"。
   syn.Notopterus blanci
   ※胸鰭基部に黒斑。流れを好む。
   ※IUCN Lower Risk/near threatened ver.2.3
 Chitala borneensis "ボルネオナイフフィッシュ"。
   syn.Notopterus borneensis
     Notopterus maculosus
 Chitala chitala (Hamilton 1822) "スポットナイフ(ブリリアント)"。
   syn.Mystus chitalus Hamilton 1822
     Notopterus buchanani Valenciennes 1848
     Notopterus chitalus (Hamilton 1822)
Chitala chitala      Notopterus maculatus Valenciennes 1832
   ※黒斑は巨大で前方ほど体側、成魚の背部が金または銀に輝く。
 Chitala hypselonota
   syn.Notopterus hypselonotus
 Chitala lopis
   ※胸鰭基部に黒斑、体側は無紋(若魚には縞あり)。
   ※マレーシア〜インドネシア産。
 Chitala ornata "スポットナイフ"。
   syn.Notopterus buchanani
     Notopterus ocellifer
     Notopterus ornatus
   ※黒斑は大きくなく臀鰭基底に沿って並ぶ。背部は輝かない。
   ※インドシナ半島産。
Notopterus notopterus Genus Notopteridarum ノトプテリダルム属 (絶滅) ※Otoliths=耳石。
 Notopteridarum nolfi Rana 1988 (絶滅)
Genus Notopterus LACÉPÈDE 1800 ノトプテルス属
   ※≠Genus Glanis AGASSIZ 1829 [Ariidae]。
   ※≠Genus Glanis AGASSIZ 1857 [Siluridae]。
   ※+Genus Glanis GRONOW 1854 (Type species : Glanis imberbis Gronow 1854)。
   ※←Notopteri BLEEKER 1851。
 Notopterus notopterus (Pallas 1769) "インディアンナイフフィッシュ"。
   syn.Clupea synura Bloch & Schneider 1801
     Glanis imberbis Gronow 1854
     Gymnotus notopterus Pallas 1769
     Mystus badgee Sykes 1839 ※ナギナタ“ナマズ”の由来。
     Mystus kapirat (Lacépède 1800)
     Notopterus bontianus Valenciennes 1848
     Notopterus kapirat Lacépède 1800
       ※模式種、但し先に記載された Gymnotus notopterus Pallas 1769 に統合。
     Notopterus osmani Rahimullah & Das 1991
     Notopterus pallasii Valenciennes 1848
     Notopterus primaevus Günther 1876
   ※淡水〜汽水域。全身銀色で模様なし(幼魚には縞)。
Genus Palaeonotopterus FOREY 1997 パラエオノトプテルス属 (絶滅)
 Palaeonotopterus greenwoodi Forey 1997 (絶滅)
Genus Papyrocranus GREENWOOD 1963 パピロクラヌス属
   ※吻端丸く赤目・ギョロ目。
 Papyrocranus afer (Günther 1868) "アロワナナイフ"。
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
   syn.Notopterus afer Günther 1868
 Papyrocranus congoensis "アロワナナイフ(コンゴ)"・"コンゴマーブルナイフ"。
   syn.Notopterus afer congoensis
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
     Papyrocranus afer congicus
Genus Xenomystus (GÜNTHER 1868) キセノミストゥス属
   ※=Genus Notopterus LACÉPÈDE 1800 Sub-Genus Xenomystus GÜNTHER 1868。
Xenomystus nigri    ※≠Genus Xenomystus LÜTKEN 1874 [Loricariidae]。
   ※← [Sub-Family Xenomystinae GREENWOOD 1963]。
   ※背鰭を欠く。空気を吸う前に水面で一呼吸。発音。
 Xenomystus nigri (Günther 1868) "アフリカンナイフフィッシュ"。
   syn.Notopterus nigri Günther 1868
   ※IUCN Least Concern ver.3.1


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
(23〜)27〜30℃
適性pH
6.0〜7.0
混泳
混泳同種・同型=×(アフリカ産)、△〜○(アジア産) 混泳異種・異型=×(アフリカ産)、○(アジア産)
inserted by FC2 system