Lebiasinidae、おさかなマガジン 分類トップ

Nannostomus_beckfordi.jpg(49482 byte)
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*鰾と内耳は管・若しくは器官により連絡【ニシン・骨鰾下区】。
*追星を生じる一群が存在【ニシン・骨鰾下区】。
*背鰭は1基【ニシン・骨鰾下区】。
*脂鰭を持たない(例外あり)【ニシン・骨鰾下区】。
*腹鰭は腹位【ニシン・骨鰾下区】。
*白亜紀〜現代【骨鰾上目】。
*世界中【骨鰾上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【骨鰾上目】。
*ウェーベル氏器官(聴覚に関連)の存在【骨鰾上目】。
*体表に微細な角質突起【骨鰾上目】。
*被災個体は警戒フェロモン分泌【骨鰾上目】。
*旧世界・新世界【骨鰾系】。
*淡水棲、汽水域進入性【骨鰾系】。
*ウェーベル氏器官は完全【骨鰾系】。
*追星・若しくは性的2型(例外あり)【骨鰾系】。
*白亜紀〜現代【カラックス目】。
*旧世界(アフリカ・欧州)、新世界(中南米)【カラックス目】。
*淡水棲、汽水域侵入性、海水棲(絶滅種)【カラックス目】。
*体は側扁、紡錘形・円盤状・細長いものなど【カラックス目】。
*顎に歯(大きさ・形状は様々)がズラリと並ぶ(よって近縁は鯉ではなく鯰と電気鰻)【カラックス目】。
*ヒゲはない【カラックス目】。
*円鱗・櫛鱗、多くが金属光沢【カラックス目】。
*背鰭は1基【カラックス目】。
*脂鰭を有する(例外あり)【カラックス目】。
*尾鰭は戴形・湾入・2叉【カラックス目】。
*小型種には性的2型が多く見られる【カラックス目】。
*卵生、営巣・保護する魚種がある【カラックス目】。
*体高低く棍棒状【エリトリヌス上科】。
*脂鰭を欠く魚種も多い【エリトリヌス上科】。
*新大陸【レビアシナ科】。
*脂鰭は大半が欠くが、同種中でも有無がまちまちだったり【レビアシナ科】。
*尾鰭は湾入【レビアシナ科】。
*上顎骨は長い【レビアシナ亜科】。
*歯は三尖【レビアシナ亜科】。
*鰓条骨4【レビアシナ亜科】。
*頭部を上方に向ける【ピルルリナ亜科】。
*上顎骨は短い【ピルルリナ亜科】。
*歯は円錐形か多尖【ピルルリナ亜科】。
*鰓条骨3【ピルルリナ亜科】。



Family LEBIASINIDAE GILL 1889 レビアシナ科
Lebiasinids (レビアシナ科魚種)
Pencil-Fishes (レビアシナ科魚種)


Sub-Family Lebiasininae レビアシナ亜科
  Genus Derhamia GÉRY & ZARSKE 2002 デルハミア属
   Derhamia hoffmannora Géry & Zarske 2002
  Genus Lebiasina VALENCIENNES ex CUVIER & VALENCIENNES 1847 レビアシナ属
     ※← [Sub-Family Lebiasininae GILL 1889]。
   Lebiasina ardilai Netto-Ferreira, Lopez-Fernandez, Taphorn & Livepool 2013
Lebiasina bimaculata     Valenciennes 1847 "トゥースポットレビアシナ"。
     ※pH6.2〜7.5・22〜26℃。
   Lebiasina chocoensis Ardila-Rodríguez 2010
   Lebiasina chucuriensis
   Lebiasina colombia
   Lebiasina floridablancaensis
   Lebiasina intermedia
   Lebiasina marilynae Netto-Ferreira 2012
   Lebiasina melanoguttata Netto-Ferreira 2012
   Lebiasina minuta Netto-Ferreira 2012
   Lebiasina multimaculata
     ※pH6.0〜7.8・23〜27℃。
   Lebiasina narinensis
   Lebiasina ortegai
   Lebiasina provenzanoi
   Lebiasina taphorni
   Lebiasina uruyensis
   Lebiasina yepezi
   Lebiasina yuruaniensis
  Genus Piabucina VALENCIENNES ex CUVIER & VALENCIENNES 1850 ピアブキナ属
     ※← [Sub-Family Piabucininae EIGENMANN 1909]。
   Piabucina astrigata
     syn.Lebiasina astrigata
     ※pH5.8〜7.8・22〜26℃。
   Piabucina aureoguttata
     syn.Lebiasina aureoguttata
   Piabucina boruca
     syn.Lebiasina boruca
     ※pH6.0〜7.5・23〜29℃。
   Piabucina elongata
     syn.Lebiasina elongata
   Piabucina erythrinoides Valenciennes 1850
     syn.Lebiasina erythrinoides (Valenciennes 1850)
   Piabucina festae
     syn.Lebiasina festae
   Piabucina panamensis
     syn.Lebiasina panamensis
   Piabucina pleurotaenia
     syn.Lebiasina pleurotaenia
   Piabucina unitaeniata
     syn.Lebiasina unitaeniata
Copeina guttata Sub-Family Pyrrhulininae BLEEKER 1859 ピルルリナ亜科
  Genus Copeina FOWLER 1906 コペイナ属
     ※オス個体が底砂営巣・臀鰭のポーチで運搬・卵と稚魚をガード。
   Copeina guttata (Steindachner 1876) "レッドスポットテトラ"。
     syn.Pyrrhulina argyrops Cope 1878
         ※模式種、但し先に記載された Pyrrhulina guttata Steindachner 1876 に統合。
       Pyrrhulina guttata Steindachner 1876
     ※23〜28℃。
   Copeina osgoodi
  Genus Copella MYERS 1956 コペルラ属
     ※背鰭は後方に寄り、臀鰭の位置。尾鰭上葉は伸張する。
   Copella arnoldi "スプラッシュテトラ"。
Copella arnoldi      syn.Copeina arnoldi
     ※葉上産卵・受精。オス個体が水掛けの世話。
     ※6.0〜8.0・25〜29℃。
   Copella carsevennensis
     syn.Copeina carsevennensis
     ※葉上産卵。
   Copella compta (Myers 1927)
     syn.Copeina compta Myers 1927
   Copella eigenmanni
     syn.Copeina eigenmanni
   Copella meinkeni
   Copella metae
     syn.Copeina metae
       Pyrrhulina metae
     ※pH5.8〜7.5・23〜27℃。
   Copella nattereri "スポッテドテトラ"。
     syn.Copella callolepis
       Pyrrhulina nattereri
     ※pH5.8〜7.5・23〜27℃。
   Copella nigrofasciata
     syn.Pyrrhulina nigrofasciata
     ※pH6.0〜7.0・21〜25℃。IUCN Least Concern ver.3.1
   Copella vilmae
     ※pH4.5〜5.2・23〜25℃。
  Genus Nannostomus GÜNTHER 1872 ナンノストムス属
     ※+Genus Archicheir EIGENMANN 1909 (Type species : Archicheir minuta Eigenmann 1909)。
     ※+Genus Nannobrycon EIGENMANN 1909 (Type species : Poecilobrycon auratus Eigenmann 1909)。
     ※+Genus Poecilobrycon EIGENMANN 1909 (Type species : Poecilobrycon harrisoni Eigenmann 1909)。
     ※+Genus Poecilobrycon EIGENMANN 1909 Sub-Genus Nannobrycon (EIGENMANN 1909) (Type species : Poecilobrycon auratus Eigenmann 1909)。
     ※← [Nannostomi GILL 1896]。
     ※← [Sub-Family Nannostominae EIGENMANN 1912]。=Nannostomatinae。
     ※基質産卵性、放置。
   Nannostomus anduzei
     ※24〜28℃。
Nannostomus beckfordi    Nannostomus beckfordi Günther 1872 "ゴールデンペンシル"。
     syn.Nannostomus anomalus Steindachner 1876
       Nannostomus aripirangensis Meinken 1931
       Nannostomus beckfordi surinami Hoedeman 1954
       Nannostomus simplex Eigenmann 1909
     ※pH6.0〜8.0・24〜26℃。
   Nannostomus bifasciatus "ホワイトサイドペンシル"。
     ※pH5.5〜7.0・23〜27℃。
   Nannostomus britskii "スポットストライプペンシル"。
   Nannostomus digrammus "トゥースポットペンシル"。
     syn.Poecilobrycon digrammus
     ※pH5.8〜6.8・24〜26℃。
   Nannostomus eques Steindachner 1876 "ブラウンペンシル"・"ペンシルフィッシュ"。
     syn.Nannobrycon eques (Steindachner 1876)
       Poecilobrycon auratus Eigenmann 1909
       Poecilobrycon eques (Steindachner 1876)
     ※pH5.0〜6.0・23〜28℃。
   Nannostomus erythrurus (Eigenmann 1909)
     syn.Poecilobrycon erythrurus Eigenmann 1909
   Nannostomus espei "バードペンシル"。
     syn.Poecilobrycon espei
     ※臀鰭はポーチ状(繁殖に利用)。pH5.5〜7.0・22〜26℃。
   Nannostomus grandis
   Nannostomus harrisoni (Eigenmann 1909)
     syn.Archicheir minuta Eigenmann 1909
       Poecilobrycon harrisoni Eigenmann 1909
     ※"ハリソンペンシル"・"ブラックストライプペンシル"。
     ※pH5.5〜7.0・24〜28℃。
   Nannostomus limatus "エレガントペンシル"。
   Nannostomus marginatus "ドワーフペンシル"。
     syn.Nannostomus marginatus picturatus
     ※pH5.8〜7.5・24〜26℃。
   Nannostomus marilynae "グリーンストライプペンシル"。
     ※pH5.5〜6.5・24〜26℃。
   Nannostomus minimus "リーストペンシル"。
   Nannostomus mortenthaleri
     syn.Nannostomus marginatus mortenthaleri
   Nannostomus nigrotaeniatus Zarske 2013
   Nannostomus nitidus "シャイニングペンシル"。
     ※24〜28℃。
   Nannostomus rubrocaudatus "ブラッドレッドペンシル"。
   Nannostomus trifasciatus "スリーストライプペンシル"。
     syn.Poecilobrycon vittatus
     ※pH5.5〜7.0・24〜28℃。
   Nannostomus unifasciatus
     syn.Poecilobrycon ocellatus
     ※pH5.5〜7.0・25〜28℃。
  Genus Pyrrhulina VALENCIENNES ex CUVIER & VALENCIENNES 1846 ピルルリナ属
     ※+Genus Holotaxis COPE 1870 (Type species : Holotaxis melanostoma Cope 1870)。
     ※← [Pyrrhulinini BLEEKER 1859]。
     ※背鰭は後方に寄り、腹鰭と臀鰭の間に位置する。
   Pyrrhulina australis
     syn.Pyrrhulina macrolepis
     ※brevis-group。
   Pyrrhulina beni
     ※filamentosa-group。多分ガーダー。
   Pyrrhulina brevis
     ※brevis-group。pH5.2〜6.8・24〜28℃。
   Pyrrhulina eleanorae
     ※laeta-group。24〜38℃。
   Pyrrhulina elongata
   Pyrrhulina filamentosa Valenciennes 1847
     ※filamentosa-group。本種は卵を守る。
     ※pH5.8〜7.5・23〜28℃。
   Pyrrhulina laeta
     syn.Holotaxis laeta
     ※laeta-group。pH5.8〜7.0・23〜27℃。
   Pyrrhulina lugubris ※brevis-group。
   Pyrrhulina maxima ※laeta-group。
   Pyrrhulina marilynae Netto-Ferreira & Marinho 2013
   Pyrrhulina melanostoma (Cope 1870)
     syn.Holotaxis melanostoma Cope 1870
   Pyrrhulina obermuelleri
Pyrrhulina rachoviana    Pyrrhulina rachoviana
     ※filamentosa-group。本種は卵を守る。
     ※pH6.0〜7.8・15〜22℃。
   Pyrrhulina semifasciata
     ※laeta-group。
   Pyrrhulina spilota
     ※vittata-group。本種は卵を守る。
     ※pH5.8〜7.0・23〜26℃。
   Pyrrhulina stoli
   Pyrrhulina vittata
     ※vittata-group。本種は卵を守る。
     ※pH6.0〜7.5・23〜27℃。
   Pyrrhulina zigzag


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
24〜28℃
適性pH
6.5〜7.0
混泳
混泳同種・同型=○ 混泳異種・異型=○
inserted by FC2 system