Latidae、おさかなマガジン 分類トップ

Lates niloticus
*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*世界中【スズキ系】。
*淡水〜汽水〜海水域【スズキ系】。
*体は側扁(例外有り)【スズキ系】。
*下尾軸骨5以下【スズキ系】。
*櫛鱗【スズキ系】。
*尾鰭を除く非対鰭に棘(例外有り)【スズキ系】。
*腹鰭棘条1+軟条は6以下【スズキ系】。
*卵生・卵胎生【スズキ系】。
*旧世界〜新世界【スズキ目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【スズキ目】。
*体は側偏するものが多い【スズキ目】。
*上顎は前上顎骨で縁取り【スズキ目】。
*鰾に気道無し【スズキ目】。
*背鰭と臀鰭に棘【スズキ目】。
*腹鰭にも1棘【スズキ目】。
*円鱗・櫛鱗【スズキ目】。
*背鰭と臀鰭に棘【スズキ目】。
*腹鰭にも1棘【スズキ目】。
*円鱗・櫛鱗【スズキ目】。
*眼球は大きい【スズキ亜目】。
*口は大きい(例外有り)【スズキ亜目】。
*旧大陸【アカメ科】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【アカメ科】。
*吻端は尖る【アカメ科】。
*背部が盛り上がるため、頭部が凹んで見える【アカメ科】。
*櫛鱗【アカメ科】。
*鰓条骨7【アカメ科】。
*背鰭は2基・背鰭棘7〜9、殆ど連続する魚種もある【アカメ科】。
*腹鰭腋部に鱗状突起【アカメ科】。
*臀鰭に3棘【アカメ科】。
*尾鰭は截形から2叉【アカメ科】。
*卵生、雄性先熟の性転換【アカメ科】。



Family LATIDAE JORDAN 1888 アカメ科
Barramundi (Lates calcarifer)
Lates-Perches (アカメ科魚種)
Sea-Perches (アカメ科魚種)


Genus Eolates SORBINI 1970 エオラテス属 (絶滅)
   ※→[Labridae]?
 Eolates aquensis (Gaudant 1977) (絶滅)
   syn.Lates aquensis Gaudant 1977
 Eolates gracilis (Agassiz 1833) (絶滅)
   syn.Lates gracilis Agassiz 1833
 Eolates macrurus (Agassiz 1835) (絶滅)
   syn.Dapalis macrura (Agassiz 1835)
     Smerdis macrura Agassiz 1835
Genus Hypopterus GILL 1861 ヒポプテルス属
 Hypopterus macropterus (Günther 1859) "スパイクバス"。
   syn.Psammoperca macroptera Günther 1859
Genus Lates CUVIER ex CUVIER & VALENCIENNES 1828 アカメ属
   ※+Genus Holocentrus GRONOW 1763 ex SCOPOLI 1777 Sub-Genus Ptertopomus CUVIER ex GOLDFUSS 1820 (Type species : Holocentrus calcarifer Bloch 1790)。
   ※+Genus Luciolates BOULENGER 1914 (Type species : Luciolates stappersii Boulenger 1914)。
   ※+Genus Pseudolates ALLEYNE & MACLEAY 1877 (Type species : Pseudolates cavifrons Alleyne & Macleay 1877)。
   ※+Genus Ptertopomus (CUVIER ex GOLDFUSS 1820) (Type species : Holocentrus calcarifer Bloch 1790)。
   ※← [Sub-Family Latinae JORDAN 1888]。
   ※種類名証明書添付生物指定。
 Lates angustifrons "タンガニイカパーチA"。
   ※淡水棲。IUCN Endangered  A2bcd  ver.3.1
Lates calcarifer  Lates calcarifer (Bloch 1790) "シーパーチ"・"バラムンディ"。
   syn.? Coius vacti Hamilton 1822
     Holocentrus calcarifer Bloch 1790
     Lates darwiniensis Macleay 1878
     Pseudolates cavifrons Alleyne & Macleay 1877
     Ptertopomus calcarifer (Bloch 1790)
   ※淡水(幼魚・オス個体)〜汽水(稚魚)。
   ※〜海水域(卵・1cmまでの個体・メス個体)。
 Lates croaticus Gorjanović-Kramberger 1902 (絶滅)
 Lates gregarius Bannikov 1992 (絶滅)
 Lates japonicus アカメ ※淡水(稚魚)〜汽水〜海水域。環絶滅危惧IB類(EN)
   ※要注目/部会注目NIII(静岡)・絶滅危惧II類VU(和歌山)・絶滅危(徳島)・情報不足DD(愛媛)
Lates mariae    ※絶滅危惧IA類CR(高知)・情報不足(大分)・絶滅危惧II類(宮崎)。
 Lates lakdivus Pethiyagoda & Gill 2012
   ※淡水〜汽水域。
 Lates longispinis "ルドルフラテス"。
   syn.Lates niloticus longispinis
   ※ルドルフ湖・ツルカナ湖。淡水棲。IUCN Data Deficient ver.3.1
 Lates macrophthalmus "アルバートラテス"。
   syn.Lates niloticus macrophthalmus
   ※アルバート湖。淡水棲。IUCN Endangered  B1ab(iii)  ver.3.1
 Lates mariae "タンガニイカパーチB(ビッグアイ)"。
   ※淡水棲。尾鰭は戴形・湾入。IUCN Vulnerable  A2bcd  ver.3.1
 Lates microlepis "タンガニイカパーチC(フォークテール)"。
   ※淡水棲。尾鰭は戴形・湾入。IUCN Endangered  A2bcd  ver.3.1
Lates niloticus  Lates niloticus (von Linné 1758) "ナイルパーチ"・"グレートナイルパーチ"。
   syn.Centropomus niloticus (von Linné 1758)
     Labrus niloticus (von Linné 1758)
     Lates albertianus (Worthington 1929)
     Lates niloticus albertianus Worthington 1929
     Lates niloticus macrolepidotus Pellégrin 1922
     Lates niloticus rudolfianus Worthington 1932
     Perca nilotica von Linné 1758
   ※"シロスズキ(使用不可)"・"スズキ(使用不可)"。
   ※雄性先熟の性転換。要注意外来生物指定。淡水棲。IUCN Least Concern ver.3.1
   ※侵略的外来種W100(List of the world's 100 worst invasive species)記載。
 Lates stappersii (Boulenger 1914) "スタッパースパーチ"。
   ※タンガニイカ湖。淡水棲。尾鰭は強く2叉。IUCN Least Concern ver.3.1
   syn.Luciolates brevior Boulenger 1914
     Luciolates stappersii Boulenger 1914
 Lates uwisarus Pethiyagoda & Gill 2012
Genus Paraperca LE SAUVAGE 1875 パラペルカ属 (絶滅)
 Paraperca provincialis le Sauvage 1875 (絶滅)
Genus Prolates PRIEM 1899 プロラテス属 (絶滅)
 Prolates dormaalensis Casier 1967 (絶滅)
 Prolates heberti (Gervais 1852) (絶滅)
   syn.Lates heberti Gervais 1852
     Pseudolates heberti (Gervais 1852)
Genus Psammoperca RICHARDSON 1848 アカメモドキ属
   ※+Genus Cnidon MÜLLER & TROSCHEL 1849 (Type species : Cnidon chinensis Müller & Troschel 1849)。
   ※← [Psammopercini GREENWOOD 1976]。
 Psammoperca waigiensis (Cuvier 1828) アカメモドキ
   syn.Cnidon chinensis Müller & Troschel 1849
     Labrax waigiensis Cuvier 1828
     Psammoperca datnioides Richardson 1848
       ※模式種、但し先に記載された Labrax waigiensis Cuvier 1828 に統合。
Genus Semlikiichthys OTERO & GAYET 1999 セムリキイクティス属 (絶滅)
 Semlikiichthys darsao Otero, Likius, Vignaud & Brunet 2008 (絶滅)
 Semlikiichthys rhachirhinchus (Greenwood & Howes 1975) (絶滅)
   syn.Lates rhachirhinchus Greenwood & Howes 1975


水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
26〜28℃
適性pH
7.5〜8.0
混泳
混泳同種・同型=×〜△ 混泳異種・異型=△〜○
備考
特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律
該当魚種あり

inserted by FC2 system