Kraemeriidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*世界中【スズキ系】。
*淡水〜汽水〜海水域【スズキ系】。
*体は側扁(例外有り)【スズキ系】。
*下尾軸骨5以下【スズキ系】。
*櫛鱗【スズキ系】。
*尾鰭を除く非対鰭に棘(例外有り)【スズキ系】。
*腹鰭棘条1+軟条は6以下【スズキ系】。
*卵生・卵胎生【スズキ系】。
*旧世界〜新世界【スズキ目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【スズキ目】。
*体は側偏するものが多い【スズキ目】。
*上顎は前上顎骨で縁取り【スズキ目】。
*鰾に気道無し【スズキ目】。
*背鰭と臀鰭に棘【スズキ目】。
*腹鰭にも1棘【スズキ目】。
*円鱗・櫛鱗【スズキ目】。
*背鰭と臀鰭に棘【スズキ目】。
*腹鰭にも1棘【スズキ目】。
*円鱗・櫛鱗【スズキ目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、あらゆる水場に進出【ハゼ亜目】。
*底棲、洞窟棲。一部遊泳性だが底からは離れない【ハゼ亜目】。
*体高低く細長い【ハゼ亜目】。
*眼球は上方に位置【ハゼ亜目】。
*眼窩骨を欠く(例外あり)【ハゼ亜目】。
*背鰭は1(第1と第2背鰭が融合・第1背鰭を欠くものがある)〜2基、2基の場合は隣接する【ハゼ亜目】。
*腹鰭は膜蓋と癒合膜を介し吸盤状【ハゼ亜目】。
*卵生、雌雄の生殖突起に差異【ハゼ亜目】。
*太平洋【スナハゼ科】。
*海水棲、汽水・淡水域進入性、淡水棲、砂潜り【スナハゼ科】。
*体は細長い【スナハゼ科】。
*眼球は退化気味で接近、頭頂に纏まる【スナハゼ科】。
*口は上位・上顎は小さく、下顎が著しく突出する【スナハゼ科】。
*舌は二又【スナハゼ科】。
*無鱗【スナハゼ科】。
*背鰭は1基、棘条4〜6+軟条13〜19【スナハゼ科】。
*胸鰭は極めて小さい【スナハゼ科】。
*腹鰭(棘条1+軟条5)は通常分離、例外あり【スナハゼ科】。
*臀鰭棘条1+軟条12〜13【スナハゼ科】。
*尾鰭は小さく円尾【スナハゼ科】。
*卵生【スナハゼ科】。



Family KRAEMERIIDAE WHITLEY 1935 スナハゼ科
Kraemeriids (スナハゼ科)
Sand-Darts (スナハゼ類)


Genus Gobitrichinotus FOWLER 1943 ナミノコハゼ属
 Gobitrichinotus arnoulti "マダガスカル淡水ナミノコハゼ"。
   ※淡水棲。IUCN Data Deficient ver.3.1
 Gobitrichinotus radiocularis Fowler 1943 ナミノコハゼ
   syn.Gobitrichonotus radiocularis (Fowler 1943) ※スペルミス。
   ※淡水〜汽水〜海水域。環準絶滅危惧(NT)
Genus Kraemeria STEINDACHNER 1906 スナハゼ属
   ※+Genus Kraemeria STEINDACHNER 1906 Sub-Genus Schidokraemeria (ROFEN 1958) (Type species : Kraemeria bryani Schultz 1941)。
   ※+Genus Psammichthys REGAN 1908 (Type species : Psammichthys nudus Regan 1908)。
   ※+Genus Schidokraemeria ROFEN 1958 (Type species : Kraemeria bryani Schultz 1941)。
   ※+Genus Vitreola JORDAN & SEALE 1906 (Type species : Vitreola sagitta Jordan & Seale 1906)。
   ※← [Family Kraemeriidae GREENWOOD, ROSEN, WEITZMAN & MYERS 1966]。
   ※← [Family Psammichthyidae REGAN 1911]。
   ※← [Family Vitreolidae MYERS & STOREY 1956]。
 Kraemeria bryani Schultz 1941 "ブライアンスナハゼ"。
   syn.Schidokraemeria bryani (Schultz 1941)
   ※海水棲、汽水域進入性。
 Kraemeria cunicularia スナハゼ
   ※汽水・海水域、淡水域進入性。
 Kraemeria galatheaensis "ガラテアスナハゼ"。
   ※汽水〜海水域。
 Kraemeria merensis
   syn.Kraemeria samoensis merensis
   ※汽水〜海水域。
 Kraemeria nuda (Regan 1908)
   syn.Psammichthys nudus Regan 1908
   ※海水棲。
 Kraemeria samoensis Steindachner 1906 "サモアスナハゼ"。
   syn.Kraemeria sandvicensis Steindachner 1906
       ※模式種、但し先に記載された Kraemeria samoensis Steindachner 1906 に統合。
     Vitreola sagitta Jordan & Seale 1906
   ※海水棲、淡水・汽水域進入性。
 Kraemeria tongaensis トンガスナハゼ
   ※腹鰭は癒合膜で連結。汽水〜海水域。
   ※IUCN Least Concern ver.3.1環情報不足(DD)
inserted by FC2 system