Kneriidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*鰾と内耳は管・若しくは器官により連絡【ニシン・骨鰾下区】。
*追星を生じる一群が存在【ニシン・骨鰾下区】。
*背鰭は1基【ニシン・骨鰾下区】。
*脂鰭を持たない(例外あり)【ニシン・骨鰾下区】。
*腹鰭は腹位【ニシン・骨鰾下区】。
*白亜紀〜現代【骨鰾上目】。
*世界中【骨鰾上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【骨鰾上目】。
*ウェーベル氏器官(聴覚に関連)の存在【骨鰾上目】。
*体表に微細な角質突起【骨鰾上目】。
*被災個体は警戒フェロモン分泌【骨鰾上目】。
*淡水棲、汽水域進入性、海水棲、遊泳性、底棲【前骨鰾系】。
*ウェーベル氏器官は原始的【前骨鰾系】。
*鰾は2室に分かれるが、一部の魚種は鰾を欠く【前骨鰾系】。
*上鰓器官を持つ【ネズミギス目】。
*口は小さく顎に歯は無い【ネズミギス目】。
*眼窩蝶形骨を欠く【ネズミギス目】。
*卵生、卵は守らない【ネズミギス目】。
*上鰓器官を持つ【ネズミギス目】。
*眼窩蝶形骨を欠く【ネズミギス目】。
*口は小さく顎に歯は無い【ネズミギス目】。
*背鰭は1基【ネズミギス目】。
*卵生【ネズミギス目】。
*旧大陸、アフリカ【クネリア亜目】。
*淡水棲【クネリア亜目】。
*体高は低い【クネリア亜目】。
*円鱗【クネリア亜目】。
*鰾は食道と連絡、一部空気呼吸可能【クネリア亜目】。
*上顎が突き出す【クネリア亜目】。
*背鰭は体の中心・若しくはやや後方【クネリア亜目】。
*鰭のサイズはどれも似たり寄ったり、尾鰭は2叉する【クネリア亜目】。
*淡水棲、渓流棲、底棲【クネリア科】。
*鰓蓋に性的2型を生じる【クネリア科】。
*性差の出現しない魚種は幼形成熟【クネリア科】。



Family KNERIIDAE GÜNTHER 1868 クネリア科
Knerias (クネリア類)
Kneriids (クネリア科)
Shellears (クネリア類)


Genus Cromeria BOULENGER 1901 クロメリア属
   ※← [Family Cromeriidae BOULENGER 1904]。
 Cromeria nilotica Boulenger 1901 "ネイクシェラー"。
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Cromeria occidentalis
   syn.Cromeria nilotica occidentalis
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
Genus Grasseichthys GÉRY 1964 グラッセイクティス属
   ※← [Family Grasseichthyidae GÉRY 1964]。
 Grasseichthys gabonensis Géry 1964
   ※IUCN Vulnerable  B1ab(iii)+2ab(iii)  ver.3.1
Genus Kneria STEINDACHNER 1866 クネリア属
   ※+Genus Angola MYERS 1928 (Type species : Xenopomatichthys ansorgii Boulenger 1910)。
   ※+Genus Xenopomatichthys BOULENGER 1909 (Type species : Xenopomichthys auriculatus Pellégrin 1905)。スペルミス。
   ※+Genus Xenopomichthys PELLÉGRIN 1905 (Type species : Xenopomichthys auriculatus Pellégrin 1905)。
   ※側線と円鱗を有する。
 Kneria angolensis Steindachner 1866
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Kneria ansorgii (Boulenger 1910)
   syn.Angola ansorgii (Boulenger 1910)
     Xenopomatichthys ansorgii Boulenger 1910
     Xenopomichthys ansorgii (Boulenger 1910)
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
 Kneria auriculata "エアブレスシェラー"。
   syn.Xenopomatichthys auriculatus (Pellégrin 1905)
     Xenopomichthys auriculatus Pellégrin 1905
   ※空気呼吸。 IUCN Least Concern ver.3.1
 Kneria katangae
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Kneria maydelli "クネネクネリア"。
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Kneria paucisquamata
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Kneria polli "ウエストシェラー"。
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Kneria ruaha
   ※IUCN Vulnerable  D2  ver.3.1
 Kneria rukwaensis
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Kneria sjolandersi
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
 Kneria stappersii
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Kneria uluguru
   ※IUCN Vulnerable  D2  ver.3.1
 Kneria wittei
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Kneria sp. 'South Africa' "クネリア(南アフリカ)"。
   ※IUCN Critically Endangered  B2ab(i,ii,iii,iv,v)  ver.3.1
Genus Mahengichthys DAVIS, ARRATIA & KAISER 2013 マヘンギクティス属 (絶滅)
 Mahengichthys singidaensis Davis, Arratia & Kaiser 2013 (絶滅)
Genus Parakneria POLL 1965 パラクネリア属
   ※側線と円鱗を有する。
 Parakneria abbreviata
   syn.Kneria cameronensis abbreviata
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Parakneria cameronensis
   syn.Kneria cameronensis
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Parakneria damasi Poll 1965
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
 Parakneria fortuita "クバンゴクネリア"。
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
 Parakneria kissi
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
 Parakneria ladigesi
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
 Parakneria lufirae
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
 Parakneria malaissei
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
 Parakneria marmorata
   syn.Kneria marmorata
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1
 Parakneria mossambica "ゴロンゴザクネリア"。
   ※IUCN Least Concern ver.3.1
 Parakneria spekii
   syn.Kneria spekii
     Kneria taeniata
   ※20〜22℃。IUCN Least Concern ver.3.1
 Parakneria tanzaniae
   ※22〜24℃。IUCN Vulnerable  D2  ver.3.1
 Parakneria thysi
   ※18〜22℃。IUCN Data Deficient ver.3.1
 Parakneria vilhenae
   ※IUCN Data Deficient ver.3.1


観賞目的の流通
定番 あり  
商業的養殖
 ×
水槽内繁殖
容易 普通 難(記録あり) 不可・不明
水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
20〜22℃
適性pH
7.0
混泳
混泳同種・同型=△ 混泳異種・異型=○
inserted by FC2 system