Jiaohichthyidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*鰾と内耳は管・若しくは器官により連絡【ニシン・骨鰾下区】。
*追星を生じる一群が存在【ニシン・骨鰾下区】。
*背鰭は1基【ニシン・骨鰾下区】。
*脂鰭を持たない(例外あり)【ニシン・骨鰾下区】。
*腹鰭は腹位【ニシン・骨鰾下区】。
*世界中【オステオグロッスム上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、表層性【オステオグロッスム上目】。
*通常視力が効き、そうでないものにはレーダー網装備【オステオグロッスム上目】。
*一部魚種には感覚器(ヒゲ・アンテナ・発電能)【オステオグロッスム上目】。
*鰓蓋骨は大きい(例外あり)【オステオグロッスム上目】。
*舌骨と副蝶形骨に歯が並ぶ(特に舌は卸金様)【オステオグロッスム上目】。
*顎が斜位(例外あり)、噛力が強い【オステオグロッスム上目】。
*上顎骨・上眼窩骨を欠く【オステオグロッスム上目】。
*第4・5眼窩骨が融合する【オステオグロッスム上目】。
*非対鰭(一方・場合により双方)の基底が長くなる傾向【オステオグロッスム上目】。
*上尾骨は1・若しくはこれを欠く【オステオグロッスム上目】。
*尾鰭の形状は実に様々、これを欠く魚種もあり【オステオグロッスム上目】。
*尾鰭の鰭条は18以下【オステオグロッスム上目】。
*卵生、営巣・若しくは口腔内保育を行う(例外あり)【オステオグロッスム上目】。
*淡水棲(現生種)、汽水棲、海水棲、単独性【オステオグロッスム目】。
*腸管は食道と胃の左後方(現生種)【オステオグロッスム目】。
*副蝶形骨と舌骨に下ろし金状に並ぶ歯(例外あり)【オステオグロッスム目】。
*前顎骨は小さい【オステオグロッスム目】。
*脂鰭を欠く【オステオグロッスム目】。
*空気呼吸【オステオグロッスム目】。
*卵生【オステオグロッスム目】。
*卵巣が対にならない=左側のみ(例外あり)【オステオグロッスム目】。
*卵巣は対【ヒオドン亜目】。
*対鰭・非対鰭完全【ヒオドン亜目】。



Family JIAOHICHTHYIDAE MA 1983 イアオヒクティス科


Genus Jiaohichthys MA 1983 イアオヒクティス属 (絶滅)
 Jiaohichthys pulchellus Ma 1983 (絶滅)
Genus Yanbiania LI 1987 ヤンビアナ属 (絶滅)
 Yanbiania wangqingica Li 1987 (絶滅)
inserted by FC2 system