Ichthyokentematidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*体高は低いものが多い【全骨区】。
*軟骨中心(硬骨がこれをカバーする等)【全骨区】。
*全身を硬鱗(円鱗・菱形)が覆う【全骨区】。
*肺(=鰾)による空気呼吸【全骨区】。
*螺旋弁【全骨区】。
*背鰭は1基(例外あり)、基底長は様々【全骨区】。
*尾鰭の歪さが多少解消【全骨区】。
*体高は低い【イクティオケンテマ科】。
*頭部は大きめ【イクティオケンテマ科】。
*尾鰭は小さく2叉する【イクティオケンテマ科】。



Family ICHTHYOKENTEMATIDAE GRIFFITH & PATTERSON 1963 イクティオケンテマ科
Ichthyokentematids (イクティオケンテマ科魚種)
Ichthyokentemids (イクティオケンテマ科魚種)


Genus Elpistoichthys GRIFFITH 1977 エルピストイクティス属 (絶滅)

◆エルピストイクティス・ペクティナトゥス (絶滅)
 Elpistoichthys pectinatus Griffith 1977
 *1977『The Upper Triassic Fishes from Polzberg Bei Lunz, Austria:John Griffith』。

◆エルピストイクティス・ストリオラトゥス (絶滅)
 Elpistoichthys striolatus Griffith 1977
 *1977『The Upper Triassic Fishes from Polzberg Bei Lunz, Austria:John Griffith』。



Genus Ichthyokentema WOODWARD 1941 イクティオケンテマ属 (絶滅)

◆イクティオケンテマ・プルベッケンセ (絶滅)
 Ichthyokentema purbeckense (Davies 1887)
   syn.Ichthyokentema brevis (Davies 1887)
     Pholidophorus brevis Davies 1887
     Pholidophorus purbeckensis Davies 1887
 *1887『On a New Species of Pholidophorus from the Purbeck Beds of Dorsetshire:William Davies』。
 *1941『The Mesozoic Ganoid Fishes of the Genus Pholidophorus Agassiz:Arthur Smith Woodward』。
 *1963『The Structure and Relationships of the Jurassic Fish Ichthyokentema purbeckensis:John Griffith & Colin Patterson』。

inserted by FC2 system