Hypoptychidae、おさかなマガジン 分類トップ

*世界中【硬骨魚綱】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲、深海棲【硬骨魚綱】。
*骨格が硬骨で構成(例外あり)【硬骨魚綱】。
*変温動物、体温を周囲より高温に保つグループあり【硬骨魚綱】。
*変温動物、氷点下でも凍結しないグループ有り【硬骨魚綱】。
*鰓呼吸が中心、他にも色々【硬骨魚綱】。
 (皮膚呼吸・肺(鰾)呼吸・腸管呼吸・口腔内粘膜に於けるガス交換)
*外鰓孔は1対(例外あり)、一部左右が連結・融合【硬骨魚綱】。
*鱗を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*耳石を有する【硬骨魚綱】。
*鰾を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*幽門垂(幽門=胃腸の境〜に存在する盲嚢)を有する(例外あり)【硬骨魚綱】。
*対鰭・非対鰭の一部を欠く魚種がある【硬骨魚綱】。
*しばしば脂鰭がみられる【硬骨魚綱】。
*腹鰭は生殖器官にならない(例外あり)【硬骨魚綱】。
*臀鰭が生殖器官になるグループがある【硬骨魚綱】。
*雌雄異体、一部は雌雄同体・性転換、単為生殖も存在【硬骨魚綱】。
*体外受精、体内受精、卵生、卵胎生、胎生【硬骨魚綱】。
*全て硬骨【真骨亜区】。
*円鱗・櫛鱗【真骨亜区】。
*上顎骨・前上顎骨が可動(口を前方に突出出来るものもある)【真骨亜区】。
*尾鰭は正尾(基本的に上葉=下葉)【真骨亜区】。
*追星は発生しない(例外あり)【正真骨下区】。
*脂鰭の存在(但し古い形質のグループ限定)【正真骨下区】。
*白亜紀前期〜現代【棘鰭上目】。
*世界中【棘鰭上目】。
*淡水棲、汽水棲、海水棲【棘鰭上目】。
*体型は様々だが全体に流線型・紡錘型等【棘鰭上目】。
*鱗は多様【棘鰭上目】。
*口は上位・端位、しばしば斜位【棘鰭上目】。
*上顎の伸出(例外あり)【棘鰭上目】。
*鰓蓋に棘【棘鰭上目】。
*鰭の辺縁はシャープ【棘鰭上目】。
*背鰭・臀鰭に骨質の棘条(例外あり)【棘鰭上目】。
*脂鰭を持たない【棘鰭上目】。
*胸鰭は側位・上位に位置【棘鰭上目】。
*腹鰭は頭部に寄り胸位・若しくはその近辺【棘鰭上目】。
*熱帯を中心とした世界中【トゲウオ亜系】。
*淡水棲、汽水域進入性、海水棲【トゲウオ亜系】。
*体高は低い【トゲウオ亜系】。
*口が小さい(しばしば管状)、伸出不可(例外あり)【トゲウオ亜系】。
*体表に骨質板(例外あり)【トゲウオ亜系】。
*背鰭は2基(例外あり)、第1背鰭は棘条で構成【トゲウオ亜系】。
*尾鰭は小さい・または退縮(尾化)【トゲウオ亜系】。
*オス個体が卵を守る(例外あり)【トゲウオ亜系】。
*第三紀後期〜現代【トゲウオ目】。
*世界中【トゲウオ目】。
*淡水〜汽水〜海水域、底棲、降海性【トゲウオ目】。
*体高低く側辺するイワシ型・ミミズ様・若しくは角張る扁平【トゲウオ目】。
*口は小さくしばしば筒状【トゲウオ目】。
*主上顎骨・眼下蝶形骨・底蝶形骨を欠く【トゲウオ目】。
*腰帯と擬鎖骨は接続しない【トゲウオ目】。
*擬鎖骨は1本かこれを欠く【トゲウオ目】。
*鰓条骨1〜5【トゲウオ目】。
*骨質板(鱗板)による装甲が部分的・若しくは全身を覆う【トゲウオ目】。
*背鰭は2基(例外あり)・第1背鰭は棘条で構成【トゲウオ目】。
*背鰭棘は遊離、鰭膜を欠き連続しない【トゲウオ目】。
*第2背鰭は背鰭は体の後方、臀鰭と対在【トゲウオ目】。
*腹鰭に棘条(例外あり)【トゲウオ目】。
*番を組むもの有り【トゲウオ目】。
*卵生、オス個体が営巣・卵を守る【トゲウオ目】。
*極東(日本以北)【シワイカナゴ科】。
*海水棲【シワイカナゴ科】。
*体は円筒形で細長い【シワイカナゴ科】。
*脊椎骨数55〜57【シワイカナゴ科】。
*オス個体の上顎に歯【シワイカナゴ科】。
*鰓条骨数4【シワイカナゴ科】。
*肋骨は29対【シワイカナゴ科】。
*背鰭は1基(第1背鰭を欠く)【シワイカナゴ科】。
*背鰭棘条数0+軟条数20【シワイカナゴ科】。
*胸鰭軟条数9【シワイカナゴ科】。
*腹鰭を欠く【シワイカナゴ科】。
*臀鰭棘条数0+軟条数20【シワイカナゴ科】。
*尾鰭軟条数13(内11条が分岐)【シワイカナゴ科】。
*2次性徴が顕著【シワイカナゴ科】。
*ホヤなど無脊椎動物の空洞に産卵、守らない【シワイカナゴ科】。



Family HYPOPTYCHIDAE STEINDACHNER 1880 シワイカナゴ科
Hypoptychids (シワイカナゴ科魚種)
Sand-Eels (シワイカナゴ科魚種)
Sand-Lances (シワイカナゴ科魚種)
Tube-Nose (Aulichthys japonicus)


Genus Aulichthys BREVOORT ex GILL 1862 クダヤガラ属
   ※吻部は管状。背鰭棘あり。側線鱗あり。
 Aulichthys japonicus Brevoort 1862 クダヤガラ・"チューブノーズ"。
   ※産卵はマボヤの囲鰓腔内。
   ※準絶滅危惧(2017年版)
Genus Hypoptychus STEINDACHNER 1880 シワイカナゴ属
   ※← [Hypoptychina STEINDACHNER 1880]。
   ※背鰭棘無し。無鱗。
 Hypoptychus dybowskii Steindachner 1880 シワイカナゴ
   syn.Hypoptychus steindachneri Franz 1910
   ※産卵は海藻。
Genus Rhynchias GILL ex JORDAN & EVERMANN 1898 リンキアス属 ※位置不明属。
 Rhynchias septipinnis (Pallas 1814) ※位置不明種。
   syn.Ammodytes septipinnis Pallas 1814

水槽サイズ(最終)
30〜45cm 60cm 90cm 120cm 180cm 水族館クラス
適性水温(〜上限)
24℃
混泳
混泳同種・同型=×〜△ 混泳異種・異型=○
inserted by FC2 system